バイプレイヤー、ジャニーズの大根役者のカバーで供給過剰?

2月7日に2ndシーズンがスタートするドラマ『バイプレイヤーズ』(テレビ東京)。これまで主役に花を持たせる存在だった“脇役”たちが、一躍“主役”になる裏返しの企画が話題となり、ついには今シーズンでプライムタイムへの進出を果たした。名脇役と言えば、「主役を立てながらも存在感を失わない役者」のイメージがあるが、最近は、その脇役の方こそを楽しむ視聴者も増加。一方で、高まる需要に対して供給過多に? そんな“バイプレイヤー”たちが今後進むべき道とは?

◆ドラマ『バイプレイヤーズ』効果も絶大 “おじさま萌え”する若年女性も急増

『バイプレイヤーズ』の1stシーズンは2017年1月に放送され、遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研という“名脇役”たちを起用した豪華キャスティング。さらに彼らが本人役で出演するという遊び心が視聴者の好奇心を刺激した。劇中では、彼らの私生活的な雰囲気が味わえ、ヤクザ映画などで見せてきたいつもの“鬼気迫るスゴミ”や“円熟のシブミ”などではない意外な一面を見せると、たちまち若い女性の間でも“おじさま萌え”とブームが発生。この2月に2ndシーズンが放送されるに至った。

脇役と言えば、これまで「見たことはあるけど、役名しか知らない」「いつも○○の役をやっている人だけど名前は知らない」などと言われることが多かった。だが、メディア研究家の衣輪晋一氏は「近年は同じ若手俳優、同じアイドルが多数の作品に主演しています。テレビ視聴者層の中心である中高年が“若い子の顔が覚えられない”などと嘆く中、“いつも○○の役をやっている”自分達の年齢に近い“案の定”の俳優の、“案の定”の役柄に安心できる。それらの印象こそがバイプレイヤーの最大の強みに繋がっています」と分析する。

例えば、先日授賞式が行われた『2018年エランドール賞』では、ムロツヨシがかつて石原裕次郎や高倉健も受賞した“新人賞”を42歳で受賞。あまり日の目を見る機会のなかった脇役たちにスポットライトが当たるのは昨今の象徴的な出来事と言えるだろう。そのように、脇役たちの「主役を支える確たる演技力」が認められるのは、役者冥利に尽きるに違いない。

◆枚挙に暇がない名バイプレイヤー、虎視眈々と同枠を狙う“予備軍”も多数

そして訪れたバイプレイヤー特需。「外れなし」の信頼感で、ドラマや映画のスパイスとなる重要なポジションが、脇役俳優にこぞって用意されるようになった。「そもそも論で、スポットライトを浴びる存在以外に注目をしたい層は以前より相当数存在します。例えば戦隊モノで、レッドよりブルーやグリーンを好む人たちがこれに当たります」(衣輪氏)

そんな層に応えるように、近年は、映画・ドラマ本編と連動したスピンオフ動画がWEB限定配信されることも今は当たり前なっている。また、番組公式SNSでも主役以上に写真が投稿されていたりと、バイプレイヤーの活躍を気軽に楽しめるコンテンツは増えてきた印象だ。

「これらの現象によって、縁の下の力持ちだった彼らが、“縁の下”から引っ張り出され、“脇役のスター”として神輿に担がれるといった奇妙な状況に。その神輿の数が増えすぎて、スター街道だけでなく、脇役が進むべき道=脇役街道も今や大渋滞中。ライバル過多の状態に入ってしまいました」(同氏)

実際、脇役でスターと呼ばれる役者の名を挙げてみよう。岸部一徳、笹野高史、小日向文世、吉田鋼太郎、生瀬勝久、近藤芳正、高橋克実、リリー・フランキー、尾美としのり、古田新太、田中哲司、ピエール瀧、佐藤二朗、荒川良々、戸次重幸、野間口徹、安田顕、大倉孝二、鈴木浩介、山崎樹範、ムロツヨシ、滝藤賢一、岡田義徳、平山浩行…まさに枚挙に暇がない。また名脇役への道を突き進むか否かの分岐点であろう30代の俳優でも、新井浩文、平岩紙、和田正人、青木崇高、江口のりこ、山口紗弥加、田中圭、勝地涼、浅利陽介などが追い上げている。さらに、今期のドラマだけを見ても、『海月姫』(フジテレビ系)の尼~ずの4名(木南晴夏、松井玲奈、内田理央、富山えり子)や、『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』(日本テレビ系)の千葉雄大などが、脇役の若手俳優として存在感を放っている。

◆持ち前の演技力で主演俳優の道か、個性派キャラでバラエティーの道か? 岐路に立たされるバイプレイヤーも?

そんな中、近年は多くの“名脇役”が主演クラスに躍り出ている。『孤独のグルメ』(テレビ東京ほか)の松重豊をはじめ、ドラマ『HERO』(フジテレビ系)のバーのマスターで「有るよ」がお馴染みの田中要次は昨年、初主演映画に出演している。また、小林稔侍、齊藤あきらなども続々と主演作に挑んだ。

「ほかバラエティー番組で活躍する名脇役の方々も増えました。『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の『グルメチキンレース ゴチになります!』コーナーにレギュラー出演する大杉漣さんをはじめ、『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ系)再現VTRの木下ほうかさん、昨年大晦日の『超逆境クイズ 99人の壁』(フジテレビ系)では佐藤二朗さんがクイズ番組の初司会に挑戦。『進行は滞ることを覚悟せよ。自分のことは自分でやれ、一切俺に頼るな』と自由すぎる発言で、SNSでも『おもしろすぎる』など大好評。ほか、『関ジャム~完全燃SHOW』(テレビ朝日系)のご意見番となっている古田新太さんや、“モテエピソード”が度々出てくる吉田鋼太郎さん、旅番組などで“鉄オタ”を披露している六角精児さん、芸人顔負けのトーク力・リアクション力を披露する生瀬勝久さん、相島一之さん、温水洋一さん、大倉孝二さんなどもバラエティーで活躍。交通渋滞中の脇役街道は、多くの俳優が新たなフィールドにチャレンジしていることが伺えます」(同氏)

現状のバイプレイヤー人気では、主演作に挑む場合、“あの名脇役が主演に”などと言われてしまい、純粋な主演俳優となるのは難しいかもしれない。もともと脇役として多数の映画やドラマに出演していて、今や主演として活躍している俳優は、佐々木蔵之介、大森南朋、阿部サダヲ、堺雅人、木村多江、つい最近だと高橋一生、安藤サクラ、高畑充希、吉岡里帆などがいるが、彼らは“名脇役”という看板が掲げられる前に主役に転向している印象だ。

■決して一過性のブームではなく、名脇役たちを重宝し続けるエンタメシーンに

数多くの映画やドラマで“その他大勢”を演じ、Vシネマ創成期を支え、文字通り泥水をすするように映像業界を縁の下から支え続けてきた名脇役たち。そんな苦労の跡が、当然のように演技にも深みを与え、その表情や雰囲気にも独特なダンディズムが加味される。

そんな名脇役たちが、昨今のバイプレイヤーブームによって脚光を浴びることは非常に喜ばしいことであり、名脇役たちを主役に据えたコンテンツを多く発信していく制作サイドの姿勢も素晴らしい。だが、1つの作品に出演できる俳優は限られており、ましてや主演を張れる名脇役ならばなおさらだ。そして、バイプレイヤー人気により、多くの脇役たちが脚光を浴びることで、逆に脇役が“あぶれる”という皮肉な現象も危惧される。彼らの存在感が多くのエンタメシーンで重宝されるのは、疑いようのない事実。決して一過性のブームではなく、今後も“余人に代えがたい”名脇役たちを大事にするエンタメシーンであって欲しいと切に願う

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180206-00000347-oric-ent

気になるネットの反応は

名無しさん
バーターでもない限り脇役こそ実力で選ばれているんだから、能力ある人が表に出るのはいいことだと思う。たしかに多すぎてその傾向が飽きられてしまうのは怖いな
名無しさん
ちょっと前まではあの脇役が初主演みたいな触れ込みをしてたけど、最近は脇役を脇役として活かそうとする番組が多くて良い傾向。昔は深夜番組を無理矢理ゴールデンに昇格させて山ほど潰してきたけど。
一方でアイドルの場合はみんなが主役になろうとして、結果ろくなのがいない。AKBなんてあれほど数がいて、野呂、大家ほか数名しか脇役が出来る人がいない。主役が多すぎる。
名無しさん
名脇役の面々を挙げられていますが、女性がほとんど見当たりません。
そんなに需要がないの?そんなことないよね?
腹立つ親父
主役にジャニーズの大根役者を使うドラマが多いので、周りを名脇役で固めないとドラマが成り立たない。
名無しさん
視聴者には無名でも主役級から重宝され、引き立てることに役者魂をかける人はたくさんいる。
時代劇の名斬られ役の福本清三さんのように、その人がいるから主役が際立つ、その人がいるからシーンが軽くならないのが名バイプレイヤーかなと。
名前がない香川照之さんはバイプレイヤーじゃないんだ。
名無しさん
女性にも名脇役、たくさんいらっしゃいますよね。
自分は、久保田磨希さんや平岩紙さんや山口紗弥加さんやキムラ緑子さんが好きです。
演技が神レベルに上手いので、ついついドラマに惹き込まれてしまう。
名無しさん
ニッチな需要を掘り起こしたテレ東は凄いと思う。
んで、東京キー局と言われている所がその真似をして二匹目のドジョウを狙う。
脇役の方にスポットライトを当てるのは良いが消耗品みたいな扱いはやめて欲しい。
名無しさん
エンケン:コワモテだけど実はいい人の役
松重豊:コワモテだけど飄々としている人の役
小日向文世:温厚そうだけど、実は怒らせると滅茶苦茶怖い人の役
大杉漣:いつも何かに悩んでいる定年間近のサラリーマン役
寺島進:コワモテだけど実は小心者の役
光石研:優しい笑顔の奥に底知れぬ闇を抱えている人の役
國村隼:権力欲に捉われる策略家(でもどこか抜けている)人の役
中村梅雀:みんなのまとめ役的な好人物、でも大事な時に逃げてしまう人の役
田口トモロヲ:飄々としているが、いざという時は意外と頼りになる人の役
名無しさん
主演はその時の人気や話題性で選ばれ、脇役は俳優としての実力で選ばれる事が多いと思います。
脇役は、しっかりとした演技でドラマ全体や主役を盛りたてながら、目立ちすぎてはいけないという難しい役割なので、とても幅広い実力を持っていなければならないのでしょう。
これからもがんばって、素敵なドラマを作って頂きたいと思います。
名無しさん
声優だとジャイアンの母ちゃん、めぞん一刻の一の瀬さんもやってた
女優 青木和代さん
キング オブ ザ おばちゃん
名無しさん
名脇役のおかげでドラマが楽しい仕上がりになってるのも多い。
演技に味があり上手な人が多いのも確か。あの人出てるから観ようと思う人もいるし。
ただ、脇役だからこそ生える人もいるから、主役になってよかったなと思える人ばかりではないかな。
藍より青く
脇役から主演俳優になってる人も多数いるね。
内藤剛志さんも結構長いこと悪役やってたし。
悪役商会なんてのもあったしね。
若いうちに美男美女で主役持ってた人は逆に主役から脇役になってしまうのはいたしかたないのかな。
名無しさん
木村多江さんも好きだけど、キムラ緑子さんも好き
名無しさん
書いてあることはそれほど的外れでもないんだが
中野ナガさんの文章がナガいわ
もっと要約できるだろ
名無しさん
ドラマも映画も、演技力を基準に俳優さんを決めて欲しい。そう思っている視聴者がほとんどだと思う。
実力ないのに人気だけで主役になると、まわりに食われる。脇の引き立て役みたいな主役って、観ていても気の毒。
名無しさん
主役とか脇役とかあまり意識して観ないな。役柄に合っているかどうか、そのストーリー性等々、観ていて「次回が気になる」と思える番組作りをしていただければ良いと思います。
ただ、好きな俳優さんが登場するもので、観たいと思う事はあるでしょうが、観てみて面白くない物もあります。
主役とか脇役とか名脇役とか、業界人が勝手に想像している事じゃないの?
もちろん才能あるのに起用が少なく表に出ない人もいるんだろうけど、それはまた別事情でそうなっているはずだし。
芸能の世界やTV界業界、はたまた政治家さん含め、庶民目線で考えてほしいですね。自分たちの都合や先入観ばかりじゃ観ていて面白くない。
政治は面白いとかじゃないけど、今のままではエゴの塊で信用できない。そうなってしまいますね。
名無しさん
吉田さん、生瀬さん、佐藤さん、荒川さん他、脇役やる人は舞台上がりの人が多い。
しかも、今でもたまに舞台やるし。
そこら辺が、TVドラマしかやってない俳優との違いだと思う。
名無しさん
昔から能力のある役者さんに光が当たる事はあったが主役の存在感が凄いからなかなか目立たなかっただけでしょうね。要は主役を張る者のレベルの問題でしょう。
役者修行をしっかりやってる実力のある人達が増えたというより存在感の劣る人が主役をやれば実力のある脇役が目立つのは当然でしょう。
名無しさん
逆にバラエティー等に出演して欲しい俳優はもっと沢山存在すると思うし、それを望む声も多いと思う。
特番や番宣でチョロッと出るだけではなく、トークも聞いてみたいなと思う俳優さんは多い。
お笑い芸人やらジャニーズだらけに成ったて、マンネリ感があるが、そんな中でドラマや映画で慣れ親しんだ主に脇役の俳優さん達に、本業以外でスポットライトが当たるのは、新鮮さと共に親しみを感じる。
交通渋滞なら交通整理して、新たな人材も発掘して欲しいものだ。
名無しさん
主役は会社の社長なのでオーラだけがあれば良い。御輿を担いで一生懸命汗かいて働く社員が脇役。会社は社員の働き方次第で良くもなり悪くもなる。
名無しさん
女性の需要は無いのかな?
そっちの方が面白そうだ。
NO*NAME
確かに演技派であるけれど、名前を知られるようになるまでは、主演とセットのように、あのドラマで共演していたと思ったら、この舞台も一緒ということもあったと思います。仲間由紀恵さんと生瀬勝久さんのように。
最近は、小栗旬さん派??の方が多いかなという感じです。
きっかけとして事務所や誰かの手を借りないと、抜きでるのはキビシイと思います。
ワンチャン生かせる実力と、ちょっと謙虚な姿勢の方が出てきてる印象です。
名無しさん
ドラマの番宣に駆り出されるから素顔が分からないミステリアス
な俳優っていなくなったな。
kokoron
脇役、妙な違和感(下手というか邪魔になる感じ)感じると二世が多いからやっぱりなっと感じる
なにはともあれ主役を張れる若手や女優陣は全般的に数が少なすぎる
スポンサーの関係としか思えないが
育てる努力は必要かと思う
名無しさん
バイプレイヤーの活躍が目立つのは、主役を張る役者に真の「スター」がいないからwww
特に某事務所系のコネ主役がドラマや映画で増えてきたから余計に脇を固める役者の「演技」が目立つ状況が増えてきた事も影響しているでしょww
名無しさん
キャストは無難に選ぶ傾向が強いからな。
テレ東ドラマのバイプレイヤーズに出てないところでもかなり多くの安定した脇役がいるので使う方も冒険をする必要がない。
つまり無名の役者になかなかお鉢が回ってこない。
良い面も悪い面もあるけどひとつ言えるのは昔の人たちより全体の演技力は圧倒的に上がっている。
名無しさん
逆に主役クラスの特に若手がイマイチ、軽い感じでいつも同じようなメンツ。
名無しさん
生瀬さんや古田さんは元々劇団の看板俳優。舞台では主演クラスをドラマで脇に使うっていうのはぜいたくかも知れないけど、実力を無駄遣いさせているようにしか見えない。
名無しさん
ドラマではあまり見ないけど、本田博太郎さんがCM出まくりだと思います。
名無しさん
一昔前「スケバン刑事」という人気ドラマがありました。特にⅡとⅢ.
メインキャスト6人は一人(相良晴子さん)を除いて学芸会(以下?)レベルの演技力でした。
でも、エージェントとして蟹江敬三さん(Ⅱ)・萩原流行さん(Ⅲ)が脇にいて、彼らのプロ中のプロの演技でドラマが締まっていた。
AKB・ジャニーズ・EXILEが主役を張る今、名脇役は何人いても困らんと思います。もちろんちゃとした役者さんが主役のドラマでもより質が上がる訳だし。
名無しさん
多様性がないことが最大の問題。若手男性俳優は、イケメンかジャニだけしかいない。演技がうまい若手もいるはずなのに、それを発掘する力が今のテレビにはない。
名無しさん
脇役の人たちのラインナップで観ようと思うドラマや映画がある。
俳優さんだけで面白そうと思って見始めたら、いつも監督や脚本が三谷幸喜やクドカンだったりするw
名無しさん
この記事に國村隼さんと渡辺いっけいさんが入っていないのが気にくわない。
今では主役級になったけど、阿部寛さんも凄い。主演になったら主演の風格漂うし、バイプレーヤーに回ったら、主役をうまく引き立たせる演技を見せてくれる。
名無しさん
主役、脇役と線を引くのもどうかと思うけど。
主役は顔や話題だけで獲れる。
脇役はそれなりの力が備わってないと呼ばれない。
よって名脇役に味も演技力も優れた方が多いのは当然。
名無しさん
脇役やってる人は色んな設定になれたり個性強い役柄など実力ある人ばかりだし良い傾向だと思う。。
逆に主役やってる人って容姿優先で、大手事務所の人ばかり。
日本の芸能界って実力無くても大手入ればゴリ押しされ、実力あっても大手以外に入ると脇役人生だが息の長い活躍する可能性高い。
名無しさん
大物化、人気キャラ化し過ぎて、本当の単なる脇役で使いづらくなってしまった人も多いと思う。
名無しさん
ここに挙げられた役者さんたちの多くは、
舞台では名だたる演出家たちに主演を望まれるような
実力のある役者ばかり。
テレビのものさしでは脇役なんだろうけど
舞台を観たら、その認識はひっくり返ると思う。
mil*****
名無しさん
ちょっと演技としてはアレな役者さんやアイドルさんが主役でも(それはそれで良いとも思ってます。そうやって経験積んで、良い役者さんになっていけばいいんですから!)、脇を固める役者さんが良いと、何とかなってしまう事が結構あるように思います。
貴族探偵なんて、脇の松重さん、滝藤さん、中山さんがいたから何とか面白さも出せたのでは?(相葉くんが悪いのではなく、あの貴族は相葉くんに合ってなかった)
名無しさん
裏を返せば
存在感のある
主役が張れる
スターと言える
役者がいないと
言う事だろう
Soon
もともと役者さんは多いのだから‘‘ライバル過多‘‘はあたりまえでしょ。それより、スピンオフのヒットで、いわゆる正統派の俳優以外にも需要が有るのを製作者側が注目しているってことでしょ
孤独なポチ
本来あってはならない主役食いをしてしまうからね。
そう考えると主演って大変なんだと思うわ。
名無しさん
今回もエンディングは竹原ピストルに歌って欲しい!
名無しさん
この記事なかったら夜見逃すところだった!ありがとう!
名無しさん
主役の力量がないのに主演をやらしている風潮こそ憂えるべきでしょう。主役は主役の味、脇役は脇役の味があるはずです。今求められているのは実力がある主役です。
名無しさん
あと段田康則さんも加えて欲しいです。
名無しさん
いやいや、テレビでも映画でも同じような顔ぶればかりじゃないか?
who
ippee
主役級俳優よりも格安なギャラも起用の理由かもね。また、脇役の俳優さんは個性的な人が多いから期待できるね。
名無しさん
私は何と言っても、京都 剣会の福本さんですね!
あの方こそ、脇役中の脇役!
主演もなさっている名脇役です。
人柄も素晴らしい!
名無しさん
ドラマ「バイプレイヤーズ」の復活嬉しい!
しかも深夜枠から昇格!
でも寺島進さんがいなくなってるのが残念!
名無しさん
列挙してある中にただの脇役って感じの人もいるよね。何十年と脇役やってきた人が名脇役と言われるのならば分かるが。
こぶたぬき
それを世に知らしめたのが今の朝ドラの輝かないヒロイン、脇役集めて何とか視聴率アップを狙ってます。
名無しさん
名わき役がたくさん出てきても、ちっとも邦画が面白くならないのはなぜか?
そっちを論考してくれた方がみんなのためになると思う。
既にできたものを論じても全然面白くないし、役にもたたない。
ただの現状追認。
名無しさん
豊原功補もいい味出してる役者さんだと思いますね。
moss-hear
ドラマを多彩につくらなくなり、なおかつ同じような俳優しか使わなくなれば、それは「供給過多」なのだろうか。
名無しさん
ほとんどおじさんだが、女優と男優の若い頃のニーズの差だろう。長い人生を考えると死ぬまで俳優というのはこちら。美人が必ずしも得でない例。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする