斉藤由貴の魔性「キスするのかと思ったよ」ブルーリボン賞授賞式!

妖艶―。男心をくすぐる、なまめかしい女性の美しさを現す言葉。そんな二文字にピッタリの存在が視線の5メートル先にいた。

8日、東京・内幸町のイイノホールで行われた「第60回(2017年度)ブルーリボン賞」授賞式。東京映画記者会(報知新聞社など在京7紙)が主催する伝統の映画賞に約80人の取材陣が殺到。注目は「三度目の殺人」(是枝裕和監督)で助演女優賞に輝いた斉藤由貴(51)に集まっていた。

昨年8月、「週刊文春」の報道から始まった横浜市在住の50代開業医男性とのダブル不倫騒動。斉藤は8月3日の会見で「家族がみんなお世話になっているお医者さんです」と男女関係を否定したものの、その後、写真誌にキス写真が流出。結局、「(最初の)会見では本当のことをお話できなかった」と深い関係だったことを認め、文書で謝罪。男性との関係を「終わらせた」と明かした。

しかし、不倫の代償は大きく、出演が決まっていた今年の大河ドラマ「西郷どん」を降板するなど、多くの仕事を失った。

そして半年が過ぎた。久々の晴れ舞台となった、この日、「雪の断章―情熱―」で第28回(1985年度)の新人賞に輝いて以来32年ぶりの受賞となった斉藤は、胸元の大きく開いた黒のロングドレスにハイヒールで登壇した。

周囲を見渡し、深呼吸すると「本当にありがとうございます。32年前、『雪の断章―』で相米慎二監督のもと、初めて長編(映画)に参加させていただいて。その頃、自分がどんな風に賞を頂いたか覚えてなくて。こんなにも年月がたってから、また、もらえるのが夢のような気持ちです。思いがけないプレゼントだと思ってます。選んで下さった記者会に心から感謝します。素晴らしい作品に参加させて下さったことにも感謝します」と、丁寧に頭を下げた。

司会の大竹しのぶ(60)から「去年はいろいろ大変なこともあったけど」と突っ込まれ、「えっ、もう、そこでいいですか。お恥ずかしい…」と声を裏返らせる場面もあった。

会場には母・淳(あつ)さんが駆けつけ、客席後方で見守っていた。「お母さん、ごめんね。来てくれてありがとう」―。そう客席に向かって、呼びかけた時、その声は確かに震えていた。

感動の一幕。その言葉、表情、仕草、全てがトップ女優らしいものだった。しかし、ここから、あえて舞台裏での話をさせてもらう。

「いやあ、キスするかと思ったよ」―。感動の式の後、ともに取材した先輩カメラマンが興奮気味に送信直後の写真を見せてくれた。

パソコン画面に映し出されたのは、壇上に用意された受賞者席で隣に座った助演男優賞のユースケ・サンタマリア(46)に向かって、まさに頬が触れ合わんばかりの近さで話しかける斉藤をとらえた1枚。「(距離が)近っ!」―。私も思わず声を出してしまった。

そう、この独特の距離感こそ、斉藤の持ち味であり、そばにいる男性を勘違いさせてしまう部分なのではないか。それは決して計算などではなく…。そんな姿を目にして、頭に浮かんだのが「無意識過剰」という言葉。99年、文芸評論家の故・江藤淳氏が石原慎太郎氏を評した言葉として有名になったが「無意識のうちに行動してしまい、周りの人を振り回す」―。私は、そんな意味にとっている。

斉藤の奔放に見える行動にも「無意識過剰」という言葉が当てはまるのではないか。ユースケとの“超接近写真”を見た時、そんな考えが頭に浮かんだ。

昨年8月3日の不倫釈明会見も取材したが、その時の斉藤も場にそぐわない胸元の大きく開いた純白のロングワンピースで現れた。

当時、撮影中だったドラマのロケ現場から会見場に駆けつけたため、着替える時間がなかったという説明だったが、一緒に取材したベテランカメラマンは「あの服が気になったんだよね。釈明会見とは思えないワンピースに胸元もかなり開けていただろ。あの見た目はちょっと違うんじゃないか。スタイリストは何してたんだろ」と指摘した。

その時も斉藤は「昨日、今日とロケが続いて家にも帰っていません。着たきりすずめです」と吐露。私服に近い服装に後ろでまとめた髪も本人いわく「ぼさぼさで恥ずかしい」状態。トップ女優とは思えない“無防備な”外見で、約140人の取材陣の前に25分間立ち続けたものだった。

そもそも、故・尾崎豊さんや川崎麻世との不倫騒動で「魔性の女」と呼ばれたこともあった斉藤。無意識にしろ、男性の目線を集めてしまう、その無防備な姿―。半年前の取材時の思い出が、この日の「キスしそうに見える写真」で、くっきりとよみがえった。

誰もが認める、その女優としての才能。今回の受賞作「三度目の殺人」の是枝監督は「本質を直接言わずに表現してくれる芝居をする」と称え、人気演出家・三谷幸喜氏も「コメディエンヌの天才」と、斉藤を激賞している。

誰をも魅了する女優としてのセンスと無意識に男性をとりこにしてしまう一人の無防備な女性としての魅力―。斉藤由貴は「最強」にして、唯一無二の女優なのかも知れないな。ふと、そんなことを思った。(記者コラム・中村 健吾)

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180209-00000152-sph-ent

気になるネットの反応は

空中分解民進党
山尾の方が悪質。
名無しさん
どっちもあかんし最低ではあるが、小泉に比べたらまだ開き直って公言していないだけマシ。
名無しさん
何を期待しているのか知らないが
くだらん
名無しさん
この記事を書かれたのは男性でしょうか。男性から見ると魅力的な魔性の女性も、同姓から見れば確信犯。
名無しさん
いつも胸の開いた服を着てる女の人、いますよね。男と会うときに。
この人もそういうタイプ。
名無しさん
男には、これが無意識の行動に見えるのかもしれないが、
女の目には、完全に見られるのを意識した
計算づくの行動に見える。
yozefuyuki
たしか高岡早紀も距離が近い人。
似てるとこあるね。
makoto
3回も不倫となると、人のものを盗る事でしか満たされない、興奮できない趣味としかもはや思えなくて、どうしても魔性とは思えません。本人はブログの題名がfemmefataleで、訳すと魔性の女なので憧れているんでしょうね。洋服も男性への接し方もすべて演出かなと。魔性の女になりたい人なんだと思いますけどね。。。
ジーニー
小泉とはまた別の悪質さ。
嘘つきまくり、子供の担当医でもある医師とパンツ被り不倫だから。
返信は読みません
確かに近い、、
クロウサギ
ほらほら。こういう変態がいるから、斉藤由貴の需要は、あり続ける。
正直、「パンツ、被せて来るかと思ったよ。」の間違いじゃないかと思った。
「スタイリストは、何をしているんだ?」じゃなくて、おそらく、確信犯的にやっていると思いますね。
無防備だの、意識していないだの思うのは、バカな男たちだけで、おそらく、自分の持ち味を分かった上で、やっていると思いますよ。それぐらい、したたかだと思います。
でもって、そう思わせるだけで、斉藤由貴は、このカメラマンには、ちゅうも、パンツ被せもしないと思います。
ホームドクターでもあった、元不倫相手の、医者には、ちゅうもパンツ被せもしましたがね。
そういうところが、斉藤由貴の、実にしたたかなところですね。
ただ、男は、無防備だったり、自覚なしであって欲しいという願望があるから、そこも込みで、演出しているという。
まあ、どうでもいいですけど。
名無しさん
ユースケはエロ大好きだけど、リアルな私生活や根は本当に真面目で男らしいんだよね。
こういう女性がいても、彼は結婚もしてるし、そういう生活や女性を大切にする男。
名無しさん
戸惑わせたっていうか、普通にユースケ迷惑だと思う
誤解呼ぶような話しかけられ方って、嫌だと思うよ
名無しさん
カメラマンがそう思ったってことだけでこんなに書くほどでもない。読んで損した。
名無しさん
この人の場合は、悪意はさらさらなくて、もはや男性とは密接で居るのが当たり前っていう病的な部分なんだと思う。
まあ不倫というくくりには違いないが、小泉今日子やベッキーと同じ見方をすると評価を誤る。
名無しさん
とりあえずもうコイツは生涯パンツ被って、私はビッチです。って書いといた方がいい
名無しさん
俺もいけるかも と記者は思ったのかもしれんけど
読者は関心ないのだが。魅力を感じない
不倫の後、子供との関係がどうなったのかとか気になるのだが。
元気そうだから、もう別の男が出来たのだろう
名無しさん
よいしょもほどほどにしてほしい。どの年代の男性に効力があるのか?。女性でこの記事に賛同共感する人は稀有だと思う。
名無しさん
5行ぐらいにまとめて欲しい、読むの辛どいわ、魔性のことは分かったがそれぐらいでいい。
guz
女優だし自分の魅せかた研究してるだろうし、いつも人から見られてること意識してるだろうし。この人の場合かなり計算してると思う。
名無しさん
そういう人なのよ。
yu
もう不潔感満載な女優さんになりましたな
名無しさん
こんな写真なのに注目されないユースケ・サンタマリアが好き。
名無しさん
カメラマン撮り方上手い!
ユースケの表情も何かいいよ笑
名無しさん
同性からすると確信犯だけど、こういう女って結局ひっかける男もろくでもないからどうでもいい
この人はつくづくなんで結婚して子供作ったんだろうと思う
名無しさん
キスしたら記事にしてください。
iiiiiii
卒業を歌っていたときの清楚さは微塵もなくなった。
Sosol
ユウスケサンタマリアの方がビビるって
aaaaa
ユースケ迷惑そう
名無しさん
いるよね、これぞ魔性の女。本人は悪気ないけど、男はたまったもんじゃない(笑)
たーた
パンツ被り女優はテレビに出したらダメ!
名無しさん
不倫どうこうは別にして、昔に比べて今の40代?50代の方は、妖艶だったり可愛かったりと、若い子にはない大人の魅力を持った人が増えた。
名無しさん
どうでも良い記事、途中まで読んでしまった自分が悲しい。
漆黒のnyanmama(ФωФ)参上
まさしく魔性なのかも。本人にしてみれば、悪いとか悪くないとか無関係で、気持ちの流れに任せて生きてるだけなのかもね。
自分に正直というか、他人のことを全く考えないというか。
名無しさん
”胸の開いたドレス”・・
そんなことを今もって問題とする保守的な国民性。
比べるのもナンだが、ハリウッドではトップ女優でも
もっと露出しているし。
そもそも女優とかは「見られる」職業だろう。
その点だけじゃないけど、日本の映画、テレビドラマは
「お子様ランチ」レベルなので観る気になれない・・・。
YNS48
魔性というか、ロンパリ。
名無しさん
男性は無防備とか無意識とか受け取るのか、と驚く。
こうした方が自分に都合よくいく事を理屈じゃなく肌で察して動くタイプの女性だと思う。
だらしないのにそれが妙な色気になる人っているけどそういう人と同じ系統じゃなかろうか。
フレナバオチン、的な。
男性にとってはたまらんでしょうね。
名無しさん
この写真にこじつけて意地悪な見出しだなぁ~報知さん見てたでしょ?現場のやりとり?
名無しさん
私は犯罪でなければ芸能人の私生活なんてどうでも良い。
家庭の問題は家庭で解決すれば良いこと。
品行方正でも演技が棒読みで何の役やっても同じ様な人より、私生活が奔放でも演技力があって惹き込まれる人の方が、芸能人として魅力的だから。
名無しさん
女は50代でも通用するんだ。自分の色気を判って演技してる感じで天然ではなさそう。
ポン太
ユースケさんはモー娘。命なので、斉藤由貴さんの色香は通じないと思います。
斎藤さん、クドカンの昼ドラに出ていた時はひどかったですが、綺麗になられましたね。
美を気にする方たちにとっては、恋をし続けることは必要不可欠なのでしょうかね?
名無しさん
彼女の脳ミソはピンク色なのだと思う。
名無しさん
雪の断章は小説も映画も好き
名無しさん
魔性?そうかな?
私はなんかダラシない女にしか見えない。
なんとなく不潔そうだし。
名無しさん
演出家とかの表現者としては
とても欲しいツールと
よく伝わって来る。
その芸術とも言える領域。
そこに棲む者が
陶酔してしまうのは
まま有る話とか。
芸術は誰のものか?
なんて
よく聞かれる話。
目先の欲に飛びついて
得たものに
満足するのも善し。
ただ
得るもの有れば
失くすもの有り
得るものばかりではない
そんな冷ややかな現実に
気がつくのかも知れない。
大麻など
刑法に触れるとなると
分かり易いが。
hogehoge
ユースケ氏の視線がグッド(笑)。
モトカレ
bcn美食生活
魔性って。。。。
もう初老ですよ。。。。
名無しさん
これ距離が近いだけじゃなくてスッキリ伸びた首筋も美しく、一枚の写真としてみてもお手本のような美しい構図。
綺麗な仕草や姿勢の良さを褒めても「こんなの男に媚びてるだけだ!!」って怒られちゃうのかな?
名無しさん
魔性の女っていうと聞こえ悪いけど、このビジュアルで空気感読むのもうまく、パーソナルスペースの詰め方が天才的にうまいと男の人は期待しちゃうんだろうなぁってのはよくわかった。フェロモンというか食虫花ってのが本当に似合う。華やかで側に行くだけで酔ってしまうとこをパクっとされるのね。これは同性には脅威だわ。まぁ、今回の不倫云々には全く関係ないんだけどね。
はれや
紙面で見て、たしかにびっくりしたけど、ただの耳打ちでしょ。
ブルーリボン賞授賞式の記事は読んでて楽しかったから、現場も相当盛り上がったのでしょうね。
名無しさん
キス以外でこんな角度に傾かないですよね。。同性から見ると、計算尽くですよ。悪意のある角度ですよ。
名無しさん
山尾は?
名無しさん
母親の名前、具体的に出す必要あった?
名無しさん
茂木さんと野田聖子もこんな感じでヒソヒソしてたけど、
怒られただけだったな。
k*i*
不倫体質の極意を見た!って写真ですね
ホンマでっかTV で重太みゆき先生(だったかな?)が首筋をがっつり見せるのは男性にアピール効果あるとかいっていたような…
うろ覚えだけどこの写真見てその言葉を思い出した
あんなに接近したら男性はドキドキするよ
何の考え無しに出来ることが根っからの魔性なんでしょうが

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする