『西郷どん』はフェイク山盛り!時代考証家がツッコミ?今更何? 

1月7日、ついにNHK大河ドラマ『西郷どん』が始まった。林真理子氏の小説が原作、『花子とアン』などで知られる中園ミホ氏が脚本。

明治維新の英雄・西郷隆盛を鈴木亮平(34)が演じるが、「史実との違いを探せばきりがありません」と語るのは、鹿児島・志學館大学の原口泉教授(70)だ。

『翔ぶが如く』(1990年)、『篤姫』(2008年)などの大河に携わり、『西郷どん』でも時代考証を担当。その原口教授自ら、史実との違いをツッコんでくれた。

【フェイク1】西郷隆盛と主君の出会い

「第1回の放送で藩主・島津斉彬(渡辺謙)がお忍びで薩摩へ帰り、幼少期の西郷隆盛と出会います。しかし、当時斉彬が住む江戸から幕府の許可を得ずに帰るのは、不可能に近い。

史実ではないので、『天狗』に化けて子供の西郷に会う、というような演出になっています。誤解がないように、番組の最後で、『このとき斉彬が薩摩に来た記録はありません』とナレーションを入れてもらっています」

【フェイク2】西郷は下戸

主君・斉彬と西郷が飲み明かすシーンもあるが、「西郷は下戸です」。

【フェイク3】西郷家と大久保家の場所

大河では、西郷家と盟友・大久保利通(瑛太)の家が隣同士という設定だ。
「実際には、150メートルほど離れていました」

【フェイク4】「妙円寺詣り」は夜

島津義弘の武勇を偲ぶ地元行事、「妙円寺詣り」も描かれている。
「これは本来であれば、夜間におこなわれる行事です。キャストの小学生が夜のロケに出られないので、昼間に撮り終えたと聞いています」

【フェイク5】糸子は幼馴染みではない

西郷は3人の妻を娶っている。3番めの妻が糸子(黒木華)だ。
「2人が幼馴染みという設定も史実に反します。脚本の中園ミホさんが『2人は子供のときに会わせたい』との希望でしたので、『まあ、いいでしょう』と」

【フェイク6】月照と西郷の関係

林真理子氏の原作で、話題を呼んだのは僧・月照と西郷の関係だ。主君の斉彬を亡くし、絶望のあまり切腹を図る西郷を、月照が夜具に誘って慰める。尾上菊之助が演じる月照とのシーンは、どう描かれるのか……。

「2人の関係を、林さんは『ボーイズラブ』とおっしゃっていますが、私は月照と西郷は『一心同体』だったと思います。斉彬の君命を受けた西郷と、孝明天皇の勅命を受けた月照は、まさに志をひとつにしていた。男と男、男と女の愛など超えていたのです」

【フェイク7】糸子の奄美大島訪問

物語の中盤で、妻・糸子が奄美大島に渡り、西郷の2番めの妻・愛加那(二階堂ふみ)とその息子・菊次郎と会う場面がある。

「時代考証の立場からは史実と違うと言いました。ですが、林さんはドラマ上、糸子と愛加那に、女同士で話をさせたかったと。これは歴史小説やドキュメンタリーではなく、新しいジャンルの物語だと思っています。あくまで西郷という人間を描いているのです」

物語のプロット作りから参加した原口教授は、『西郷どん』で新しい西郷像を描こうと試みた。明治維新後、征韓論で敗れ、大久保と対立した西郷は下野して鹿児島に帰る。世にいう明治六年の政変だ。

「私の見方は違います。西郷は大久保と対立したわけではありません。大久保は、内務卿として殖産興業政策を進め、かたや西郷は鹿児島で『農による国興し』を目指した。西郷にとっては、この上なく幸せな時だったはずです」

『西郷どん』の裏番組は、高視聴率を誇る『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)だ。

「ぜひ、そういう番組を観ている若い人に観てもらって、新しい国づくりに役立ててほしいですね」

新たな西郷像が楽しみだ。
(週刊FLASH 2018年1月16・23日合併号)

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180128-00010001-flash-ent

気になるネットの反応は

名無しさん
こういう設定なら面白いのにという脚本家と、いやいやそれはありえないという時代考証の先生のせめぎあいが大河ならでは。
名無しさん
まあ言い出せばキリが無いしw
三国志演義だって真田十勇士だって鬼平だって大岡越前だってへうげものだって史実をある程度ベースにした作品な訳で。
でもいい作品って、「史実」と「創作」の絡め方が凄いと思う。まあそのせいで勘違いする人も多いけどw
名無しさん
ドラマはドラマでいいのだけど、いつの間にか坂本龍馬のようなドラマ発の虚像ヒーローが捏造されるのが怖い。
西郷はそれなりの活躍があるのに残念なこと。
名無しさん
「このドラマはフィクションです」という但し書きを入れないなら、明らかな史実との相違は避けるべき。史実の隙間を創作で埋めるのはありだと思うが、それも時代背景やその人物の性格から見てあり得ない形ではしないで欲しい。
名無しさん
ガチガチの史実原理主義者が視聴者だと歯ごたえないのかな?
自分はライトな1視聴者だから単純に楽しく見てますがね
あと歴史上まだはっきりとしてないことの時は様々な説があって、ドラマ上どの説を採用するかで話題になりますよね?
まぁそこが大河の醍醐味にはなりますが、あまりに史実原理主義者が過激に「あれは違うっ!」ってまくし立てられるのはちょっと…
名無しさん
面白くなるなら改変もアリだと思うけど、「それ意味あるの?」って感じなのも多い気がする
たとえば西郷が下戸だって史実のままのほうが、豪快なイメージとギャップが生まれて親近感があったような
名無しさん
史実とは違うかもしれないけど、
どこかで見たストーリー展開がおおい。
フェイクだけどパクリ
すてお
大河がフェイク山盛りなのを今さら新発見みたいに書く記事に驚き。
名無しさん
昔NHK自身が特別番組作ってやってたと思うけど史実に近い大河ドラマをしていたのは1987独眼竜正宗まで。1988武田信玄から怪しくなってきて1992信長
KINGOFZIPANGUでは架空の人物「加納随天」についてルイスフロイスが語るというなんでもありの設定を行いその後の流れを決定づけた。あとこのコラムも一部問題があって西郷隆盛が衆道を嗜んでいたのは割と知られる処で彼は非常な浮気性。美少年と見れば口説き、旅先には泊めてくれる女がいて気に入らない相手には喧嘩を吹っ掛け最後は死ぬという自由な人生を営んだようです。
hiroポン
ま、ガチガチに史実通りだと面白味がないからねぇ。とは言えあまりにも史実とかけ離れてしまえばそれはそれで西郷さんという人物を間違った感覚で見てしまうようになるだろうし……。境界がなかなか難しいよな。そもそも主人公である西郷さんは《隆盛》って名じゃないしそこからもう史実とは違うんだよなぁ。《隆盛》って名前はこの方の親父さんの名前。
名無しさん
龍馬伝は面白かった。
最後うどんは、伸びなきゃいいけどね。
harunatsu×××××
歴史学だけでは、ドラマ作れないですよね。
ドラマで興味持って、調べたら『本当はそうなんだ』で良いと思う。
子供の頃、東海道沿いに住んでたけど学校の先生は『ここを龍馬も歩いたんだぞ』とは言ってくれなかった。
興味を持ってから自分で調べる方が面白い。
名無しさん
観てます
今日ですね
原作が林真理子で、ビックリ
面白かったらいいけど、これで歴史のおさらいもしたいので、余りに違うのもちょっとね
クドカンの原作はどうなるのだろうと今から思う(笑)
名無しさん
大河なんてそんなもんでしょ。
秀吉小田原攻めの時に北条氏に説得に行くのが、軍師官兵衛だと官兵衛だし、功名が辻だと山内一豊、真田丸だと真田幸村なんだものw
まあこの中で当時の位置付けだと幸村は一番ないと思うけどねw
名無しさん
あくまでドラマというスタンスで視聴者が理解していればいいこと
それよりセリフの方言がわからなすぎる
字幕を入れて下さい
369SS
セリフ一つとっても妄想でありある意味フェイク
それは小説も同じ
エンターテイメントなんだから面白ければそれでよし
ただつまらないとケチをつけたくなってくるのも事実
そしてドラマ見て歴史を学んだ気になっても困る
所詮ドラマと割り切って楽しもうよ
名無しさん
史実物はいかに規制された枠の中で話を作るのかが醍醐味だと思うけどね。好き勝手にいじるならオリジナルで良いじゃん。
mt_feb28
まあ、大河ドラマはあまり観ないけど、ここまでフェイクが数々登場したら観る気も失せてしまう。
知らないで観るならそれまでだけど、こんな史実が無いのに観るのも
辛くなりそう。
名無しさん
戦国武将、幕末・明治維新、赤穂浪士に関わる話が殆ど。そりゃネタ尽きるわな。たまに源平モノや太平記なんかもするけど。個人的意見だが、主人公を固定せずに日露戦争以降から太平洋戦争終戦までの物語をするのも面白いかも。
luna
エンターテインメントなので必ずしも史実に忠実でないといけないとは思いません。
ですが以前「天地人」の脚本家小松女史が「妻夫木君の泣き顔が好きだから」という理由で泣かせたというのを聞いてドン引き。
戦国武将が戦の最中に縁側で奥方の膝枕で寝ていたシーンもありました。
特に近年の女性脚本家に多く見られるのは大河のホームドラマ化。
私は女ですがちょっとげんなりします。
soreike
架空の小説だと思ってみたらいいじゃん。
言い出したらきりがない。
ビスクと胃酸は紙一重
ドキュメンタリードラマじゃないし、別にいい。歴史の勉強ならよそでやればいい。
フィクションをあたかも史実っぽく描いていた司馬遼太郎さんの方がヤバイっす。
名無しさん
忖度放送
名無しさん
何れも致命的なフェイクでは無いように思います。
挙げられていた中では、ゲコの人が酒呑める設定に一番違和感を感じる程度。
歴史の勉強をする子ども達は大河なんて見ませんし歴史モチーフドラマとして楽しめば良いと思うのです。
史実で塗り固めると黒田官兵衛とかどうなってしまうの。
名無しさん
現代みたいに、ドキュメンタリーで取材受けたわけでもないし、本人が生きているうちに誰かに自分のことを書かせて残っていたわけじゃ無いし、亡くなった後、歴史上の出来事を中心に今残っている資料や伝説みたいなのを元に描いたもんでしょう。今回も含めて過去の大河だって、大なり小なりあるだろうに。
そんな事を言ったら、何もみられないね。
名無しさん
難しいところですね、大河「ドラマ」である以上、視聴者を楽しませる演出は必要だろうし。
ただひとつだけ心配なのは、そういったフィクション演出を理解出来ない、知らない子供が史実もそうだったと思い込むことですね。
あくまでこれはテレビ番組と言う認識で見る必要があることを親や家族がしっかり教えてあげて欲しい。
名無しさん
征韓論論争は今では否定する説が有力とも言われている。
だって、その後にすぐに台湾出兵する段階で論理矛盾してる。
あれは、留守政府と使節団のメンバーの私怨に過ぎない。
その中で、義理人情を大事にする西郷は、
あえて自分が去る事で、他の留守政府の薩長に批判的な土肥メンバーを去らせる事で、大久保がやりやすい環境を作ったんだと思う。
ただ、西郷が理想とした武士道で育った弟子達が立ち上がって西南戦争をする際には、自分だけ生き残ろうとは思わなかった。
その辺りが、もはや定説では?
タイガー安藤ドラゴン
時代考証に忠実すぎて「つまらん」だの「画面に華やかさが無い」だの言われた大河もある。平清盛とかは知事(当時)にも「画面が汚い」と言われていたし。そういった意味では、多少のフィクションは仕方ない。
フィクションはフィクションとして楽しみ、史実は史実として学ぶ。それで良いでしょうね。この先生もあくまでアドバイザーとしての立場を忘れて無いのが「大人」という感じ。
名無しさん
そういう意味で史実にはほぼ記録が皆無な直虎は、いちいち目くじら立てる意味もなく本当に面白かった?
あんなもん、大河じゃない。と言われればそうかもしれないが、では大河とは何か?と聞きたい
名無しさん
それ言い出したら型月とか100000億盛り
名無しさん
ウソで塗り固められた「江」の黒歴史がまったく生きていない。
歴史は新発見で見識が変わるとはいえ、現段階の史実を無視したドラマなど見る気も起きない。
子供が歴史に興味をもつきっかけとしては評価するが、いい大人が史実を調べもしないで大河の受け売りしてんのはアホちゃうか?と思う。
3ボギー
毎回ある事だけど今回は更に盛ってるのは感じてた。
7割以上フィクションで楽しんでます。
名無しさん
いろいろと突っ込みたいみたいだが、あくまで大河ドラマ。西郷隆盛の若いときとか、本とかでしか分からない。
フェイクとか言ってたらキリがない。水戸黄門だって、暴れん坊将軍だって、忠臣蔵だって全て史実通りじゃないけど、人気だよ。見てた人いるんだから。
ドラマに突っ込むんなら、NHKの「ヒストリア」か何かに出て、実際はこうですってしゃべればいいじゃん。
ショッカーは何をしよっかー
史実とされている文献の殆どがリアルタイムに書かれたものではないから、どれが事実か分からない。
時代考証の専門家が発表しても、それは分析したうえでの憶測に過ぎない。
名無しさん
NHK大河ドラマは詰まらないから見ない。
名無しさん
最後に「このドラマはフィクションです」って付け加えないと、アホが騒ぐぞ。
flash
最低限できることは忠実であってほしい
子供がロケ時間ででれないのは仕方がないが、他はちとやりすぎ
ヲタウォッチャー
前作なんて、殿様の娘と盗賊の長が結婚してたやん。それでもおもしろいという人がいるのが驚き。もうすぐ江戸時代に自動車が走るで。
名無しさん
なるほど。まあ、林真理子と聞いて、全然、見る気がしないけど。でもテレビだから、好きな方が盛り上がって下さい。
名無しさん
前作の直虎も半分がファンタジー。
史実をねじ曲げない程度の創作は許容範囲。
政宗、信玄と言った往年の大河も創作部分が多い作品だった。
独自の解釈と史実をどう絡めて行くのかが脚本家の腕の見せどころ。
安眠
昔、峠の群像だって史実に忠実になんてやってたら無味乾燥のドラマ仕立てになった。それでも歴史好きの大学生とか見てた。裏で西部警察やってたのにね。今は大学生が時代劇なんか全く見ない。歴史に関心もない。幕末から明治維新がわからない。生き残りが長生きして大正時代にキングメーカーになったとか、そんなに興味がない。入学試験に出てくることしかないかもね。
ダンマリパンダ
フェイクつまり事実と違う創作部分が多過ぎますね。
 西郷どんは、『水戸黄門』ほどではないとしても、視聴者は『フィクション』として楽しめば良いってことでしょうか。
名無しさん
時代劇はそんなもん!と思って観てるから気にもしてませんよ。はじめからノンフィクションとしてるならクレーム対象でしょうけど。時代劇はその時代に生きていないと、本当の史実なんて解らないし。研究が進んで変わる事もあるから。「自分の知ってるのと違うから駄目だ」と騒ぐ必要はないと思います。
riks
突き詰めれば誰がなんて発言したかなんてものは非公式の内容だと残っておらず、あっても口伝でしかないわけだから、仕方ないでしょう。
大河はあくまでエンタメのドラマ。
公的な歴史の勉強になるわけでもなく、巨費を投じて作ってその費用を観ない人からも強制徴収するのはおかしい。
歌番組やドラマや街ぶらみたいな劣化民放的バラエティを作って流す分はチャンネルを分化して、そっちを観たい人は金を払えば観られるようにスクランブルをかけてほしい。
公共の益のためのニュースや災害報道、国会中継などはそれにかかる費用を税として広く徴収すればよい。フルセグの地上波はすでに複数チャンネル流せるのだから、同じ内容を並列で流すよりずっといいだろう。
白き愚者
まあ、司馬遼太郎等の歴史小説家の作品も創作てんこもりだからなぁ。
見る(読む)側に、ドラマ・小説と史実を混同しない知的レベルが最低限必要かもしれんなぁ
(´・ω・)
名無しさん
大河はフェイクが当たり前だと思って観てるから気にしない。
名無しさん
フィラリアも史実通りにやったら凄い。
名無しさん
一般視聴者だが、マニアックなエピソードが史実かどうかなんてどうでもいい
教科書に載ってるような戦争の結果や改革が史実通りならいいよ。史実に拘るなら専門書読めばいいじゃん
名無しさん
別に今に始まったことじゃない。
坂本龍馬と新撰組に交流があったなんてとんでも脚本も昔の大河はあったし。
極端な話、ガチで史実通りだと誰もついてこないよ(笑)
名無しさん
嘘、過大表現のオンパレード、大河をまともに見ると腹が立つだけ、視聴率のためのお手盛りドラマ、受信料取ってまで放送する価値有るか?総務省いい加減NHKお民営化しろ。
名無しさん
竜馬伝の竜馬といっしょでお人よしすぎだよなぁ。
それがいいのかもしれんがね。
名無しさん
戦国時代の武将は男色って聞くけどこの時代にもあったんだろうか、西郷どんのイメージから懸け離れているね。
下戸なのに飲めるとかはキャラがだいぶ違ってしまう、やり過ぎると?となってしまうが演出上必要な改変があるのも仕方が無いね。
松竹梅
史実も事実かどうかわからない
猫貸し屋
誰ひとり見た人はいないのにドラマ見て事実と違うとか言ってるのもなんだかな
ドキュメンタリーでも見てれば?
カバンの中にはのど飴
西郷さんはいんのう水腫だったので馬に乗れなかったという話は本当なのだろうか?
イケメン俳優にその演技やってもらいたいw

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする