『陸王』支えた竹内涼真、足の裏のマメの激痛に耐えて走り切った!

視聴率がよかったこともあって、打ち上げではみなさん楽しそうに話していましたね。竹内さんも冗談交じりに『しばらくはもう走りたくないです!(笑)』と言って、陸上チームの仲間役の人たちと談笑していました」(ドラマスタッフ)

昨年12月25日、クリスマスの夜6時半から都内でドラマ『陸王』(TBS系)の打ち上げが行われた。事前にICカードをもらわないと会場のあるビルに入れないという厳戒態勢。ビルの玄関前では“こはぜ屋”の屋号入り法被を着た男性たちが出迎えに立っていた。

この夜の一番乗りは、竹内涼真(24)。グレーのジャケットに短めのパンツがおしゃれ。なぜか、ショルダーバッグと手提げバッグの2個持ちで到着した。その後、上白石萌音(19)、風間俊介(34)、山崎賢人(23)、役所広司(62)らが続々と会場に入って行った。

「役所さんは『じつは当初、このドラマを受けるのに抵抗がありました。ドラマが久しぶりなのにこの役ができるのかと……』と悩んでいたことを明かしていました。息子役の山崎賢人さんは感極まって号泣し、まともに挨拶できなかったほど。それくらい現場の雰囲気は最高だったんです」(前出・ドラマスタッフ)

ビンゴゲームでは、役所が10万円を5本と宝くじ10万円分を太っ腹に提供し、会場は大いに盛り上がったそう。また、最終回のラストで『またどこかでお会いしましょう!』というテロップが流れたため、速くも続編を期待する声が出ているが――。

「原作者の池井戸潤さんも『いいドラマでした』と話し、続編の可能性についても言及していました。また7話あたりを撮影しているときに、役所さんから全員に『TEAM RIKUOH』と書かれたジャンパーが配られたんです。続編の話題になったときも、みんなで『このジャンパーを着て、また集まりましょう!』と言っていましたね」(ドラマ関係者)

打ち上げはこうして和やかに終了したが、じつは最終回目前、竹内に大きなアクシデントが発生していた。

「放送2日前まで撮影が終わらなかったのですが、竹内さんが撮影で走りすぎて足の裏のマメが潰れてしまったからなんです。マメが化膿したことで、本当に走れなくなってしまって……。現場でも『台本を書き換えようか』との案が出たほど混乱しました。切迫したなか最後は竹内さんが必死の気合いで乗り切り、なんとか放送に間に合わせることができました。激痛に耐えて走り切った竹内さんに、みんな感動していました」

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180108-00010000-jisin-ent

気になるネットの反応は

名無しさん
てか役所さん太っ腹すぎる!
役所さんじゃなければ、こんなに視聴率は上がらなかったと思います。
ジロウ(43)
続編あるなら、もうひとっ走り付き合うぜ
名無しさん
竹内涼真さんの走る姿、締まった身体、素敵でした。
名無しさん
主役の役所さんの演技が素晴らしかったですよね。それに尽きる。あと山崎賢人さん。大好きな役者さんになりました。
ボンチュー
役所さん、さすがだわ(笑)
どこまでホントかわからないけど、打ち上げ楽しそうですね。現場の雰囲気が相当良かったんだなぁ。
名無しさん
役所広司さんの渾身の演技、そして余裕のある演技力が凄く素晴らしかったです。陸王本当に良いドラマでした。日曜の夜が楽しみでした。今は少し寂しい。
若ての竹内君も素晴らしい演技でした。そして山崎君も。これから期待しています。応援しますよ。頑張れ。
名無しさん
熱いドラマでした!
役所さんのリーダーシップがすごい。
会社に一人ほしい。
名無しさん
役所広司さんの演技が上手すぎる。
泣きの場面では何度もつられ泣きしました。
竹内涼真くんや山崎賢人くんも良い演技してましたし、皆さん演技が素晴らしくて、話がちゃんと入ってきたから高視聴率に繋がったのだと思います。大根が1人でもいたら、気になって集中できないので。
名無しさん
役者役所
名無しさん
足のマメを潰す程に酷使しておいて
年末の段階では撮影の遅れの原因と
戦犯扱いしてたのに年が明けたら
持ち上げの記事?
名無しさん
なんとなく下町ロケットに似て感じがしました。
続編期待します!
名無しさん
なんだか人として大切な必要な要素が全部詰まったような、素晴らしい原作、ドラマでした。毎週涙なしでは観られず、また本当に自分の仕事の活力になっていました。綺麗に完結したと思いますが、大地くんの今後の続編は気になります。
チーム陸王の皆様お疲れ様でした!
名無しさん
続編見たいけどあれ以上は無いくらいよかったから、やらない方がいい気もします。
やるならスペシャル一本だけ。
名無しさん
ドラマでは全てのカット使うわけじゃないから、そんなにたくさん走ってると思ってなかった。
長距離の選手っぽく見えるように練習してたのかな?
名無しさん
確か、元旦のニューイヤー駅伝でも、涼真と付く名前の選手が走っていたね。
陸王終了後だったので、注目したよ。
名無しさん
ドラマでは好演が光ってますが、SOFTBANKのCMはマンネリ化で竹内さんのプラスになりそうもないから降板した方がよいよーな
名無しさん
最近マラソン大会見る時足ばかり見てしまう
今まで全く気にしなかったのに
名無しさん
最初は走り方も素人丸出しな感じだったけど、最後の方は様になってきたもんなあ。
相当練習も含めて走ったのだと思います。
名無しさん
お疲れ様でした!
陸王ジャンパー私も着たいです。
名無しさん
凄く面白かった。
面白い原作を実力のある役者を配して、奇を衒わずに丁寧に作れば
面白くなるに決まってるさ。
しかし役所さんの演技は素晴らしかった。
名無しさん
役所みたいな先輩にしてもらった事を是非今の若い子は見習って自分が上になった時には真似してほしい。
名無しさん
とてもいいドラマでした!
続編楽しみにしてます!
名無しさん
良い作品には出演している方の人柄も反映されるのかな。続編を期待しています。
4k
続編はないの?
このドラマは周りの人も良かったと行ってます。みなさんお疲れさまでした。
あつき334世
今年?来年の年末年始の再放送は陸王で決まりだな^^
まずはその時また、ひとっ走りだな。
名無しさん
ストーリーを振り返ると、
かなりベタなんだけど
見終わると毎回熱くなっていた。
人間が好きになるドラマは良いですよね。
日曜日に見ると、月曜の仕事へ
少しだけモチベーション上がってた。
名無しさん
最初は「陸王」って何?な感じだったんだけど良いドラマだった。途中から池井戸さんの流れと感じたが今まではハッピーエンドで終了なのである意味安心して観る事が出来た。夫々のキャストも適材適所だったし高視聴率は納得の数字だったんじゃないですか。悪役のピエール瀧
名無しさん
役所広司さん含めて、回りを固める役者さんや、スタッフの人の人柄とチームワークの良さだと思います。
エキストラで参加したけど、指示出すスタッフさん、演出家で監督さんのユーモアある話し方で楽しかった。自分たちも寒いのに気遣いも。
みんなで作ってるって感じだし、それにほんの少し参加させて貰って有り難かった。役所さんや涼真くんや賢人くんもエキストラを心配してくれて。
ドラマ同様撮影現場も暖かい感じしました。
そういうのってエキストラや視聴者が作ったのではなく、製作チーム陸王のすべての方の力じゃないかなぁと思います。
それが周囲に伝染した。
陸王だけでなく、心を暖かくさせるドラマは泣けちゃうね。
良いドラマを感動をありがとう、陸王。
名無しさん
久々おもしろくてみたい!と思った。
RKY
池井戸さんのドラマは、本当に外れない。期待以上に面白い。やっぱり、脚本が一番。もちろん、キャストも大事です。低視聴率をキャストのせいにするテレビ局は反省を!陸王もキャストが良くても、脚本がダメなら、ここまでみんなを楽しませることは無かったと思います。
名無しさん
いつも思うけど、こういう打ち上げの様子って細かく書いてるけど誰から情報を得てるの?
IDカードで厳戒体制なんでしょ?
誰か潜りこませてるのか?
参加者から聞いてるのか?それならそいつは口が軽く信用できない人だね。
名無しさん
脇役やエキストラに元・現陸上選手を多く起用していたから、初めから博打の部分はあったし。
もし次回があるのなら、違うストーリーで茂木君はちょっと離れた立ち位置で見てみたい。
名無しさん
役所さんが、凄かったな。続編期待
名無しさん
普段あまりドラマは見ない方ですが、この「陸王」は久しぶりにはまりました。主演の役所広司や竹内涼真さんはじめ、キャストの方々が好演していたと思いました。
先日のニューイヤー駅伝や箱根駅伝も例年以上に注目した人もおおかっと聞いています。また、成人式後に撮影に使われた建物をバックに記念写真を撮った新成人の写真を紹介する新聞記事を今朝見ました。
ぜひ、続編を期待したいと思います。
名無しさん
竹内さんの熱演もだけど、陸王は本当に誰もが素晴らしい演技立ったと思う。
ピエール瀧さん、小藪さん、雀々さん、馬場さん、佐野さん辺りの憎まれ役も本当に上手かった。彼等が居たからこそ役所さんを、こはぜ屋をより応援したんだと思う。
名無しさん
陸王作れなくなって、でも、なんとかなって、またダメになって、またなんとかなって…の繰り返しで、正直、下町ロケットの方が作品としては、面白かった。
それでも、見てしまったのは、やっぱり役者さんたちがよかった。ピエールと小藪はともかく。
役所さんや寺尾さんは言わずもがな、山崎賢人君がすごくよかった。
斉木楠雄を見るまでは、また山崎賢人かよ。って思ってたけど。
名無しさん
ドラマとしての総合力が高かった作品だと思います。
過去の池井戸作品もそうですが主役の演技力がピカイチです(下町ロケット阿部さん等)そこに脇を固めるキャスト。役者では無い方のキャスティングも本当にビックリしますし見てて楽しい(松岡さん等)
ただ、今回私が気になったのは「キム兄」の演技でした。ちょっと残念です。感動を呼ぶ場面が・・・ 役所さんとの温度差は凄かった。
次回作があるのならちょっと違った視点での物語りが見てみたいですね。 正直、陸王のストーリーでは「シルクレイ」ありきでこはぜ屋自身でその壁を乗り越えた感は私には無かった。そう、現実的にはシルクレイの特許を「売らない」選択をしたとどうゆう風に見ても考えずらい。特にあの夫婦の現状で更に自己犠牲精神が沸くとは思えない。
もう少し現代のリアリティに照らして共感できると見てて面白いと思う。
とわ言え見てて感動できるドラマでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする