素人のど自慢番組が大人気の理由、プロの歌手よりホントに上手いの?

音楽番組が減った――と言われて久しいが、“素人のど自慢番組”はむしろ増えている。

年明け1月3日には「全日本歌唱力選手権  歌唱王」(日本テレビ系)がおよそ4時間半に亘って放送され、翌4日には「THEカラオケ★バトルスペシャル【U-18歌うま大甲子園 最強王座決定戦】」(テレビ東京系)が2時間半。他にも「のどじまんTHEワールド!」(日テレ系)、「今夜、誕生! 音楽チャンプ」(テレビ朝日系)……確かにみんな歌が上手いけど、どこもかしこも、ちょっと多すぎない?

***

古くは「NHKのど自慢」(NHK総合テレビ・ラジオ第1)、1946年に放送開始(当時はラジオのみ)という化け物のような番組も、プロへの登竜門として、山口百恵などを輩出した日本テレビの「スター誕生!」(71~83年/日本テレビ系)などもプロの審査を経て、歌の優劣を競う番組だった。

そこへ、カラオケマシーンという単純な機械による採点で、歌の優劣を競うという斬新な番組を作ったのは、やはりテレビ東京だった。

「何点、何点、ウーッ何点ッ!」

古稀を超えても、なお喧しい司会のマチャアキ(堺正章・71歳)の声が響き渡る「THEカラオケ★バトル」。素人参加番組ながら玄人裸足の歌声を、カラオケマシーンで採点する、“採点番組”のハシリである。

審査員も演奏者も取っ払ったテレ東の企画力
「カラオケ★バトル」という特番での放送がスタートしたのは2006年9月のこと。当初は一世を風靡した歌手が自分の持ち歌でタレントと競う番組だったが、2014年4月からは「THEカラオケ★バトル」と改め、素人参加をメインに据えてレギュラー化。

番組スタート時から見ているという、上智大学の碓井広義教授(メディア文化論)が分析する。

「他のキー局に比べ、圧倒的に番組制作予算が少ないため、企画力で勝負するテレ東らしい番組です。『池の水ぜんぶ抜く』や『孤独のグルメ』なども金をかけずに成功していますからね。そもそも、のど自慢番組は予選などに手間はかかりますが、プロミュージシャンの音楽番組に比べたら、セットも共通、ギャラも不要で、お金がかかるのは、司会と審査員、演奏者程度。しかし、そこから審査員と演奏者の予算まで取っ払ったのがテレ東の凄さです」

「THEカラオケ★バトル」で目玉と言えるのが、「U-18大会」であり、18歳以下の素人(稀にプロも出場)が、常連の“U-18四天王”と競うシリーズだ。今年は年末に過去シリーズの再放送を流し、満を持して1月4日に特番として放送したのだが……。

その前日、1月3日に放送されたのが「全日本歌唱力選手権 歌唱王」。ちなみに日本テレビはこの日、朝7時から「箱根駅伝(復路)」をおよそ7時間に亘って放送し、夜は「歌唱王」で4時間半と、この日1日は2番組で済ましてしまったかのような編成だった。

年に1回放送される「歌唱王」がスタートしたのは13年12月9日のこと。こちらもカラオケで歌を競うのだが、採点は機械ではなく、審査員と視聴者が行う。過去4回に亘って12月に放送されていたが、今年はテレ東にぶつけるかのように1月に放送された。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180113-00536149-shincho-ent

気になるネットの反応は

名無しさん
自分は何気なくカラオケバトルを見て、かえって「やっぱりプロの歌手って凄いんだな」って思ったけどね。
聴き手に響いてくるものレベルが全然違うんだなって分かったから。
もちろん、秋元軍団とかジャニタレとかはプロの範疇に入れてないけど。
名無しさん
確かに上手いんですけど、心に響かないんですよね。歌が上手くてかつ歌詞が沁みる歌い方ができる人は極わずかに感じます。
アイドルは置いといて、やっぱり売れてるプロの歌手はすごいなぁと、番組見てるといつも思います。
名無しさん
カラオケの点数と上手さは必ずしも比例するわけではない。点数が多少低くても味のある歌いかたで上手いと思える人もいる。
それにプロの歌手といっても、アイドル・バンド・シンガーソングライターもいるし、本当に歌うこと一本で飯を食っている歌手まで幅広い。
前者の場合はその立場や詞、曲の良さや味のある歌いかたを含めて評価されている。純粋な歌の上手さが後者の素人に負けることは往々にしてあるが、多様性を認めるべきで、批判するのは違うと思う。
カシューナッシ
皆さんに同様で上手いけど響かないのよね。
そこがプロとアマの差
でも口パクのアイドルよりかはうまいと思う。
xyy
歌は歌唱技術の上手い下手だけではない。プロは個性が1番大事。プロの歌は何度も聴きたいが、歌の上手い素人の歌は1度聴いただけでお腹いっぱい。
名無しさん
知らぬ間に、音程を外さないで歌う・高い声が出る=歌がうまい になってしまった
カラオケの普及で確かに歌がうまい素人が増えたし、素人に近いプロも増えた けど、やっぱりプロの歌手の方が上ですね
名無しさん
所詮、機械相手に歌い、機械受けする歌い方をしている素人の番組に魅力は感じない。プロの凄さはやはり違うと感じる。番組制作費をかけないで数字を取るための努力は素晴らしいけれど。
名無しさん
あの手の番組人気あるんですね。
私はカラオケの点数に特化した技術の大会にはあまり興味がないです。
てっきり出演費用を抑えて制作出来る局の手抜きだと思っていました。
氷雨
素人が歌ってるのを観ててもつまらない
ojiro
カラオケで本人が歌ったら点が伸びないだろうなと思う。
カラオケで高得点を取る上手さでは、プロにはなれない。
万が一なれても売れない。
何も響かないから。
milkyway_philosophy
どの番組か忘れたけど少し見たときに面白そうだと思ったけど、抑揚満載のバラードを声量たっぷりに歌う曲しか課題曲になかったのを見て冷めた。
次世代のMISIAとか伊藤由奈でも見つけたいの?
カラオケ番組なら全然違うけど、夜もヒッパレやって欲しいなぁ。
名無しさん
面白い?
見たことないし、見ないし
素人がカラオケ歌ってるの聴いてるだけでしょ?
カラオケボックスと変わらないじゃん
何が面白いのか・・・
名無しさん
ただ歌が上手いだけ(高得点が出る)では、うぁ?上手いなぁ?と思う程度で終わってしまう。プロの歌は心に響くし、人柄や見た目、キャラクターでファンになってしまう。今、カラオケを上手く歌いたいと思っている人が好んで観る番組だと思う。
名無しさん
上手い下手だけで言ったらプロよりうまい素人は普通にいますよ。ただ歌ってそれだけではないでしょ。少々下手でも心に響くかの方が大事なんですよ。それがプロと素人の違い。
テレビで素人の人が順位を競ってますけど、ほとんどの人は上手いだけ。心に響かないんですよね。だから優勝したりする人でもプロになる人は一部だけなんじゃないですか。
名無しさん
確かにカラオケとしては上手いと思う。ただ感動したり聞き入ってしまうようなプロレベルの人は少ないように感じる。カラオケに合わせてるとはいえプロの方達はその声に魅力がある。魅力的な歌声だなぁって思う人もいるがそういう人程点数低い気がする。特にアンダー18はその傾向にあるように自分は思う
名無しさん
一般の方が「私上手いでしょ」ってドヤ顔だったり機械の音程に合わせて必死に歌ってるの見るよりNHKののど自慢で下手なりに一生懸命歌ってる方を見る方が自分は好きです。微笑ましかったり下手なりに凄く伝わって来る時もあるし。
それにしてもTV局って何かが当たるとこぞって同じような番組…規制やらで新しい事がなかなか出来ないにせよ飽き飽きです。
名無しさん
例えば泉谷しげるや忌野清志郎みたいな歌手はカラオケなんか点数にならないと思う。
けど歌ってのはそれを越えた味があるから良い訳で、機械の採点でそれは解らない。
ママさんコーラスみたいのが高得点出しても心に響かないでしょうし。
名無しさん
口パクがないから安心して見ていられるからじゃないかな。
名無しさん
歌がプロよりも上手い人は世の中沢山いると思う。しかしスターになるには上手いだけでは無理。全ての才能バランスがなければ無理。北島三郎さんが以前カラオケで与作を歌ったらとんでもない低い点数だったと言ってた。自身のヒット曲であり得ない。カラオケの機械もあてにならない。
名無しさん
皆さんが言ってる通り、歌って点数だけで勝負するもんじゃないと思うんですよね。確かに素人で100点出して歌は上手いなーって思いますが、それだけって感じ。やっぱりプロってその歌の状況を思い浮かべさせるような歌い方をしてますよ。素人の僕が言うのもおこがましいですが、プロはプロです。中には人に聴かせられないようなプロもいますがごく一部です。出来ればAKBグループや顔だけのジャニは歌手というジャンルからは撤退してくれたら嬉しいです。
mofumofu
プロの口パクより素人の本気の歌唱のがマシって事じゃないの?
名無しさん
毎回視聴してるわけではないが、歌われてる方の選ばれてる曲が
いい曲を選曲されてるなと思う。アイドル系の曲が選曲されないのが
笑える。アニメはあるのにねw
ここにも書かれてる方多いけど確かに心に響かないというのはわかる
でもカラオケだからこれは別にOKだと思う
ただ上手さだけではプロにはなれないんだとわかった気がした
名無しさん
素人のカラオケをワザワザテレビでみたいと思わない。
上手いとは思うけど、所詮点数出やすい曲だし。
同じように高学歴タレントのクイズ番組も貴重な平日の時間裂いてまでみたいと思わない。
でもどのチャンネルもそんなのばかり。
ローカルチャンネルの昔のドラマ再放送とかに流れてしまうね。
人の買い物やリフォーム番組とか、ほぼ同一出演者の健康診断番組とか、何で繰り返すのか理解出来ない。
自己満足で番組作るからテレビ離れするんじゃないかな。
身内受けしかしないお笑い芸人トーク番組とか。製作費とか、馬鹿な企画しか出せないからスポンサーつかないだけなんじゃないのかな。
Squid
プロが歌っても点数が出ないって指摘が多いけどそうなのかな?
確かに歌の上手さとか正確さでは無い部分で勝負してる歌手の人は
点が出ないかもしれないけど、一流のプロの人達は点数が出る歌い
方も出来るけどやらないってのが正解のような気がする。
楽譜の通りに歌うんじゃ聴き手の心に残らないのを知ってるから
一流のプロの人達は自分なりの歌い方で味付けをしているんじゃない?
名無しさん
上手いって判断は点数が高いからですか?カラオケなら機械が採点してるんだから点取れる歌い方マスターしてくれば高得点でしょう。確かに上手いといえるが、じゃあプロより上手いと言えるかは別。プロの歌手といってもアイドルはプロとは言えないが、アーティストに失礼。
anonymous
音程やリズムを機械で審査するだけならそれを攻略しようとする気質が強い日本人には向いているので番組としては成功ですね
しかし音楽は表現力で機械では測れないもの
上手に歌ってもつまらない歌手は多い
そもそもカラオケで流れる曲は本家用のアレンジ
そこに無理に歌を合わせて歌を歌っても100%歌い手の良さは出ないと思います
一般人
なんで素人が自分に酔っている姿を見なきゃならないんだとすぐチャンネル変えるけどね。
確かに機械の採点上上手いとされる高得点は出すけど心に響かない人がほとんど。
やっぱりプロには点には現れない魅力がないとダメなんだと感じる。
Magnolia
こういう番組が持て囃される意味がわからない
点数の出やすい歌い方して響くものがあるわけない
それに口パクより?とかアイドルは?とか、アイドルを蔑んでるけどエンターテイメントを魅せるアイドルと歌唱を魅せるアーティストの違いがわからないような人がカラオケ番組を作る人とどう違うのか教えて欲しい
名無しさん
このブームのきっかけは関ジャニの番組の仕分けだと個人的に思うけど。素人vsプロ。
さくらまや、MayJに始まり、
今はカラオケ王になって新妻聖子、鈴木瑛美子。
その横でやっていた堺正章の方はパッとしてなかったが、関ジャニで出た人が出たりして徐々に盛り上がったイメージですけど。
名無しさん
テレ東のやつは嫁さんが好きやからたまに観る。
みんな恐ろしい程上手いとは思う。
番組の最後でDVDの宣伝をしてるけど、あれって欲しい人居るんかな??、、、何処の誰か分からん素人、又はテレ東らしい中途半端な芸能人がカラオケを歌ってる姿を身内でもない人が見ても仕方がないと思うのは私だけか…。
名無しさん
テレ東はこの番組は知らないが独自の新しい企画を出せるな。素人カラオケは知らないが、素人クイズ番組が殆どなくなり、芸能人大会ばかりでつまらん。
名無しさん
城南海さんはカラオケバトルと通常の歌番組で
歌い方を使い分けてましたね
点数は伸びないのでしょうが
通常の歌番組での歌唱の方がやっぱり上手に聞こえます
ippanjin
カラオケの録音や動画撮影機能が充実しているので、素人でも手軽に歌を極めることが出来る時代。昭和以前のように歌が上手ければ歌手になれるかもしれない時代とちがい、プロとして音楽DVDやCDを売り上げていくにはビジュアルも含めて総合的なエンターテイナーでないと使えないのですよね。だからこそ要素を持っているプロの人はもっと歌を勉強してほしいですね。
名無しさん
プロと言っても口パクパフォーマーは見るに耐えない。きちんと歌える歌手は少ないように思います。
名無しさん
カラオケ云々はおいておいて、ここ10年~20年言われていることは「バラエティー番組がバラエティーに富んでない」。
バラエティー番組がバラエティーに富んでいた頃って、風雲たけし城や家族対抗歌合戦、TBS感謝祭のベースになった番組など「素人参加型番組」が多かったんだよね。
素人集めを手抜きしだしてから、ひな壇芸人が幅を効かせる番組ばかりになり「バラエティー番組がバラエティーに富んでない」状態になったと見ている。
そう言う意味では「素人参加型番組」が出てきているのは、良い傾向なのかなとも。
カエル
マシンの得点と、心に来る歌は別物だとよく解る。
音程のバーから外れるんだけど、心に染みる人が弾かれる。
何故なら音程がずれてるから。
バーから外れても、こぶしや、ビブラート等々で加点は貰えるが、やり過ぎるのも。。。
例え残れなくても、聞きたい方の歌がある。
名無しさん
歌唱王の出場者の方がレベルが高いです。残念なのは、局が規制線を貼っているのか、カラオケバトルの出場者と完全に分離されていて、対抗できないことです。見て居て面白いのは、カラオケバトルの方ですが、90点以上取れる人は多くないのか、90点未満の点数での対決のときは、見ていても面白くないし、明らかに下手でしょ。U-18でも目立って上手い二人の女子。ですが、可哀想に、何度優勝していても、芸能プロからの誘いはないんでしょうかね。歌手デビューの多いのはNHkのど自慢でしょう。グランドチャンピオン大会で優勝し津吹さんとか、超魅力的です。プロでは、丘みどりさんが一番好きだけど、この同世代の演歌歌手は層が厚いんで、中々芸能プロに届くのは、難関なんでしょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする