本田圭佑 西野監督の大胆采配に感嘆!物凄い勝負師!

[6.28 W杯グループリーグ第3節 日本0-1ポーランド ボルゴグラード]

大ブーイングの中、タイムアップを迎えた。0-1で負けている日本代表が時間を稼ぐように、ゆっくりとボールを回す。他会場のセネガル対コロンビアの試合でコロンビアが1-0とリードしていたとはいえ、もしもセネガルが追いつけば日本は敗退となる。大胆な賭けだった。

ベンチで試合を終えたMF本田圭佑(パチューカ)は「結果が大事で、僕らは予選通過が目的だった。出ていた選手には少し酷な部分もあるけど、想定内だったし、非常にポジティブな結果だったと思う」と、リードを許しているにも関わらず、攻めにいけないチームメイトに同情しつつも、決勝トーナメント進出という結果を勝ち取ったことを何よりも評価した。

リスクはあった。セネガルが最後に追いついていれば日本は敗退が決まるという紙一重の展開。「その可能性はあった。だからホッとした」。他力本願の賭けに勝った西野朗監督の異例ともいえる指示に「西野さんはリスクを取りに行った。個人的には、結果的に素晴らしい采配だったと思う」と指摘した本田は「僕が監督でも、この采配はできなかった。そう客観的に見ていた自分もいた。結果がすべてなので、西野さんはすごいなと思った」と、ただただ感嘆した。

とはいえ、「サッカーはエンターテインメント。結果主義ではダメだと僕はずっと思っている。結果を出さないとだれも俺の発言を聞いてくれないので、結果だけを追い求めてきているけど、本当はダメ。いいサッカーをしてナンボなんですよ、サッカーって」という本田にとって、終盤の大ブーイングは心に刺さるものがあった。

「ブーイングを送っていた、面白いサッカーを見たかったファンには申し訳なかった」。それでも、決勝トーナメントに生き残るという“結果”がこの日ばかりは何よりも重要だった。「次に進まないと、次にいいサッカーをしてファンを喜ばせることはできない。そこは理解してほしい」。日本国内、そして世界中のサッカーファンに理解を求めた。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180629-01655698-gekisaka-socc

気になるネットの反応は

名無しさん
なんだかんだ本田はいいこと言うな。
名無しさん
今日の試合は本田を起用する展開ではなかった
それは西野監督の采配だし本田本人も理解してると思う
決勝トーナメントでは間違いなく本田の決定力が必要になる局面が訪れるはずだ
名無しさん
本田さんは多分この戦術は取らないと思う
名無しさん
今、冷静になって考えると西野監督って凄い責任を背負ったよな
選手達は凄いブーイング浴びながら本意でないであろう作戦に従事し
セネガルの無得点に賭けるというあまりにリスクの大きい選択
もし、失敗してたら監督の批判や責任は半端じゃなかった
先を見据えた主力組の温存やら控え組の見極めやらの時点で相当なものなのに
名無しさん
正論。誰しも楽しいサッカーが見たい。でもHはただでさえ日程にハンデがあるし日本は強くないという現実。
でも西野監督は非難承知で賭けに出た。尋常じゃない度胸だと思う。
バランス感覚というか天性の勝負師だと思う。
Okioki
この監督はすごい。まず、6人変えるのもすごいし、最後は他力本願にしてしまうこともすごい。リスクを取れる人は、失敗もするが、成功したいならどこかで必ずリスクをとること。凡人にはできない采配。
名無しさん
国際大会は結果が全て
西野監督はあの戦術を採用し、決勝T進出という成果を勝ち取った
それに加え香川、本田を完全に休めて
大迫、乾も後半のみの出場でとどまった
今回の試合で見切るべき選手もわかった
ポーランド戦におけるプラスの面もかなりあるよ
名無しさん
賛否両論ありますけど結果を出した西野監督は正しかった。
今回は主力を温存できましたし、たとえ次の試合敗れたとしてもイングランドorベルギーと本気の試合が出来るだけで大きな収穫(経験)だと思いませんか?
私は思いますしベスト16は誇っていい。
名無しさん
本田選手の言う通り!
良い試合ではなかったけどこの大舞台、
予選と決勝リーグは雲泥の差、
私は次の試合が見れることがとても嬉しいし
皆なんだかんだ言ってもまた全力で応援するだろうし強豪相手にもしかしたら良い試合が見れるかもしれないという希望が持てたからこれで良かったと思う!
名無しさん
中3日ということで、2、3人の変更はあっても、柴崎ー香川がこのチームのベースだと思ってたので、そこは残してくると思ってました。スタメンを見て香川がいないことを知り、今大会のドイツのクロースのようになるのではないかと不安になりました。つまり、サポートを受けられず孤立し、ゲームメイクではなく散らす中継点になってしまうのではと。
香川のオン・オフ両面の動きが過去2戦で素晴らしかったのは分かってはいたのですが、この試合で改めて浮き彫りになったと思います。
スペース・パスコースを作る動き、柴崎のゲームメイクに関与する動きは今の日本には絶対に欲しい。乾が出る時も、この流れじゃいい形で受けられないだろうなと思った人は多いと思います。
イングランドもベルギーも格上で厳しい相手です。薄氷を踏むようなギャンブルを経て主力の何名かを休ませられたのですから、ベストメンバーで戦いきってくれることを祈ります。
kat
内容も大事だけど、やはり結果ありきの内容であって、今の日本チームは結果を出すことで精一杯。
それにしても西野監督は物凄い勝負師だと思う。
もしセネガルが同点ゴールを決めてたら、西野さんは世界中から笑い者にされ、日本人からはボコボコに叩かれたでしょう。

セネガルの敗戦に賭けた采配、主力を休ませ見事に予選を突破した事、本当に凄いと思います。
今の日本の力で予選を突破し更に上を目指すのには1番良い方法だったんだと思います。
西野監督凄いです。
監督はもっと高みを目指しているのです、みんなで応援しましょう。

名無しさん
主力を温存しつつ2位でも決勝Tに進出という結果を持って来たのなら監督としては仕事はしていると思う
ブーイングされることもマスコミに非難されることも覚悟の上
二カ月で監督就任して前評判最悪だったのに予選突破は驚きの結果だよ
名無しさん
試合終盤、三人目のカードは本田、もしくら香川を切ると思っていたが、なんと長谷部。
これには本当に驚いた。
もちろん監督のメッセージはこのまま試合を終わらせるというもの。
同時放送のNHKとフジテレビを行ったり来たり。
こんなひやひやしてのサッカー観戦ははじめて。
まずは第一に結果を受け止めたい。
過去五回の連続出場という国は以外と少ないと思う。前回などもいい結果は出ていなかったが、このワールドカップは過去の経験や歴代代表が築いたいた石づえの上にある、昨日のしたたかかつ大胆で老練な戦術は成功と失敗の紙一重にあったと思うが西野監督の勝利には確実に日本サッカーの進歩を感じさせられる。
確かに見てられない内容だったが、この次のベルギー戦にはベストメンバーでのいつものアグレッシブなサッカーが見られると期待している。
aono
西野監督は賭けに勝った。
結果的に主力を休ませた上に決勝T進出も手に入れた。これはでかい。
ベルギー、イングランド、どちらが来てもプレミアリーグビッグクラブの選手が勢揃いするチームとの決勝Tで試合が見れることが楽しみ。
名無しさん
別のポーランド戦の記事の題名が「逃げるは恥だが役に立つ」となっていて、思わず納得。
個人的には好きな勝ち方じゃない。正直、内容も大事なのになぁ、とやはり思ってしまうし、これにはそれなりの代償が伴うのに…とも思う。
でも西野さんが会見でこの戦術を「納得してない」と言っただけでなく(これはそうだろうと思うから)「後悔もある」と言ったのを聞いた時、
瞬時の判断でどこまでの覚悟をしたかは分からないですが、少なくとも今も悩んでるところに本意を見た気がした。
結果、この件を海外でどう評価されるかは良くも悪くも日本が抱える代償なのだけど、日本人として日本チームを応援する身として、その代償は一緒に抱えるしかないな、と。
多分、西野さんは戦術の「正解」か「不正解」かの最適解を選んだと言うより、選ぶべき道(決勝T出場)へ繋がる「賭け」をすることを選んだんだろう。
そしてそれに勝った。
名無しさん
僕は、西野さんが何でこんなに叩かれるのか、全く理解できない。
そもそも、日本はこのグループの中で、圧倒的に弱いと言われてたんだよ?自分も含めて三連敗惨敗と言われてた。
その予想を覆し、一勝一分になったんだよ。選手の疲労度、この先の事、コロンビア対セネガルの状況、様々な事を踏まえ、判断した事だと思うよ。一点のリードを許している状況で、一点を狙いにいき、逆にカウンターを喰らい、それこそドイツ状態になってたら、どうすんだっちゅう話ですわ。
ま、ただ、僕も日本人ですから、こういうことを嫌う心理というのも分かる。日本人って、結果を求め、結果が良ければ狂喜乱舞する割に、やり方が美しく無いと凄く嫌うからね。日本はサッカーで言うと、圧倒的な弱者。勘違いしたらいかん。
pon
いろんな考え方や楽しみ方があるから仕方ないかな。自分もクソ試合だと思って、セネガルとコロンビア戦にチャンネル変えたし。
結果を出すために、ハリル監督から西野監督に変わって、少ない準備期間ってことを考えると、西野監督のやり方はすごいと思う!
最初は勝つつもりでいたと思うよ!
でも、岡崎の想定外の怪我で交代枠1使って、その後先に点取られた時点で、同点にするのってすごい厳しいと思う、カウンターされて危ないシーンが何回もあったし。
結果、西野監督の判断は正しいかったでしょ、他がどう思うのかは別として。
こういう試合をしたからこそ、次は何としてでも勝ってもらわないといけない、ベスト16で終わるようじゃ意味ない。
次の試合も応援するよ!!!
名無しさん
現地で見ていたサポーターは歯痒かったかもしれないがこの本田選手のコメントが全てだと思う。
決勝Tも応援します。
名無しさん
主力6人休ませて決勝T進出って名将すぎるだろ
名無しさん
日本ばかり非難されているが、ポーランドも全くサッカーをする意志がなかった。その点では両チームは同罪だ。そもそも日本が最後のボール回しをしなければいけないような状況にしてしまったことが良くなかった。試合の早い段階で1点を先制して、1点取られても引き分けという状況を作るべきだった。1,2戦は良い流れで来ていたのに、突然先発メンバーを6人も入れ替えてきた。これでその流れは止まった。いい流れできているときは、指揮官はなるべく動かない方が良い(動かざること山の如し)。そして動きが悪い選手が出て来たら交代を考えればいいのだ。代わって先発した選手が悪い選手という意味ではない。あくまで流れの問題だ。うまくいくと指揮官はとかく動きたくなるもの。それで失敗する指揮官は多い。今回は結果的にグループリーグを突破したが、この采配ミスは本人も分かって反省していると思う。西野監督頑張れ。
名無しさん
2番目に良いシナリオだったと見ております。
選手を休ませてベスト16からが本番だという考え方だったと思います。日本は過去のベスト16は日韓と南ア。日韓の時はフルメンバーで最後まで戦ってチュニジア2-0で勝ってイケイケの状態でトルコに0-1で敗戦。南アの時もフルメンバーで戦ってデンマークに3-1で勝ってイケイケの状態でパラグアイにPK負け。どちらにも言える事はチームに勢いがあるのだが気持ちと体のバランスが整っていない状態でしかもトルコ・パラグアイなら名前負けもしていないので次も勝てるという雰囲気で負けてしまったのが過去の実例となります。過去2回の経験則から考察するとベスト16を突破するには
1:メンバーは一回は休ませて体力を温存させる。
2:最終節でイケイケのチーム状態は逆に危険。
3:ベスト16の対戦国は真っ向勝負では勝てないと思われる強豪国
今回はそれが全て揃った状態と見る。がんばれ日本
名無しさん
日本にとってワールドカップは結果がすべて。
GL敗退してたらこんな議論にもならない。
名無しさん
長友がインタビューで答えてたけど、日本は弱者としての自覚がある。FIFAランク8位のポーランド相手に勝ちに行くリスクよりも試合の安定化を図った。ポーランドも現状なら一勝出来るし、自陣でパス回しをすれば状況の悪化を避けられる確証があった。
それとコロンビア、セネガル戦はスカウトが常に状況報告してたはず。セネガルの出来があまり良くなくコロンビアの優勢も理解しての戦略。
弱いなら弱いなりの戦い方をすればいい。日本人らしくないという批判を受けるけれども、戦後のどん底から世界有数の経済国になったメンタリティが日本人の特有の能力だと思う。状況に合わせて最適な対応をする。決勝トーナメント、楽しみにしてます。
名無しさん
本田は自分のことを俯瞰で見れてて尊敬する。
ビッグマウスも奮い立たせる為か、メディア戦略か。
バゼドー疑惑もあるなか、
行動も発言も誰も傷つけてない。

6人交代で、後半機能しなくなったのは
交代メンバーのポリバレントが低かったことが露呈した。
今大会がうまくいっているのは
前監督が使わなかった柴崎と昌子を起用したことだと思う。
シロウトだけど、ポーランド戦では
抜いた昌子の役割と
柴崎と前線陣との連携が
今大会の躍進に繋がったと、
皮肉にも
誰の目にもわかる結果になったはず。
残念なのは
槙野の攻撃力upは防御力downより劣ること。
宇佐美の守り意識は始めの数分だけ。
武藤、高徳ともに緊張しちゃったかなー。

awesome
合理的に考えると、ポーランドはすでに敗戦が決まっている中での最終試合で勝利というのも、自分たちや国内(ポーランド&サポ)向けで最悪を逃れた良い結果だし、日本の立場だと、決勝トーナメントに行く・行かせることが合理的判断であり、そうなれば日本代表にとっても日本国内向けも良い結果となって、ポも日もウィンウィンの試合だったんだよ。
商売は何でも客が喜んでナンボというのは事実だけれども、全ての人を満足させることなど不可能なのだから、反則しまくりや最初から最後まで手抜きだったりボロ負けだったりしたわけでもなく、最後の最後で戦略的パス回しをやって、観ている観客に多少不満足感はあたえただろうけれども、続きが観れて、弱小チームが決勝トーナメントで奇跡を起こせれば、世界の多くの人も満足できるだろう。
ま、欧米人系は、善悪二元論で考えがちだが、日本的な「グレー」の部分にこそ真実があり面白いという見方もある。
mau
予選突破おめでとうございます。
主力を休ませて、控え選手の評価も出来た。決勝リーグ進出が目標だったけど、次まで考えてたってことなんでしょうか。対戦相手は厳しいけど、目標を達成して失うものはない。楽しみです。
俺の正義
有能部長を自負する俺に言わせてください。
昨日の「攻めない」という判断は、今回W杯中でベストプレーに入る。
あの状況でセネガルは点を取れないと読み切った西野は非常に素晴らしい。
日本のマスコミ(とくにテレ朝)のコメンテーターなんかは、非常に批判している。
そういう奴はビジネスならすぐに倒産、投資家なら大損失だ。
刻々と変わる状況でチャンスとリスクの確率を天秤にかけ判断していく作業は、ビジネスも投資も同じ。
ましてや日本代表の監督となれば、その判断者の最高峰。
その状況で昨日のような判断。称賛されるべきである。
そもそもマスコミなんざ、自分の言ったことに責任を取らず、直接の被害もない連中である。
そういう奴が、昨日のような名判断に文句を言ってはいけない。
日本人の好きな孫子の兵法「戦わずして勝つ」・・・。
昨日の終盤、まさに西野はそれをやり遂げた。
歴史に刻むべきである。
名無しさん
長谷部投入で察したけど、結構残り時間あったからな。
今回で使うべきフォーメーションと選手をはっきりさせ、休めた選手もいる。
策士だわw
名無しさん
セネガル戦が好勝負だっただけに、昨日はフラストレーションが溜まる内容だった。
終盤のパス回しは、当然戦略ではあったが、ポーランドとしては何としても勝ち点3を獲りたいのと同時に、得失点を気にする必要がない以上、守りを堅くすることは間違いなく、無闇に攻めてもカウンターを食らうリスクが高かっただろう。
あのような局面は、初めは半ば自然発生的なもので、時間の経過が段々と意識的なものに変えていったのだろう。武藤を下げて長谷部を入れたことで完全なものになったが、責めることは酷かもしれない。
次の試合こそ、4年に一度の大舞台に相応しい戦いとなることを期待する。
名無しさん
リスクを犯さず決勝トーナメントに進出するのがリスクマネジメントとで在るなら、西野が6人の選手を代えてポーランド戦を戦った時点でリスクを犯し過ぎている。この段階で代表の監督としては失格でしょ。
せめて交代枠で補える3人までがリスクを犯さず何かあった場合に対処出来る限界人数じゃないの?
岡崎の交代だって試合開始直後に元気がアップしていた。前もって岡崎がBestじゃない事は把握してたでしょ。この段階でかなりリスクを犯しているし。
結果、最初にこのメンバーで戦うリスクを犯さなければ最後に、あんなボール回しをする様な展開にならなかった可能性は高いと思う。
結局、西野はやってもOKな大胆采配と絶対やってはいけない采配の線引きが曖昧過ぎる様な気がする。
決勝トーナメントに行けたのは運が有ったと思うけど代表監督としては失格だね。
名無しさん
その通り。
つまらない試合に感動はない。
それはどんなスポーツも一緒。
ただ、結果を出さなきゃいけないのもスポーツ。
そもそも誰も上に行けることを期待してなかったじゃないか。
次の試合、最高に面白いサッカーを見せて初めての8強に連れて行ってくれ。
名無しさん
本田珍しくいいこと言うな。結果が全てとか、結果どうこう言う人最近多い。
でも個人的には、強いチーム・いいサッカーしてるチームに勝って欲しい。から結果が全てとは思わないし受け入れたくない。サッカーはエンターテイメントなんだからさ。だからそこまでの過程はやっぱり大事だと思うんだよね
だからとにかく結果出せより、いいサッカーできるチームになって結果出るのが理想。今はそれが出来なくても、やっぱりそこがゴールだとは思うな自分は。そこを目指してほしい。
今の日本が結果にこだわるのも勿論間違いじゃないけどね
さきお
一夜明け冷静に考えてみると、西野監督は本当に賢明だ。「日本があの時間帯で1点取れる可能性」と「コロンビアがあの時間帯で無失点で逃げ切れる可能性」をただ天秤にかけて高い確率をチョイスしただけということ。前者ではさらに1点の失点により得失点差で、またはペナルティーの差で、GL敗退もあり得る。後者ではセネガル同点弾で日本のGL敗退が決定する。どちらの選択をしても茨の道に変わりはない。彼は本当に賢いなぁ。観客やブーイングすらも全く関係なくただノックアウトステージへの進出だけを考えて。試合前に頭の中でこういう状況もシミュレーションしていたに違いない。ピッチ内での意思統一のために長谷部を最後に投入するところまで。
ん?
1勝1分が日本の実力ではない、多分に幸運が助けてくれた結果だ。一方、仮に決勝トーナメントに進出できた場合、そこで最高のパフォーマンスを見せたいのは当然だが、準備の日数は限られている。他方、3戦目の相手は間違いなく格上のチームだ。決勝トーナメント進出の確率は試合進行とともに変化する。進出確率を上げようとすれば、失点する確率もまた上がる。3戦目は1戦目、2戦目とは全く異なる状況だったことは容易に推察できる。そして、結果はみたとおりである。4戦目こそ、120%のパフォーマンスを期待する。
名無しさん
うん、本田様ならこの采配は絶対にしないよね。だからこそ、今回の采配で決勝T進出を勝ち取った西野監督を素直にすごいって言えるんだと思う。
そして本田様すごいいいこと言う!まさにその通りで、目の前の目標を達成するためのひとつの戦略だったけど、サッカーというエンターテイメント性を考えたらありえない試合だった。
ブーイングすごかったけど、冷静に考えたらあんなにリスクを背負った賭けを決断するって、やっぱり西野監督の度胸と戦略は並大抵じゃない!
色々批判もされてるけど、それを承知で勝ち取った決勝T進出!応援するしかない!!
名無しさん
本田『その通り!喜べ!次のステージへ!』
勝負の世界。負ければ今以上の批判。様々な条件下での精神的なプレッシャー半端ない、そういう場面であり、そう言う試合でしょ。それがリズムを崩し、動きを重くする。心と肉体の不一致。だから、こそ。私はよくやったと思う。競技が違えど関わったことがある人はわかるはず。この山越えて成長したよ!
外から見ている人は、もっと称賛してほしい。頑張っている人の何故足を引っ張る意見ばかり出るのだろうか。負の部分だけにスポットを浴びせれば、山ほどある。でも、結果を残したのではないですか?
凄いことだと思うのは私だけなんでしょうか?!
名無しさん
批判はかなりされてるし俺ももうハラハラし過ぎててイライラしてたけど、結果的にベストな決断をしたなと思う
完全にポーランドペースでボールすら持てなくなってた時間帯に無理して同点にする為に上がれば一番やってはならない致命的な2点目を与える可能性も大いにあったし凄く難しい決断だけどハッキリと片方を捨てて割り切った勇気ある采配は凄い。日本が点を取る確率よりもコロンビアが守りきれる可能性の方が高いと読んで思い切ったんでしょう。
名無しさん
勝ってもこの叩かれようなのに、負けたら何を言われた事か。
それでもこの判断をした西野監督はとてつもない度胸の持ち主であり、勝負師だと思う。
そもそも
名無しさん
本田は次も途中からだろうけど、決勝Tは延長もある、本田の出場時間は+30分になる可能性もある
だから西野さんはやっぱ本田もこれまで途中出場とはいえ休ませたかったと思います
西野さんの作戦は本当ただ凄いなと思います
でも欲を言えばサブ中心で結果を出して欲しかったですね、前半特にチャンスあったと言うかおしてたのに…1点でも入ってたらこんな作戦取らなくてよかった
名無しさん
ベストメンバーで死力を尽くすという選択肢も当然あっただろうが、あの暑さの中、ベストメンバーで試合をすれば、当然、チームの疲労は崩壊寸前までたまる。そうなると、間違いなく決勝トーナメント1回戦負けだろう。ベスト16が目標ならそれでもいい。
しかし、ベスト8まで進みたいなら、リスクを冒してでも主力を温存すべきだった。西野は批判覚悟で、ベスト8というより高い結果を目指した。その結果、決勝トーナメントに進んだのだから評価したい。
名無しさん
良いサッカーしてもこの国のサッカー人口は増えないし、観客のサッカーリテラシーは低いままだべ。
必要なのは結果だけ。
ワールドカップだってオリンピックだって国を背負っているから観るんじゃなくて、金メダルが取れそうだから観る勝てそうだから観る。
巨人・大鵬・卵焼きの時代、いやその前からずーっとと強いものが好きなの日本人は。
一時代前の対人の跳ね返す能力しかない無骨なCBが頑張っていて、チーム予算が2部の上位よりも少なくて、それでもウチに一人のエースは要らない、全員で走り勝つっていうのを大事にしているような、何年か前のエイバルを好きになる国民性ではない。

だったら必要なのは決勝トーナメントでしょ。
ベスト8、ベスト4でしょ。
今日のサッカー100点満点。

名無しさん
西野監督は、大きなプレッシャーの中で、今ある材料、現状、今後のことをすべて踏まえた上で決断を下した。何のせいにも、誰の責任にもできない、誰に何を言われてもただ自分が決めるしかないという状況下で、判断をする、その心の強さに敬意を表したい。選手たちも同じ。みな、己の力が足りないかもしれなくても、間違っているかもしれなくても、ただ精一杯に、ベストを尽くしてくれた。なおかつ、決勝T進出という一つの目的を果たしたのだから、本当にすごい。
勝っても、負けても、勇気をもらっている。ありがとう。
名無しさん
この「選択」って、本当すごいと思う。じゅんいちさんの言われてるとおり。
批判する人たちは、やっぱり積極策に行くのかな。
だって、決勝トーナメント進出で14億円弱もらえるわけだよ!w
いや、下世話な話だけど、例えばそういう話もあるわけさ。
勿論、周りの声もある。ブーイングも浴びる。
逐一試合状況の報告を受けながら、セネガル戦の状況が変われば
その時点で積極策に変わるという、
「どこ見て試合してるんだよ!」って話なんだけど、
・・・うまくいったら14億弱もらえるしなあw
もらえる事決定しちゃったしなあ。
これはこれでアリだなって思っちゃうよなあww
まあ、全く同じ状況になったとしたら他のチームだって同じ事する
可能性は高いと思うけどね。印象論でしかないけど、
他の国の人たちこそ、こういう選択をしそうなイメージがあるなあ。
名無しさん
そもそも、世界の人に向けての、面白いサッカーなんて日本にはまだまだ無理でしょうよ(笑)
気にすることはない。
面白いサッカーは、トーナメントになってからで十分よ。
他の強豪国だって、過去、リーグ突破のために、同じような事あったし、その時はいろいろ言われても、そんなもの、すぐに忘れ去られて、ベスト16という輝かしい記録だけが人の記憶に残るのです。
守りがちがちで、面白くないといわれるイタリアでも、「過去優勝3回」という記録のほうが重みも価値もあるんですよ。
日常のクラブサッカーなら面白いサッカーは必要だけど、4年に一回という大舞台だからこそ、面白いサッカーでベスト4より、つまらないサッカーで優勝のほうが価値がある。
名無しさん
実に本田らしい意見(笑)
そして、その本田をして「自分にも出来ない」と言わせる西野監督の勝負勘。
次も難敵だけど、ぜひ頑張って欲しい。
名無しさん
このリスキーな采配自体は凄いが、そうせざるを得なくしたのは先発メンバーがクソだったからでしょ。そこは監督が調子に乗りすぎたんだと思うよ。個の力もなければ連携もない。完全に監督の判断ミス。
今日出たサブメンバーはみなさん判断とプレースピードが遅く、球離れが悪い。たまにしか出られないせいか、焦ってばかりで臆病でなおかつ自分勝手。武藤のプレーとインタビューは最低だった。自分がゴールすることしか目的としてない奴は、代表チームでプレーしないでくれ。結局サブできちんとチームのために自己犠牲を払い、役目を果たせるのはザキオカとホンダだけだってことがわかった。また香川と乾のプレーの質の高さを思い知らされたわ。
名無しさん
そう、ファンあってのフットボール。
あれはブーイング起こって当たり前だし暫く代表が非難されるのも仕方ない。
しかし日本代表で「持ってる」のは日本中から批判受けながらゴール決めた本田だと思っていたけど、実は西野監督なんだろうな。
大会中最低クラスの迷采配で結局失点。敗退の大ピンチの中他力本願の戦術を実行するも逃げ切り。結果的に1位通過は逃すも狙い通り主力の何人かは休養たっぷりで決勝ラウンド戦える。
運だけじゃ片付けられない何かを持ってるね。
次また滅茶苦茶なスタメン起用したら全てが台無しだけど、まあそれはないでしょう。
名無しさん
アディショナルタイムに点が入ることが多い今大会、
しかも一発があるセネガル。
よくあの賭けに出たなと思う。
でもそうさせたのは、
あのときピッチに立っているメンバーでは、「得点して同点に追いつく可能性」よりも、「追加点を奪われる可能性」の方が高いと判断したからでしょう。
大幅にメンバーを変えたあの試合、攻撃面の連携は見られなかったですしね。
あのメンバーを先発に選んだ監督の采配が、あの終盤の戦法を生んだ・・・
監督は身に染みて分かっているでしょう。
ともあれ、結果は出た。
ベルギー戦を楽しみに待ちます!
名無しさん
誰も指摘しないのが不思議だけど、GL突破に徹した采配と言うなら、後半は頭から延々倒れ込むなりして時間を稼いで、失点したなら尚時間を稼いで、ATを1分でも2分でも多く持っていないといけなかった…実際にATを多く持っていたのはもう一つの試合の方で、こっちは傍観するしかなかったという時点で、戦略としては完全に破綻してる
本田の意見を取り入れて大幅なメンバー変更だとか、川島をゲームキャプテンにまでして自信を取り戻させたいというのは、結局は監督の決断だから問題無い。
ただ、それをやると決めた以上は、”鬼の所業”と言われる覚悟まで持って、GL突破の為に出来ることを全部やるべきだった
もしあれでセネガルに追いつかれてたら、選手達の夢の舞台も、二度に渡る監督交代劇も、これまでの日本代表の歩みも…全力でぶつかる事無く、全てあそこで終わってたのだから
Badnewsbrown
西野監督はこの展開も予想していたから瞬時に守備固めの判断をできたわけで
監督も世界レベルになった、と言える歴史的な名采配。
日本のフェアプレーが実はセネガルを追い落とす攻撃だった、と日本中が理解したことも超重要。
VAR導入とともに「誠実なサッカー」「クリーンなプレー」が勝ち上がる要素になった歴史的な大会。
この風土が定着すればフェアプレー精神が根付いている日本は今後のワールドカップで上位の常連たりうる。
荒くれサッカーがポイントで負けるという歴史的な転換でしょう。
もし西野監督を責めるとしたら
名無しさん
結果がすべて。
だけど、なんか違う気がする。
セネガルーコロンビアが引き分けだったら終わってたワケで、タラレバになるが、コロンビアが点を取ってなかったら、どーやって一点を取りにいくつもりだったんだろ?
宇佐美に代えて乾よりも、酒井高徳に代えて乾の方がマシ。
宇佐美のデキ云々もあるが二列目に高徳より、宇佐美ー乾の方が点を取れそうな気がする。
ケガ持ちの岡崎のスタメンも疑問。
武藤のワントップでスタートし、展開次第でフォワードを増やす方が普通だと思うんだけどなぁ。
試合後の川島のインタビューも、まるで勝ったような対応。
まぁベルギー戦では結果より気持ちの良い試合をして欲しい。
名無しさん
もともと、今大会が始まる前は期待はなく批判ばかりで本大会を迎えたし、今の日本代表に魅力はないという流れだった。
しかし、一戦目二戦目と結果を出せば手のひら返した盛り上がり。
これは国民全体の結果有りきの受け止め方だと思う。
だから、突破という結果を出した三戦目は否定できないし、次も盛り上がりたい応援したいと受け止められればまた楽しみが増えたはず。
次も深夜でも応援しよう!
名無しさん
あまいコメントばかり目立つね。
主力温存、局地戦の勝敗にこだわった結果、予選負けたら意味がない。
潔しとすると日本文化は世界で通用しない。
世界はもっとずる賢く、狡猾にやっている。
指揮官とは最悪の事態を未然に防ぐ事が肝要。
セネガル、コロンビア戦の状況を確認して、コロンビアから点を取れないと判断。しかも、こちらの布陣は控えの二流組。
全体を通して点が取れるイメージできん。西野さんも避難覚悟で、自分が盾になり、今まで見ることのできなかった景色を選手に見せたいのでしょう。
speedy
結果が全て、と言い続けたファンやらネット族(それは自分も含めて)だから、この展開でも納得しないとダメ。
数年経った時に、ああ、決勝トーナメント行けて良かった、と思えるようになったり、評論されると思う。
たとえロシアやイギリスのメディアから酷評されても、それは日本には関係ない。
ただ、セネガルがもし同点に追いついていたら、と思うと世紀の采配ミスと一生言われ続けただろうから、正直采配としては褒めれない。
そして采配といえば、やっぱりスタメンはダメだった。つまり試合前から、采配としては失敗していたと思う。結果的に大迫も乾も40分しか休めなかったわけだし。トータルで中途半端な采配だったと思う。
n…
93年ドーハでは、今日の終盤のような戦い方をチームとして共有出来なかった結果、悲劇が生まれた。
96年アトランタで、西野監督は、勝ち点で並んでの予選敗退の悔しさを誰よりも知っている。
理想高く持つべき、しかし、その理想と現実の折り合いを付けて選手を戦わせるのが、監督の役目。
稲本も言ってたけど、こうゆう戦いが出来るようになったっていうのは、過去の日本サッカーの歴史をちゃんと受け継いで、成長したって事なんだと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする