古市憲寿、ワイドナショーでプロレスファン を敵に回しまた炎上?

4日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、社会学者の古市憲寿氏が「プロレスってそもそも本気なんですか?」と発言し、ファンの怒りを買っている。

番組では、アメリカのプロレス団体『WWE』の「ロイヤルランブル」で日本人プロレスラー中邑真輔が勝利した模様が紹介される。

松本人志やゲストコメンテーターの山里亮太はプロレス・格闘技好きなだけに、その様子に拍手を送った。

さらに、プロレスに詳しいお笑い芸人のハチミツ二郎がWWE最大のイベント「レッスルマニア」の様子を紹介。8万人規模の会場に観客がぎっしり入り、花火が打ち上がる様子に、コメンテーター陣は驚きの表情を見せた。

日本の情報番組でアメリカのプロレスが取り上げられることは極めて異例だけに、ファンからは歓喜の声があがる。

ところが、これに冷や水をぶっかけたのが古市氏。「どうですか?」と問いかけられると、「え、そもそもプロレスって、本気の戦いなんですか?」とハチミツ二郎に質問。松本が「またそんなこと言う」とこぼす。

ハチミツ二郎が「風邪引けよ、本気に決まってるじゃねえか」「日本ではスポーツとしてやっているが、ここ(WWE)に関してはもう、スポーツ・エンターテインメントだと言っている」と怒りながら上手く切り返し、場の空気を収める。

しかし、古市氏は「相撲より本気なんですか?」と追い打ち。ハチミツ二郎は「相撲も本気だよバカヤロー」と叫び、「ちょっと貴闘力さん呼んで」と笑わせ、番組は終了となった。

古市氏としては素朴な疑問をぶつけたのだろうが、視聴者のプロレスファンは激怒。「侮辱された」「プロレスを舐めるな」「プロレスラーは命を掛けて本気でリングに上っている」「相撲までバカにした」など非難轟々で大炎上に。

その怒りは放送終了から1日経過しても収まらず、むしろ火の輪は広がりを見せつつある状況。

ただし、非プロレスファンからは、「そういう意見も当然出る」、「俺もそう思っていた」など、同調意見も。彼のコメントに共感している人も、一定数存在しているようだ。

「古市氏は、良くも悪くも思っていることを口に出してしまう。4日の放送では芸能リポーターの長谷川まさ子に『くだらない質問をする』とバッサリ切り、長谷川が『くだらなくはない』と反論し、一触即発となっている。

そんな緊張感のあるコメントを松本は気に入っているのでしょうが、少々やりすぎな気も。

本人はそんなつもりがないのでしょうが、各方面に喧嘩を売るような発言は、控えないと後々痛い目をみることになりますよ」(芸能関係者)

張本勲氏とならぶ炎上コメンテーターとの声もある古市氏。「素朴な疑問」をぶつける前に、言葉を選んだほうがいいかもしれない。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180206-00000009-reallive-ent

気になるネットの反応は

8月のライオン
ハチミツ次郎氏の返しが秀逸。
名無しさん
真のプロレスファンは別に怒ってないと思う。こういった発言すらも楽しめるのが、プロレスファン。
名無しさん
ファンかファンでないかで、意見は別れるだろうが、WWEがエンタメとしているのだから、認めてもいいと思うがテレビでは言ってはいけないことなのかな?
名無しさん
純粋に知らない人から見たら、『この技避けれるよね…』とか色々と疑問は生まれるとは思う。
名無しさん
三沢が亡くなったり、高山や北斗が大怪我したりと、そんな本気っぽい面はあるけど、基本的にはリアルじゃないよね。
アメリカなんてモロにじゃれあいなのが分かる。ピープルズエルボウでスリーカウントなんて、その典型じゃん。
で、それを解った上で楽しむのがプロレスだと思ってるけど。
名無しさん
エンターテイメントだと私も思ってた!
本気で仕事をしていると思う
kyhoi・・・
張本氏と古市氏は全く違うと思う。
古市氏は、自分の専門外のことに対する、世間のそこそこの人数が思っていても言えなかったことを言ってくれるから、ニーズがある。もちろん全員の意見の代弁者にはなれないので、反発があるのは当然の話。
張本氏のは、ただの独りよがりの侮辱。特にアスリートに対しての侮辱がひどい。元アスリートとは思えないぐらい、最低な発言が多すぎる。
名無しさん
昔は馬場&猪木がタッグ組んでいた時はプロレスファンでしたが今はパフォーマンス的ショーとして捉えいます、控え室の会話を聞いてから覚めてしまった、ショックでした冷静に考えれば本気でしたら死んでもおかしくないよね、いかに身体を鍛えて面白く見せるかですよね、他の人もそうじゃないですか?
昭和時代
そこまで大袈裟にするネタなのかが疑問。方々に喧嘩売って…とあるが、それで叩かれて居なくなったとしても自己責任だし、そこら辺は本人も分かってると思う。
名無しさん
馬場さんの「シュートを越えたのがプロレス」って発言。当時はあまり理解出来なかったけど、今となってはよく分かる。
プロレスファンからすれば本気か本気じゃないかなど愚問。
プロレスはそんな次元で観るもんじゃない。
名無しさん
プロレス好きじゃ無かったらそういう意見になるわなそりゃ。
名無しさん
ファンでなければこう言った冷めた意見有りかなと思う
名無しさん
古市氏はよくこの様な質問をするけど芸能リポーターに関しては正しいと思う。
名無しさん
プロレス好きだし、DVDも何枚も持ってる。試合も見に行くけど、正直リアルじゃないのは誰が見てもわかる。
でもリアルじゃない中でも過激なこと(本物の血がでる)やってるのが面白いんだね。
それも「本気」な内に入るんじゃないかな?
つか
本気で体を動かしている。ギリギリのところでやっている。なので、失敗すると大怪我する。技の掛け合い。そういう世界観を見るエンターテインメント。いわゆるガチンコとは違う暗黙のルールがある真剣勝負とでも言うのかもしれない。
名無しさん
まぁ本当はハチミツ二郎もプロレスは真剣勝負じゃなくてショーだよってのは言ってもいいんだろうな、
けど日本のプロレスはハッキリとエンタメだって事は公表してないからあそこの場面でそんな事は言えんわな。
古市に本気で怒ってる人は、新規の新日ファンの人たちじゃないかな?
コアなファンはなんとも思ってねーよ。
中邑の凄さは、野球やボクシングで例えるよりも、世界的な超話題作の映画の主演に選ばれたと考えた方がしっくりくる気がする。
総合やボクシングで勝ち抜いてって考えると非プロレスファンからすると八百長なのにってなっちゃう。
しかし、ホーガンやサベージ、ブレットハート、ショーンマイケルズ、アルティメットウォリアーが勤めたレッスルマニアのメインに日本人がが選ばれるってのは非常に感慨深いです。
四天王プロレスにどっぷり浸かった全日ファンの俺からすると、ちょっと複雑だけど笑
名無しさん
日本のプロレスはなぜそのへんをあやふやにするのかな?
ヤオかガチの入り口の部分で門を狭くしてると思う。
その先に楽しさ素晴らしさがあるのに、食わず嫌いを多くさせてると思うし、ファンの中にもその部分にこだわってちゃんと楽しめて無い人も多いと思う。
プロレスをヤオだのガチなど言ってるのは日本だけ。
中邑選手の快挙もエンターテイメントのトップに日本人が遂に立つという快挙である意味ガチでトップになることより難しい事ってわからないと盛り上がらないと思う。
namahagemaru
ガチか八百長か?
ずーっと言われ続けて来てるね。
俺はプロレスが好きやけど、どっちでもええんちゃう?
そりゃあ、ガチの方がええんやろうけど、仮にヤオやとしても、あんな技を受けてまでシナリオをこなせるとしたら、それは既に超人。
一般人が、ラリアットとか、バックドロップとか受けてみ?
垂直落下とか、意味わからんで。
実際、あの三沢光晴氏(受け身の天才と言われていた、相当強かったと思われるレスラー。)でさえ、リングで命を落としたんやから。
それ、もはや、議論の余地はないんとちゃう?
結果は決められてたとしても、技自体はガチかも知れんし、技に耐えられる体を作っているのは、ガチ以外の何者でもないやろ。
きっと。
そして、そんな論争さえも飲み込んでしまう位に懐が深いのも、プロレスの特徴。
一回、偏見をなくして、素直な目でみたら、その凄さがよくわかると思う。
因みに俺は武道家。
GiantsFan
俺はプロレス大好きだけどガチとかじゃなくて
究極の我慢比べだと思っている
だって相手の急所だけを狙って攻撃すれば
もっとあっけなく試合は終わるでしょ
でも会場に足を運んだファンはそんな事望んでいない
その選手の代名詞の技は絶対見たいし、感情移入したい
そんかわがままなファンに命削って応えるプロレスラーを尊敬している
名無しさん
技をかけた人の技を魅せる、いかすには
受けてもらわないと。
技をつくる、受ける為には自分の身体を
鍛える努力をしなければならないし
ただ単純にですけど
すごい技がでれば凄いと思い興奮するし
かけられたらどうやってかわしたり
攻めに入ったりするワクワクを感じて見てます
その中に本気もあれば、シナリオもある。
それを楽しめるのがプロレスを見ている人かな
私は選手それぞれの入場曲、カラーも好きだし
カッコイイと思います。
名無しさん
わかんないから聞いただけでしょ?
わかんないのにわかったフリしてそこにいても何の役に立つの?
そもそもどうしてプロレスファンは怒るの?
キチッと説明してこそファンの裾野を拡げられると思うんだけど。やましいことがなければあの質問にはイラッと来ないでしょ。
namahagemaru
ガチか八百長か?
ずーっと言われ続けて来てるね。
俺はプロレスが好きやけど、どっちでもええんちゃう?
そりゃあ、ガチの方がええんやろうけど、仮にヤオやとしても、あんな技を受けてまでシナリオをこなせるとしたら、それは既に超人。
一般人が、ラリアットとか、バックドロップとか受けてみ?
垂直落下とか、意味わからんで。
実際、あの三沢光晴氏(受け身の天才と言われていた、相当強かったと思われるレスラー。)でさえ、リングで命を落としたんやから。
それ、もはや、議論の余地はないんとちゃう?
結果は決められてたとしても、技自体はガチかも知れんし、技に耐えられる体を作っているのは、ガチ以外の何者でもないやろ。
きっと。
そして、そんな論争さえも飲み込んでしまう位に懐が深いのも、プロレスの特徴。
一回、偏見をなくして、素直な目でみたら、その凄さがよくわかると思う。
因みに俺は武道家。
名無しさん
私もプロレスはガチの試合ではないと思います。プロレスはわざと相手の攻撃を受けてるし、そもそもガチの試合はMMAのような試合だと思います。
名無し
今は少なくなったけど、台本と違うガチの試合がいきなり始まる瞬間があってよぉ、それが最っ高に興奮すんだよなぁ!!
これが分かんないなんて、人生半分損してるぜ!
名無しさん
本気かどうかはともかく、内輪揉めなのか、本気で喧嘩してるのか解らない。
昔は、新日の方がアクロバティックな技で面白かった。
今は無茶な技でけが人出してるのが好かん。
全日は紆余曲折あったが、地味に昔のままだ。
記事でエンターテイメントって言っちゃってるが、技と技の試合を見たいね。
名無しさん
あの場面、ちゃんと説明できる人間がいなかったことが残念でならない。
私も非プロレスファンなので、中邑氏が優勝したと言われても「でもガチじゃなくシナリオが決まってるんでしょ」と思ったし、古市氏の質問もそう捉えた。
シナリオで決まってて「優勝した、すごい」と言われてもね。
ただ、他の記事のコメントで、その役に選ばれること自体が、白人主義アメリカにおいて、異例で、中邑氏の日頃の努力が実を結んだ結果だと知れた。
ワイドなショーはプロレス番組ではない。
いろんなことを取り上げるうちの1つに、たまたま中邑氏の快挙の話になっただけ。
熱心なプロレスファンを歌うなら、そこまできっちり説明してくれればよかったし、情報番組ならそこまでやるべきかと。
名無しさん
いや普通に本気だと思うけど?
ただ本気のシナリオだという事、興行なんだから本気でやらなければファンは付かないし飽きられる。
あくまでサービスを売ってるのがプロレス、youtubeで大好きだった佐山タイガーの試合を見ると技の流れが毎回同じだからシナリオだと納得できたよ。
名無しさん
ショー的なところはあると思うけど、生半可な気構えでやると死ぬから本気で取り組んでると思う
それとは別に、芝居がかったマイクパフォーマンスが苦手
名無しさん
古市さんは、空気が読めない、他人の心が分からないだけだと思います。
ただ、中邑選手の入場シーンとかを全くプロレスを知らない人が見ると、失笑しちゃうかも。
これは社会的認知度の差で、例えば歌舞伎や狂言のしゃべり方だって初めて聞く人は笑っちゃうと思う。
人気が上がってもっと沢山の人が楽しむようになれば、こんな場違いな質問も無くなると思います。
ponsuke
古市君の意見も分かるんよ、日本では、長らく真剣勝負に見せてきたからね、UWFとかさ。
今の新日本を見せれば、一発でエンタメだと理解してくれると思うけど。ただ、死や大怪我と隣り合わせの危険なことをやってるのは知って欲しい。
名無しさん
相撲はモンゴルの星のやり取りがバレちゃったからね。プロレスは好きで見てたけどよくレフリーはカウント2.9で止められるよね。
名無しさん
古市氏の著書を読んだことはないが
ワイドショー、情報番組のコメンテーター
てしては、番組や司会者の思惑をまったく
忖度しないところが、かなり面白い。
このままの方向で!
にしても、こういう記事を読むとファンの
年齢層だけじゃなく、プロレスの見方まで、
すっかり変容したんだな、と衝撃を受ける。
ゼロ年代前半位までは、熱狂的なファンに
なればなるほど、フェイクであると認識して
いたし、ブックがあるからこそ、プロレス独自の
面白さがあると思っていたのだが。
名無しさん
ファンでは無い人からは、プロレスは微妙な、ハッキリしない、胡散くさいジャンルのスポーツに映ると思う。でもこのジャンルを好きになる人は、普通の人には無い感覚、受け入れる事が出来る特別な感覚があると思う。
名無しさん
プロレスってどのくらい本気なのかがわからない。
名無しさん

名無しさん
過去、同じやりとりは何度もあった。落とし所をはっきりさせないから、いつの時代になってもまた同じ議論をする。プロレスというジャンルがどういう背景で生まれて、ひとつの産業として発展してきたか、その功績は大きい。その流れをくんでいる現役の人たちにはまた、いわゆる本気であるか本物であるかはまた、次元の違う話。同じレベルで話せば、テレビドラマは?映画は?演劇は?ということになる、いずれも台本ありきだ。この台本に異議があるのか、台本通りに動くことが異議なのか、それもまた明確になってはいない。では結末が決まっているからといって、観るのをやめるのかといえば、それはやめない。これがわかってて観ているのが今のファン。※かつて奥様にヤオと言われて引退したレスラーもいますが、最終的には観た人間が自身で決めればいいだけ。
青ポチの夢。
古市さんの言う通りだと思う。
ガチンコ(に見えるとき)のプロレスは観ていて楽しいが。全部は無理なのでは。相撲も。
タイトル戦とかは、ガチンコであってほしいけど。
中村真輔選手は好きだけど、WWEでタイトル戦まで行くのは、その方がエンターテイメントとして盛り上がるからそこまでの道のりを作っているのもあるのではないかと、勘ぐってしまう。
実力ももちろんあるだろうけど。
一番、こりゃないな…と、思うのは、序盤にお互いがロープに振ってアクロバティックな動きして、技を返す応酬とか、練習してなきゃできないだろうと思う。
青ポチの夢。
名無しさん
プロレスはショーとして本気で演じてるんでしょうよ!プロとして、それには身心共に鍛えないとやっていけないし、ガチではないけど、本気でやってるでしょ!実際、試合中の事故で亡くなっている方もいますし…
古市さんの本気ってなに?ガチのやりあい?
それは、ただの喧嘩、傷害でしかないのではないですかね?
名無しさん
そんなの関係ない
その試合が面白いか面白くないか
それだけだ
名無しさん
プロレスを昔から見てきた者としては…怒りは沸かない。大筋が決まっている時もあるから。でも、技を受けきる、打撃に耐える為には、それ相応の鍛え上げが必要。怪我もある。相撲も同じ。死んでしまうこともある(三沢ファンです…)。
前から、古市氏のコメントは、頭がいいのか悪いのかわからないものが多かった。番組やら放送局に飛び火する前に、呼ばない方がいいと思う。
名無しさん
プロレス好きの人を批判するつもりはないが、自分もプロレスはあまり好きではない。
なぜなら他の格闘技に比べて、エンターテイメント性が強すぎて『魅せる』部分が全面に出ているから。ルールに則ったガチンコの真剣勝負のほうが見応えがあって個人的には好き。
tokumei
二十年くらい前に、
このコメンテーターの発言を聞いたら
怒っていたかもしれない
けど、今のいろいろなプロレスを見てると、
この発言に怒る気にはなりませんw
名無しさん
ハチミツもプロだから
あれは絡みネタですよ
大袈裟だなーアホか
名無しさん
プロレスはただ単に勝てば良いという訳では無く、如何にして魅せつけて勝つかを見るエンターティメント。
ガチンコ勝負を見るのも、技を受けきってフィニッシュで逆転勝つのも、面白い。
プロレスを知らない人に理解させるのは、実際リアルタイムで見る以外に難しいことをファンは経験則で知っている。
名無しさん
プロレスは興業でもあるので、お客さんを盛り上げるための型みたいなものだったり、相手の技をあえて受けたりとショー的な部分はある。それが本気でないように見えるかもしれないが、一連の技は命がけで本気でやっている。
しかもレスラーは男性ホルモンがすごい人たちだから、相手を制することに飢えている。タイトルマッチは本気でしょ。
名無しさん
「本気の戦いなんですか?」って聞かれて怒る意味が分からない
世の中みんながプロレスに興味ある訳じゃないし、そういう疑問を持つ人がいても不思議じゃないでしょ
kot*****
XXX.
アメリカはわからないが、日本のプロレスは明らかに八百長
本気で蹴ったりしてないし、技かけられる側も協力しながら技だしてるのが見え見え
片膝立てながらさあ膝使ってどうぞとか、戦ってると言うよりいかに痛そうに魅せるかが見え見え
??ゴキブリが現人神に見えた靖國バカ??
彼等は本気だよ
ただ
彼等は面白く見せなければならないからね
その配慮してるんだよ
それに
彼等が本気で試合したら死人や怪我人が続出するからね
だから危険な技を使わないだけだ
それに
プロレスラーは素手で喧嘩しても強いよ
名無しさん
今回の件、松本の発言が一番イラっときた。
ハチミツ二郎さんが言うように、ショー、つまりヤラセでええんちゃうん?
名無しさん
あの発言は面白かった(笑)プロレスも相撲も本気だが、ああいう空気読めない発言が面白くしていると思う。
名無しさん
本気、本気じゃないなんてどうでもいい話。見ている人が楽しめば良い。エンターテイメントなのだから。
名無しさん
古市はイラっとさせるプロ
炎上させるのが仕事だと思ってやってるから、相手にしない方がいい
悪意がない訳がないと思えるもの
名無しさん
古市さんの考え聞いても、何も解決しないよ。
名無しさん
本気のエンターテイメントです。そのために、訓練?練習を重ねています。そうでなくては、殺し合いになる。それを望んで本気ととるのかは、見る側の資質では、ないでしょうか?素朴な、素直な、疑問なんでしょうけど。もう少し大人に。
名無しさん
本気で受けて本気で返す、この消耗戦の極みがプロレス。相撲は横綱だけが受けの取り組みを望まれる、けどエルボースマッシュかます白の人もいる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする