「ブラックペアン」治験コーディネーターに日本臨床薬理学会が抗議!

TBSの医療ドラマ「ブラックペアン」に登場する「治験コーディネーター」の描写が、実際の職業とあまりにも懸け離れているとして、5月2日に日本臨床薬理学会はTBSに対し現実と乖離(かいり)した描写を避けるよう求める意見文を公開しました。

「ブラックペアン」は4月22日から毎週日曜21時に放送中の、大学病院における天才外科医と医療問題との戦いを描いたドラマ。劇中では、治験コーディネーターの木下香織(演:加藤綾子)が主人公の外科医・渡海征司郎(演:二宮和也)に協力する姿が描かれます。

開発された薬が現場でも有用かつ安全かどうか確認するため、事前に人へ治療も兼ねて行う臨床試験を「治験」といいます。治験コーディネーターとはその治験が適切に行われるよう、医師や製薬企業と被験者の間に立って調整する専門職。責任医師などの指示の下、治験までの準備や被験者への対応、検査データの整理、医師への報告などあらゆるサポートを行い、新薬導入を円滑にする上で重要な役割を果たします。

「ブラックペアン」の第1話・第2話では治験コーディネーターがスーツ姿で担当医師を高級飲食店で接待したり、治験を決めた被験者に同意書を取らずその場で負担軽減費として300万円を手渡しするシーンが登場しました。放送後Twitterではこれらの描写に対し、「現実と違いすぎる」「知られる機会がない職種でデタラメを描かれると大迷惑」と批判が相次ぎました。

日本臨床薬理学会は治験コーディネーターとほぼ同義である「臨床研究コーディネーター」(CRC)の認定制度を運営しており、放送を受けてTBSへの意見文を公式Facebookで公開。「ブラックペアンにおいて登場する治験コーディネーターとは、まったく非なるものであります」「患者さんのために、医療の発展のために真摯に努力しているCRCの心を折り、侮辱するものであった」と描写を非難しました。

接待シーンについては「CRCは医療機関のスタッフとして患者様をサポートしており、スーツを着てかっこよくこなせる業務ではありません。担当医師を高級レストランで接待するCRCも100%おりません」と否定。患者へ負担軽減費300万円を手渡す場面にも、一般的には一回あたり7000円~8000円であり、「高額の軽減費で治験への参加を誘導することは厳に戒められております」「別の費用を誤解されたのでは」と乖離を訴えています。

ドラマの公式サイトでは「演出上、登場人物の行動は、治験コーディネーターの本来の業務とは異なるものも含まれています」「演出上、治験をめぐり、多額のお金が動いています」と注意書きがありますが、学会は「これらのことは、ドラマの演出上という言葉で片付けられない」と説明。

「CRC達が、医師達に高額の接待を行い、人によっては高額の負担軽減費を支払っていると誤解されることはCRCを認定している学会として残念でなりません」「番組により患者さんがCRCという職種に不信感を持ち、治験を通じた新薬・医療機器開発へご協力を頂けなくなるとしたら、それは医療イノベーションを目指す日本にとって大きな損失につながります」とドラマによる誤解を不安視し、「CRCの使命、現状等を正しくご認識頂き、あまりにも現実と乖離した描写を避けて頂くよう希望する次第であります」と申し立てました。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180503-00000029-it_nlab-ent

気になるネットの反応は

名無しさん
佐野史郎が冬彦さん演じてるときも、
街歩いてたらものすごい変な目で見られてたらしいですからね。
あんな荒唐無稽なドラマであっても、
フィクションとはいえイメージに与える影響力は大きい。
maririn☆マリリン
治験コーディネーターという職種があまり知られてないのに、
頑張ってる治験コーディネーターを誤解されてしまうのはイケないでしょ?
名無しさん
幸い病気を患ったことがないから、新医療器具を使うとあんなに謝礼金が貰えるんだなぁーと思ってました。
接待シーンとかはまぁフィクションとなんとなく思うけど、制度的なことについてはドラマとはいえ現実と大きくズレているのは問題でしょ。
名無しさん
現実とかけ離れた「そういうイメージ」で書かれる職業って結構多い。
自分はクラシック音楽関係だけど、金持ち、ドロッドロの嫉妬、汚い世界で書かれることが多い。普段からドレス着て練習してるやつがいるか(笑)と、思って見てる。
皆よく知らない世界って、ドラマにするとき、本来の姿をそのまま書くと、意外と地味だったり華がなかったり、ドラマとしては面白くないんだよね。
だから「こうであってほしい」というイメージで作っちゃうんだよ。
でも、やっぱりあまりに現実とかけ離れてたり、誤解を生むような演出は当事者からすると迷惑なんだよね
eda
ある病気で治験の経験があるが
3年間やって1万円のQUOカード一枚だったよ
30万円なんて凄いなぁ(笑)
TBSが信用出来ないのは何ですかって?アンケートをとっていて
1位が安倍総理だったが、信用出来ないのはTBSだろうってTwitterでツッコミ入れられて笑ったよ
名無しさん
職業が医療系だから、おかしいとわかるけど、知らない人は厳しいよね。
某ドラマで緊張性気胸を折ったボールペンを脱気に使う場面があったけど、絶対ないな、と思った。
実際には、ほぼほぼないが、見映えがいいようにドラマチックに演出してしまうんだろうな。
ととと
あれ?
ジャニーズ、写真解禁したんじゃなかったっけ?
記事よりそちらの方が気になる。
名無しさん
そもそも、あんな大人数で手術見学するはずないじゃん。自分の病院の仕事どうなってるの。
名無しさん
このドラマ見てないけど、よく見てるドクターXだってあんな札束飛び交わす黒い医師ばかりでは無いと思うよ。白い巨棟も立場とか権力に固執する医師が描かれてる。でもドラマとして割りきって見てるからなぁ。その職種を厳密に描くってなると面白いドラマなんか少ないんじゃないかな。
名無しさん
そういう現実との差を埋める意味で
「このドラマはフィクションです」と
お決まりのテロップを出すのでは?
名無しさん
知らない人が多い職業だけに、大きなお金が絡んでるという描写が誤解を与えるのはあると思う。単なる医療ドラマで、色んな医師を個性的に描いても、現実的でないなと分かるのは見る側が実体験で知識があってこそ。知識がなければそういうものかと思うのも仕方ない。視聴率先行で面白く描きたいドラマかもしれないが、知識不足だし、不勉強だったのでは?
名無しさん
治験の説明を受けたことがありますが、とても丁寧で白衣での対応でした。たくさんの方々の力で、新薬は慎重に作られていくのだなと感心しました。
ドラマを見て、えっ?そうなの?!と懐疑的になりました。
真面目に取り組んで下さってる方々に失礼なので、どんどん抗議してほしいです。ドラマの影響は多大。
名無しさん
それよりも、科捜研の女で、沢口靖子が事件現場に出向いて捜査員の仕事したり、挙句、容疑者に説教する場面の方が違和感大きいけど、ロングヒットしてるよね、、、。
名無しさん
医療ドラマは過去にもたくさんあったけど、このドラマはどこか違和感があるんだよね。二宮くんは嫌いじゃないけど、天才を鼻にかけてるところは嫌いだし、患者の命が危ないって時に、さっさと助けてあげればいいのに、もったいぶってなかなか助けに来ないし…。手術室で喧嘩してる暇があったら、さっさと手を動かしてほしいし…。見ててすごくイライラする。治験コーディネータのカトぱん、どうみても教授とデキてるとしか思えない。てか、二人はデキてるという設定なの?よくわからないドラマです。
chuay
まぁ、ここでのミソは、世間にあまり知られてない職種だってことだよね。
例えば、ブラックジャックみたく医師免許を持たず高額な治療費だが完璧にこなすなんて医者は現実にいないこと誰だってわかる。
それはみんな医者がどういうものか知ってるから。
治験コーディネーターなんて初めて聞く人ばかりだろうし、ここでそのドラマのやつが植え付けられたらそれを目指す人も少なくなるかもとは思う。
名無しさん
医師とか普段から割と身近な職に対してならそんなことねーだろと突っ込みをいれながら笑って観れるんだろうけど、多くの人が普段の生活ではイメージの持ちにくいマイナーな職種に対して悪いイメージを持つような演出は如何かと思います。
ドラマとしての演出なら何をやっても良いと思ってる人が多いようで驚きです。
名無しさん
ドラマは面白くしなきゃいけないけど、好き勝手にやられたら困ります。題材を、ちゃんとした医師が審査してないからでしょ。
名無しさん
医者や看護師なら、
実際の仕事ぶりを目にする機会があるから、
ドラマの役で非常識な振る舞いをしても、
これはドラマだからってわかるし、
現実とは混同しないけど、
一般に知られてない職業だと、
ドラマのイメージで刷り込まれて誤解されたままになる可能性は大きいので、
抗議したい気持ちはわかります。
名無しさん
現場を知る人間から聞いたが、白い巨塔よりひどいよと言われびっくりしたわ。腕がある医師はそんなにいないと思うが、政治的なやりとりは想像以上だと思うよ。
名無しさん
公式サイトに「演出上、登場人物の行動は、治験コーディネーターの本来の業務とは異なるものも含まれています」と断りがあったとしても視聴者に伝わりにくく誤解が生じる。ただドラマを盛り上げる為、大袈裟な演出をしているとすれば、やはり良くないと思います。特に、医療という大事なテーマを扱っている。治験コーディネーターという医学の進歩に重要と思われる職業が誤解されるような演出は控えた方が良いと思うし、侮辱と抗議されても仕方ないと思う。
匿名
CRCとして、働いていていますがドラマと現実がまったく異なるため本当に残念でなりません。
せっかくCRCが認知される!と期待してただけに、、テレビがドラマを面白くするためにしているのはもちろんわかるのですが、接待や300万円を渡すなのでありえないことであり、いま参加頂いている被験者さまにとってCRCという立場の信頼が失われてしまうことになりかねません。たかがドラマかもしれませんが、少しでも改善されるよう願っています。
名無しさん
ドラマの演出のために治験コーディネーターという職業が犠牲にされた、ってことかな。
マイナーな職業かもしれないけど実際に従事している方々がいる以上は、誤った描き方はしてはいけないと思う。
ハンミョウ
「現実と違う」のは、視聴者側は承知している。
ただ、余計な誤解を招く恐れがあるなら、「演出上」であることを番組最後に明示した方がいい。
かなり前だが、刑事ドラマの中で「銀行員が機械を操作して、預金利子の切り捨てられる何銭単位を集めて自分のものにする」というストーリーがあった。放送中に「演出です。実際には出来ません」とテレビ画面に明示したことがある。
視聴者の中には、そのまま信じてしまう人もいるのかもしれない。
名無しさん
治験に参加されている患者さんが、ドラマを見た例え少数の方の目であっても、お金で参加したように誤解されないかが心配です。CRCは、それが何より気になって、心を痛めています。
よりよい医療の発展のために、治験はなくてはならないこと。新しい治療に向き合い、頑張ってる患者さんを傷つけることは、ドラマであっても絶対にやめてほしいです。
名無しさん
TVでの影響力がいかにすごいかTV業界の人はきちんと考えて頂きたいね。
描写1つでもイメージが付いてしまう。
それを払拭するのは大変な事。
furukawasan
ていうか
このドラマの医療監修した人に問題があるのでは?
確かにドラマの終わりにテロップ入れてるという
言い訳はあるだろうけど
あまりにも現実と乖離がある場合は
法的責任が発生してもおかしくないと思う
名無しさん
ドラマは見てないけど、元々20年前の原作小説なんでしょ?小説とも極端に違う演出なのかな?
名無しさん
ドラマの中で先生達が着ている白衣に付いているTのマークも東○大学病院のマークと凄い似ていてびっくりした。
あれは通院している人、していた人が見たら誤解してしまうくらい似ている。
無関係なのだろうから、もっとよく考えて作ればよかったのではないかとおもう
ダメ人間
作り物なんだから、と思ったけど、最近は特にガセが事実として拡散される世の中だものね。
あまり知られていない職業を誇大したり乖離させてしまうのは、ダメだと思う。
医学会も、ドラマの内容がどうのとは言っていない。あんな医者居るか?ってのにも異議を唱えているわけではない。
目に余る箇所だけ、止めてくれって言ってるんですもの。
制作側に聞き入れて欲しい。
名無しさん
医者や看護師ほど知られた職業じゃないし接する機会もあまりないから
そういった意味では誤解をうみやすいとは思う
名無しさん
私もこれらのシーンを観て違和感を持ちました。
治験コーディネーターの業務と違う。
ドラマは大袈裟に表現しているもの、という前提を差し引いても、知らない人は誤解してしまいますよね。
名無しさん
医療の素人である脚本家が出鱈目に作っても俳優や女優の演技が良ければそれでいいのかな?
ドラマにそういう職を入れるのなら本物の人にアドバイスをもらわなあかん
名無しさん
以前、治験コーディネーターの方にお世話になった事があるからかも知れないが
あまりの荒唐無稽さに吹き出してしまった(笑)
脚本家は、現場取材とかしていないのだろうな
病院舞台だけど、今までに無いなにか新しい設定無いかな・・・
あ!”治験コーディネーター”って格好良いな!
で、ネットでチラリと調べて書き上げた・・・程度なのだろう
果たして、今後どう軌道修正するのかも疑問だ
ちなみに、自分が世話になったコーディネーターさんは白衣を着てたよ
突然、白衣を着始めたら笑うな
社内で、試写もあるだろうけど・・・
誰も気付く人はいなかったの?
名無しさん
実際ドラマに変更が加えられるかは別として、学会が「現実と違う」と意見し、それが報道で伝わる事には意味があると思う。
声を発する事で、少なくとも視聴者がドラマを鵜呑みにする可能性は減る。
名無しさん
医師などとは違い、CRCがどういう職業なのか知っている人はひどく少ない。また、治験を行うには「患者の協力」が必要不可欠で、通常の医療以上に患者からの信頼が必要になる。病院に行って治療を断る患者はあまりいないが、治験への協力を断る患者は多い。患者にメリットがあまりないからね。治験への協力患者を得るのに、どれだけ製薬会社が苦労していることか。CRCはしかも、治験において患者側のフォローをする仕事。(そういう意味で、医師への接待って意味不明すぎる。MRと間違ってるか、百歩譲ってもCRAだろう?)そこで、患者から信頼されなくなると、本当に致命的。
そういう意味で、「よく知らない仕事」に対して偏見を増長させるような表現を人気ドラマでやるのは、確かに演出としてどうかと思う。
名無しさん
そんなん言い出したらキリがないと思うけど。
うちの親は医者だけど、ドラマの医者なんかは金持ちだけど現実の医者はそうでもなかったりする。
勤務医なんかは高校教師の年収に毛が生えた程度のものだし。医者の平均年収が高いのは儲かってる開業医がいるから高いだけで。
昔の医者はそれでも患者からの金や医療費のちょこまかしや架空の出張費などいわゆる裏金というお小遣いがあったから勤務医でも羽振りがよかったが今のご時世そんな事すればすぐにバレるしセカンドオピニオンが当たり前の患者の方が立場が上の時代なので患者さんから金を貰うなんて話は過去の話。
現にうちの親は雨の日でも原付で通勤している。ドラマにリアルを求めるならそういうリアルな医者を描写してほしい。
名無しさん
製薬会社の営業担当という設定にすれば良かったのでは?
製薬会社からクレームが来るかな?
名無しさん
新薬を開発する人、治験する患者、コーディネートする人、医者、看護師。。
みんな病気を治したくて一生懸命してるのにね。
変な職業だと思われたら、本当に嫌だと思う。
名無しさん
CRCの仕事はほぼ知られてないから誤解されかねないよ。
たださえ治験をやりたがらない人も多いのに、
治験がないと医薬品は承認されない。医学の発展もない。
ドラマだからフィクションだから何してもいいってのはちょっと違う。
名無しさん
ドラマじゃん!って思ったけど、職業名を変えるとかしないとダメな案件だね。
名無しさん
ドラマなんで鵜呑みにはしないけど、
治験てあんなに貰えるのかぁとは思いましたよ。
ドクターXくらい笑いの要素があればフィクションって解るけど。
ドラマのイメージのせいで、本物のコーディネーターの方が仕事をやりにくくなるような事になったら大変ですよね。
名無しさん
このまま加藤綾子メンバーはフェードアウトで良いのでは??
名無しさん
刑事とか外科医とかはドラマ上のフィクションだっていう認識があるけど
治験とかあまり知られてない分野ではそういうものかと思っちゃうから、気を付けた方がいいと思う
アラ世
ほとんどのドラマで現実とは乖離している。いろんな職業の素人探偵が活躍するやつなんて、絶対あり得ないことはわかりきってる。医療ドラマの巨額手術費のやり取りもあり得ない。
ドラマだからといっても、それを真に受ける人もいる。迷惑している職業の人はたくさんいるはずだ。受ければ何でもありのドラマ作りはやめて欲しい。
名無しさん
海堂尊好きだからブラックペアン読んだけど
治験コーディネーターなんて出てこない気がします。
海堂尊さんも勿論医師です。
原作者を汚すような脚本は、
やめていただきたいです。
ファンも辛いです。
名無しさん
300万も渡されると、逆にこの手術、相当危ない手術なのかなと思ってしまう
名無しさん

>「ブラックペアン」の第1話・第2話では治験コーディネーターがスーツ姿で担当医師を高級飲食店で接待したり、治験を決めた被験者に同意書を取らずその場で負担軽減費として300万円を手渡しするシーンが登場しました。放送後Twitterではこれらの描写に対し、「現実と違いすぎる」「知られる機会がない職種でデタラメを描かれると大迷惑」と批判が相次ぎました。

ですよね。
しかも演じている女優さんがクソ下手くそだから、尚更イメージダウンでしたね。

名無しさん
今回の場合世間であまり馴染みのない”治験コーディネーター”って職業だったから問題になったんだと思う。ドクターXやその他医療ドラマでは世間的に知られてる医師や看護師、経営側の医院長なんかにスポットが当たってたから多少突飛な演出しても大方の視聴者も「それはないだろ~(笑)」って見られてると思いますし。
***3***
要らない役をカットすれば済む話。
ホステスアナウンサーの大根女優が見なくて済む。
名無しさん
医師へ高級料理店で接待?
いつの時代の話をしてるのか、、、
全てを正確になぞれとは言わないが、安易なドラマ作りはいただけない。
ドクターXはフィクション性が高いから笑えても、ノンフィクションっぽく見せる医療ドラマの質が低すぎる。
アメリカの医療ドラマとは、大人と幼稚園児位の開きがある。
名無しさん
ドラマの話としか見てないけど、これを本当だと思う人がいる日本。ばあちゃん達は本当だと思うからね。不妊の話かなんかでも、いろいろ言われてたみたいだから。学会も大変ですな!
名無しさん
見てないので何とも言えませんが、今の時代は変な誤解が生じないよう番組側も色々行っておく必要はあるでしょうね
ただドラマを100%鵜呑みにしている人もそうそう居ないとは思いますから、程度問題かとは思いますが。。。。
名無しさん
一般に広く知られた職業がフィクションで悪く描かれたりする場合とは、また違う話だと思います。
医師とか教師とか、視聴者に馴染みがあって仕事内容もなんとなく分かっている職業なら、ある程度現実離れした設定でも「これはフィクションなんだな」と思って見ることができるけど、治験コーディネーターって正直何してる人かよく知らない人が多い。
そうするとドラマの内容が、治験コーディネーターに関する知識の全てになってしまいますし、全然荒唐無稽ではなく、もしかしたらありそう、くらいの描き方だと信じてしまう場合もあり、その職業の方に結構な不利益を与えることになると思います。
いぬさんぽ
そっち方面での批判だったのね。てっきりダメ医者ばかりの病院の批判かと思ってたよ。手術はバクチと言いながら二宮とサエキ以外はハマしてばかり。あんな状態なら経営が成り立つはずがない。
名無しさん
MRだと接待あったりするから、違和感ないけど、治験コーディネーターはあんなことしないと思う。
ちなみに加藤綾子の役は内容からしてMRかと思っていたが、治験コーディネーターだったのか。
権力者に擦り寄っていってるのは、実際本人もやってそうだから、違和感ない。
女優業にも進出して、イケメン俳優達も結婚相手としてターゲットにするんだろうな、と思ったりもするが、彼女はお金持ちが好きそうだな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする