TVドラマ

朝ドラ「なつぞら」でヒロイン広瀬すずが困る!それって何?

更新日:

NHK連続テレビ小説、いわゆる“朝ドラ”だが、4月1日にスタートした『なつぞら』が近年まれにみる盛り上がりを見せている。

初回の視聴率は22.8%で、前作『まんぷく』の23.8%には及ばなかったが、'10年前期(『ゲゲゲの女房』)に放送開始時間が8時15分から8時に変わって以来、2番目の数字をたたき出した。

朝ドラ100作目という記念すべき作品ということで、NHKの力の入れ具合も半端ではなく、強い意気込みが伝わってくる。

今回のドラマには歴代のヒロインたちが次々と出演することが明らかになっている。現時点では、ヒロインの養母を演じる松島菜々子(第54作『ひまわり』)、小林綾子(第31作『おしん』)、北林早苗(第1作『娘と私』)、そして岩崎ひろみ(第55作『ふたりっ子』)がすでに出演している。

今後は山口智子(第41作『純ちゃんの応援歌』)や比嘉愛未(第76作『どんど晴れ』)、貫地谷しほり(第77作『ちりとてちん』)などの出演が予定されているようで、昔からの朝ドラファンにとっては見逃せない作品となっている。そんなサプライズだけでなく、オープニングにアニメーションを用いるなど、これまでの朝ドラには見られなかった斬新さや『スピッツ』が歌う軽快な主題歌が若い視聴者を引き付けているのかもしれない。

実は『なつぞら』好調の要因は斬新さだけではなく、朝ドラの原則をしっかり踏まえていることにある。

朝ドラがスタートしたのは今から半世紀以上も前の'61年のこと。'74年4月1日からから放送された第14作『鳩子の海』までは放送期間は1年だった。

翌年、大竹しのぶがヒロインを演じた第15作『水色の時』から原則、放送期間は前期と後期に分かれるようになり、それ以来、制作もNHK東京とNHK大阪が分かれて担当するようになった。

朝ドラにはいくつか特徴がある。

「男性を主役にすると当たりにくく、また、朝ドラを見ている人たちは圧倒的に女性が多いので、共感できるようにと、女性を主人公にしたほうが好まれるんです」

と語るのは、元朝ドラ制作スタッフ。

だから、コンセプトは“女性への応援歌”。これまで放送された朝ドラの多くは、家族との絆や、功成り名遂げるまでの過程など女性の生き方を描いている。いわゆる女性の一代記となっている。

ニュータイプの朝ドラと言われた第88作『あまちゃん』や第98作『半分、青い。』でさえ、例外ではなかった。

ヒロインが苦労に苦労を重ね、困難を乗り越えていくという大筋は『なつぞら』でも踏襲されている。戦中から戦後にわたって描かれるのも定番だ。

朝ドラといえば、注目されるのがヒロインの幼少期を演じる“子役”の存在。

『なつぞら』でも粟野咲莉の名演技が話題となっているが、子役がクローズアップされるようになったのは今に始まったことではない。

年間を通しての平均視聴率平52.6%、最高視聴率62.9%というビデオリサーチの統計史上、テレビドラマの最高視聴率記録をたたきだした『おしん』。同作品でヒロインの少女期を演じた 小林綾子の名演技は今でも語り継がれている。ほかにも『純情きらり』の美山加恋、『ゲゲゲの女房』の菊地和澄、『おひさま』の八木優希、『あさが来た』の鈴木梨央はその後も女優として活躍している。次作の『スカーレット』でヒロインを演じる戸田恵梨香も子役で『オードリー』に出演していた。

幼い子どもが逆境にめげず、たくましく生きていく姿に、視聴者は涙しながらドラマに引き込まれていく。名子役も朝ドラの王道なのだ。

しかし、名子役の出演が予想外の騒動を引き起こしたことがあった。

第14作『鳩子の海』の主演は藤田三保子であったが、子ども時代を演じた斎藤こず恵があまりにも愛らしかったため、藤田にバトンタッチした途端、局に抗議の電話が殺到したという。視聴者はずっと斎藤を見ていたかったのと、いくら大人になったからといっても、藤田と斎藤のギャップが大きかったからだろう。

同作品では、斎藤の出演が1か月半に及んでいたのだが、それ以降、子役の出演は第1週のみになったという。子役の人気が出すぎて、本来の主演女優の人気に支障が出てはいけないということだ。

しかし、最近は状況が変わってきて、子役が1週間以上にわたって出演することもあり、出番が終了しても回想シーンなどでたびたび目にすることが多くなった。

昔に戻ったとも言えるが、それはヒロインの選出方法が変わったことにも起因している。

朝ドラといえば、かつては無名の新人がヒロインに抜擢されていた。

「NHKのプロデューサーがやってきて、オーディションを受けさせるため新人を4,5人選んでいくんです。各劇団を回って卒業公演を見たりして出演者を探していました」(劇団関係者)

ところが最近は、無名の新人ではなく、すでに人気が出ている女優を抜擢するケースが増えた。だから、たとえ子役に感情移入したとしても本来のヒロインに対する期待は大きく、バトンタッチしても視聴者ががっかりすることはなくなったということだ。

『なつぞら』では、成長したヒロインの広瀬すずを初回から登場させ、その後も時代を交差させながら出演シーンを増やすなど、ファンの期待を煽る工夫がなされている。

原則を守りながら新しいテイストを加えた『なつぞら』は、新元号の年にふさわしい“最強”の朝ドラになるかもしれない。

文:佐々木博之(芸能ジャーナリスト)
宮城県仙台市出身。31歳の時にFRIDAYの取材記者になる。FRIDAY時代には数々のスクープを報じ、その後も週刊誌を中心に活躍。最近は、コメンテーターとしてもテレビやラジオに出演中

参照元URL:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190414-00010001-friday-ent

スポンサーリンク


気になるネットの反応は

 

名無しさん
で誰が困ってるの?
名無しさん
この記事のタイトルは、何がいいたいのか分からない
名無しさん
昼ドラも復活して欲しいな。なくなって今でも残念に思う。
名無しさん
広瀬すずを困らせる『あの存在』って結局何が言いたいのか、言わないまま終わるなよ。
名無しさん
あの存在って、どの存在?
hipopo
なつぞらは子役よりすずより正雄が今のところ最高でしょ。
ラサロム
いや今回は、草刈正雄の退場が一番大きいかもしれない。
名無しさん
だから同じ様な女優や俳優ばかりで、似た様なドラマになったり、
原作が漫画のドラマが主流になるんです。
きちんとオーデションをやって無名の新人を発掘したり、無名でも面白い原作や脚本を書く作家や脚本家を発掘しなければならない。
人材を育てる姿勢が無くなったから、テレビのドラマは面白くなくなった様に感じる。
タレントは使い捨てで、面白いキャラのタレントを使いまわして、話題に上がらなくなったら捨てる。
テレビの制作者も、面白いドラマを作る人間は重宝をして、そうでない人間は閑職に追いやる嫌な風潮ですね。
名無しさん
>朝ドラを見ている人たちは圧倒的に女性が多いので
これまでは子なっちゃんと草刈正雄、脚本のおかげで
好調な滑り出しだが、
女子人気がいまいち&演技力という面では微妙な
広瀬すずに切り替わることでの影響がどれくらいが出る
のかが心配なところではある。
名無しさん
おんじ、こなっちゃんの演技もさることながら、ストーリー、せりふの選択。かかわる方々のいろんな想いがスタートから、あちらこちらから感じられた。子役さん達の輝きだけでも。小さな奇跡が集まった時、名作は生まれる。次を受ける俳優さんが共鳴した時がどんな事になるのか、楽しみして見守りたいです。スタッフさんの気合いが半端ないのは、まちがいない。
*****
名無しさん
子役の演技よかったもん!
広瀬すずに交代するなと思いましたよ。
子供と動物にはかなわないというジンクスあるからね。
今まで朝ドラで泣いたのは子役の時代が多かった。
今回のなつぞら、悪役がいないところもまた素敵。悪役ださなくても物語はおもしろく作れますからね。
楽しみにしていますが、子役時代もっと見たかったのは本音
time
誰が何を困らせてるのか教えて欲しい。
名無しさん
タイトルと内容が一致していない。
そこまでして記事を読ませたいの?
名無しさん
子供時代は面白かった!!
子役の子達も良かったし、草刈さんも良かった。
なつが成長して広瀬すずが馬に乗って登場したけど、大きいなつはちょいちょい登場してたから、とりあえず受け入れられるとは思うけど、成長した天陽君は見た瞬間、無理!って思った。
イメージ変わり過ぎ!!
名無しさん
子役でなくなり局に苦情が殺到したとは怖い。
最近はもっと子役でやってほしいとかネットでつぶやけるからあまり局に苦情入れるひとはいないと思いたいが。
****
子役の人気に困ってるってことですか?ちゃんと締めくくってください。
そして子役人気といえば、ふたりっ子のマナカナでしょう。なぜここに記載されないのか。
名無しさん
むさ苦しい東京に場面展開すると一気に新鮮さは無くなりますね!
珍来
最近思うのは記事を書く人を必ず記名させる制度を作ってほしい。題名で釣ってただの番宣を書く記者はクリックしないようにしたいので。
名無しさん
困らせる「あの存在」って子役のなっちゃんの事ですよね?
子供の頃の苦労や悲しみを大人になった「なつ」に感じる事ができるのかどうか…ですね。
前作の「まんぷく」のように丁寧に作ってもらいたいです。
kat*****
名無しさん
そういえば今回の「なつぞら」の脚本家が書いた「てるてる家族」も子役から石原さとみに変わって途端、視聴率が20%を切り、最終回までついに20%に届くことなく終了しましたね。
でも、石原さとみは、30歳過ぎても連ドラの主役に起用されているわけですから、広瀬すずがこのあと支持を得なかったとしても、女優生命がおわるとは限らないので、頑張ってほしいです。
yahyoukfnxyq
広瀬すずがイケメンに囲まれるターンがはじまります
名無しさん
どうかな?今週から半年勝負が続くよ!20切れば叩かれるし、すずだけじゃ不安だからイケメンを多くしてるんだろうけど、どうなることやら。
D坂46
『鳩子の海』は、前半で終わらせるべきだった。
広島の原爆で母を失った少女を、保護する復員兵。前半は感動的だった。
後半、チャラめの原発関係者と結婚し、離婚。ラストに再会して、一緒に原子力村を高台から眺める。なんじゃこりゃ、の後半。
gigs
今は、子役の子が好評だけど広瀬すずになったらつまらないって事にならないように
名無しさん
歴代のヒロインをキャスティングして、そこまで盛り立てるのも不自然な感じ。
捨てるっす
子役の存在という事は分かったが過去の作品にはあったのでと言いたかったのか。だから広瀬を困らせている事とは何か、具体的に列挙しなくては分からない。
名無しさん
もっと裏読みさせるような話しかと思っていたら、子役に人気が出過ぎると困ると
なにそれ、平和やな、戦災孤児ががんばって生きる物語なのに
名無しさん
主人公が困難に打ち勝っていくという姿、見ていて感動するし共感もできるでしょう。それが、本性が苛めっ子のすずだと、感動できるのか疑問です。
演技力あるしかわいいけど、素直に見れない。
pzt*****
名無しさん
タイトルと中身が違うんだけど
名無しさん
気になったから
頑張って最後まで読んだけど
「あの存在」は子役ってことであってる?
も少し分かりやすく書いて下さい。
名無しさん
単なる視聴者の気まぐれ的な評価でしょう。「べっぴんさん」のサクラの時はウンともスンとも反応なかったもの。
名無しさん
序盤の子役人気が困らせる「あの存在」なんだろうけどここ何作でも同じこと言われたが移行すれば何てこと無かった。
それよりも困るのは変なプライドからか松嶋菜々子の白塗りや何とか君の現代的なヘアスタイルだよ。
オケラ
予告見たけどすずとイケメン見てギャップが凄かった
名無しさん
私の読解力が足りないのでしょうか?
このタイトルと内容との関係性が思い浮かびません。
正直なところ、タイトルで釣ってる?と勘ぐってしまいます。
もう少し真摯にタイトルをつけるべきなのでは?
y*
説明ゼリフが多い気がする。
名無しさん
顔で選んだキャストだと何故か見たいと思わない。
名無しさん
好調の原因だけど、脚本はともかく、小なつとじっちゃんの迫真迫る熱演につきると思う。

 

スポンサーリンク

-TVドラマ

Copyright© YOSI 7 の気になること , 2019 All Rights Reserved.