サンプラザ中野くん 卒業生への言葉が名言とネットで話題?

歌手・サンプラザ中野くん(57)が、21日放送のTBS系「CDTVスペシャル!卒業ソング音楽祭2018」(午後7・00)に出演。番組内で今春に卒業する若者たちに向けて発した言葉が名言だと、ネット上で話題になっている。

中野くんは番組で「大きな玉ねぎの下で」を歌唱。その後に、新たな世界に出発する若者たちにメッセージを求められると「卒業おめでとうございます」と祝福し「皆さんの前に道はありません!皆さんの後に道ができます」と伝えた。

「無限のフィールドを思い思いのスピードで、方向へ駆け抜けて行ってください。いつまでも応援し続けます!Runner!」と拳を突き上げた。

この言葉にネット上が反応し「これは名言すぎる」「ぐっときた」「何気にめっちゃいい言葉やん」「校長先生顔負けの名言」とのコメントが相次いでいる。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180321-00000143-dal-ent

気になるネットの反応は

melgrade
他の人も書いてるけど、高村光太郎さんの言葉じゃん。
有名だと思うけど、知らずに「名言だ」って言ってネットニュースにまでなることにびっくり。
名無しさん
今の子達って高村光太郎を知らないんだなぁ…。英語教育叫ぶ前に国語教育見直したら?
名無しさん
ランナー歌うかと思ったよ。
歌ってほしかったなー。
番組変わっちゃうけど。(笑)
名無しさん
高村光太郎を知らないなんて。
教養って大事。
いまは国語の教科書に載っていないのですかね?
saltedcaramel
この言葉、高村光太郎が言ったんですけど。知らない人多いんだね。
名無しさん
高村光太郎の「道程」じゃない?
yom
道程。
ああ、あれね。じゃなくて、ははー素晴らしい言葉、て思っちゃう恐ろしさ。危機感。
名無しさん
サンプラザ中野くんは賢かったはず。しかも、これは中学か高校の教科書に載ってた気がする。
名無しさん
番組は見てはいないですけど、
「道程」ですね。
恩師が卒業生に贈る言葉の定番であり、王道。
その「詩」の世界観は
中野さんの「詞」、ランナーの世界観と同じ。だから歌わなかったのかな。
「大きな玉ねぎの下で」はいろんな人が歌い継ぐ名曲。
この曲はぜひに彼らに届けたい届けたいと思ったのでしょう。
道程にある見守る父(自然)のように、恋にも見守る父(歌)がある。
勇気を持って、
今を生きよう。
何か、中野さんのハートがビシビシくるかな。
素晴らしいです。
名無しさん
え?よく聞く言葉ですけど…。
名無しさん
アーティストに無理やり何か言わせようとして気の毒に見えましたよ。
名無しさん
多くの人のコメントにもあるけど、高村光太郎・道程を知らないってのは…
引用する時は出典も言ってあげなくちゃダメなのかもね
名無しさん
これ、サンプラザ中野くん本人が一番恥ずかしい記事じゃないか。当然、高村光太郎だって知ってて言ったことだろうに、「名言」だとか言われちゃって。
まあ、最初から「昔から言われている・自分の好きな言葉を贈ります」とか言ってたら良かったんだろうけど。
名無しさん
テレビを見て名言だと思う一般人のことはどうでもいい。それを何の疑問もなく記事にしてしまうデイリースポーツの記者とデスクが問題。
名無しさん
そんなことよりも
「大きな玉ねぎの下で」が如何に名曲かが、
話題になるべきだ。
若い夢に燃えていた頃、深夜ラジオで聞いた。
何回も。
懐かしい。
名無しさん
久々に聴いた。
名曲。
サンプラザ中野くん。
くん?
かびはら
それよりなぜパッパラー河合の名前を出さなかったのかを知りたい。爆風スランプやSUPERSLUMPを出さない、出せないのは仕方ないけどせめて二人の名義で出してほしかったと思う。
名無しさん
映画「おっぱいバレー」でも使われてましたね、高村光太郎さんの言葉ですよね。
名無しさん
無限のフィールドを~が、名言かと思ったけど、違うのか。
皆さんの~が、話題になってるとしたら、無知と教養のなさの凋落が酷いね。これじゃあ、日本が良い方向に行かなくなる訳だ。
ネコ元気
名無しさん
僕の前には道はない。僕の後ろに道はできる。この言葉は30年前の卒業文集に書いた言葉。この時も何かのパクりだった気がするけど。
名無しさん
高村光太郎さんも、忘れ去られようとしているのか。
でも、こんなに分かってる人も沢山いて、ほっとします。
名無しさん
むかし、そんなキャッチコピーのコマーシャルがあった。
名無しさん
なるほど!今は綺麗ごとの言葉が多い未来は与えられるものではなく、自身で切り開く必要がある。道は自分でつくるのだと教えてくれている。未来は、そんな甘いものでは無いて事かなぁ
名無しさん
玉ねぎいい歌だけど卒業ソングなの? 他にも、おかしいのが、多すぎ。
チン歩
えっ?
名無しさん
これは、官僚になりゃいいって思ってる東大生に言って欲しいもんだ。
名無しさん
僕の前に道はない。僕の後に道はできる。だっけ?
名無しさん
いや、ネットで話題になっているという紹介であって、このライターさんが、ものを知らないという事ではないかと。
サンプラザ中野くん氏の言葉が、道程からの…と書くのも敢えて野暮と思ったのかも。
焦って読むと、無知だ!と判断をしてしまうのかもしれないが、落ち着いて読み直すと、紹介のみの、言葉足らずな文章かも?という感想を持つ人はいるかも知れないが、ライターの教養の無さをどうこうは言えるものではないと理解できるのでは?
名無しさん
サンプラザ中野は後期の青春モノより初期の純粋な言葉遊びや悪ふざけの詞のほうが面白かったです。名言を贈るより、無理だ!の替え歌でも良かったような気もします
小さい公園
高村光太郎が語ってた名言だったとしても、高村光太郎だけが語ってた名言だとは限らない。
名無しさん
高村光太郎の「道程」からの引用ですね。
僕の前には道はない、僕の後ろに道はできる。
胸に刻んで生きたいです。
名無しさん
聞く側が出典を知らなくても別にいいと思うけど、発信者が分かってるなら。
よぴたん
高村光太郎の道程からの引用に
ついては、社会人も含めて、卒業生の中でも知らないって人がいてもおかしくは
ないでしょう。
この記事の記者が知らなかったのは、勉強不足だと思うけど。
「これは、道程ですね」
だけでいいのに、「こんなの知らないの?」みたいなコメントには何だか違和感は感じる。
わからない学生にもわかりやすく
サンプラザ中野さんが自分の言葉として
伝えたのではないですか?
わかりやすい言葉なので。
名無しさん
恐らく、同じ言葉を校長が言ったら、生徒は鼻で笑って聞いてるような気がする。
同じ言葉でも、言う人で印象が変わる。
名無しさん
普通に定番の名言ですよ、それより パッパラー河合さんは
どうされるんですか。
名無しさん
卒業生への言葉の後に「ランナー」って言ったから歌うかと思ったのに、そこで終わったからあれって思いました
piyotapiyo*
100年以上前の詩だけど、今の時代でも色褪せない。まさに名言。
名無しさん
ショベルカー持ってるか、スコップ1本か、けっこうな個人差はあるが。
名無しさん
高村光太郎さんの「道程」のパクリですよね。
高村光太郎さんが名言を残したのであって、サンプラザ中野くんの名言ではないですね。
最近は無知、無教養な記者が多くて情けないですね。
名無しさん
名言です。今の時代、誰かが道を使ってくれるのを待ってる人が多い。道は自分で作るものだ。
名無しさん
書いたもん勝ちだね~
ピロピロ
よく言われる言葉ではあるけど、あそこで言えるところがやっぱり感動したな
名無しさん
若者を感動させるのは簡単そうだな。
バックナンバーとか流行るわけだ
名無しさん
サンプラザ中野→サンプラザ中野くん、になったのは、サンプラザ中野から文句が来たんですかね?
大分前からだとと思うけど。
名無しさん
「大きな玉ねぎの下で」好きな曲だけどサンプラザ中野がかつての声量が出なかったのがちょっと残念だった。ギターの人が名前が出ずパッパラー河合だったか確認できなかった。
名無しさん
高村光太郎ですけど、猪木の言葉で有名になりましたねぇ
がっつり ヒデ
サンプラザ中野くんさん、かっこいい
名無しさん
色んな人達がそれっぽくアレンジしてるけど、昔から使われてる有名な言葉。
名無しさん
この記事書いた人、これは恥ずかしい
名無しさん
名言のパクりじゃん。
名無しさん
人生、前に道があった方が安心して進めるけどな。
〈ホンマの話やしー
玉ねぎの歌は全くもって卒業と関係ないし
道はあなたの後ろにできる、て言葉も他人の借り物
もっと言えば
通ってた学校が柏市てだけで柏市で事あるごとに出てきて歌うはランナーばかりで
そもそも住居は隣町の流山市だし
便乗でしか生きていけない、歌も一曲しかない、見栄えも面白くない
観てて恥ずかしい
やってて恥ずかしくはないのか不思議
名無しさん
サンプラザは、まさかこれが高村光太郎の言葉だと理解されないなんて思わなかったかもな。
自分にとっては当然引用のつもりで言ったのに、まるで自分が名言吐いたみたいに言われて戸惑ってるかも…。
名無しさん
高村光太郎さんの道程じゃないか。
名無しさん
原曲をリアルタイムで聞いてた者としては、歌い出しからの前半
ガラ声気味の声量低めで、大丈夫か?と思ったが、中盤以降から
声が戻ってきてホッとした。
あと、パッパラー河合も出てたのに、紹介無しとは…作曲者なのに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする