NHK紅白「審査方法」に疑問?欅坂46の“衝撃映像”は残念!

2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて「夢を歌おう」を掲げて放送された2017年の「第68回NHK紅白歌合戦」。ドタバタだった16年に比べれば、はるかにまとまった印象を残したが、相変わらず審査方法が分かりづらいなど課題も残した。東京・渋谷のNHKホールで取材した記者が、舞台裏とともに振り返る。

■安堵感さえ覚えたまとまり方

2016年の「NHK紅白歌合戦」のドタバタぶりを目の当たりにしただけに、17年のまとまりぶりに“安堵(あんど)”感さえ覚えた、といっておこう。

NHKが「目玉」と位置付け、出場歌手を発表した後も粘り強く出演の交渉を続けた安室奈美恵さんと桑田佳祐さん。この2人の出演が実現したのが何よりも大きかったか。

16年は解散を目前のSMAPの出場に手を尽くしたが、実現に至らなかった。その余波が、大みそか当日の現場にまで影響した、という感触があった。

タモリさんとマツコ・デラックスさんが、会場のNHKホール周辺や内部をうろつきながらも、最後まで「ふるさと審査員」に加わらず、そのまま帰ってしまった“謎”の演出は、その最たる例だった。挑戦だったのかもしれないが、破綻もしていた。

が、今年はそうした“破綻”は見受けられなかった。「家族がそろって見る紅白」として、かなり理想の「形」を提示できたのではないか。

■安室さんに静まりかえった舞台裏

SMAPの轍を踏まず。来年9月での引退を発表した安室さんと、好評を博した連続テレビ小説「ひよっこ」の主題歌である「若い広場」を歌った桑田さんの出演実現に、NHKの上田良一会長は「現場が粘り強くやってくれた成果」と手放しで褒めた。17年紅白は、これで安定感を得た。

それにしても、舞台裏で目撃した安室さんの存在は、“別格”だった。

舞台袖の廊下では、常に誰かが走り回り、関係者が大声で歌手らを誘導し、喧噪に包まれている。それが、安室さんが画面に登場するや、静まりかえったのだ。待機中の歌手、マネジャー…。そこにいる全員が、廊下に設置されたテレビ画面に映る安室さんの姿に見入った。歌声に耳を澄ました。紅白での見納め。誰もがそう感じていると分かる光景だった。

■司会陣も最善

司会陣の選択も、ベストに近いものだったといえるだろう。総合司会を務めた内村光良さんは、自身が座長を務めるコント番組「LIFE!~人生に捧げるコント~」の人気キャラクターを随所に盛り込みながら進行を司ったが、間延びさせず、ムダな時間も生み出さず、という絶妙なバランスを保った。

舞台袖から「NHKゼネラル・エグゼクティブ・プレミアム・ディレクター」の三津谷寛治にふんして行った中継の場面は、簡単なリハーサルだけでビシッと決めてみせ、出番待機中の出演者や報道陣などから拍手が湧き起こった。

紅組司会の有村架純さんが主演した「ひよっこ」の特別編の映像も同様だ。桑田さんを昭和のヒットメーカー、浜口庫之助さん役として巧みに盛り込み、「ひよっこ」の時代に合わせたドラマを成立させつつ、桑田さんの弾き語りによる坂本九さんのヒット曲「涙くんさよなら」を聴かせた。「家族で楽しむ紅白」にうってつけの演出だった。

■まだ「合戦」にしたいなら

しかし、反省点はある。「家族と楽しむ」うえでは、欅坂46のメンバーがステージで倒れたアクシデントは残念だった。

関係者は「(歌唱した)『不協和音』は彼女たちにとって大切な曲。パフォーマンスにかける思いが強く、力を入れすぎてしまったのでは」とコメント。

幸いにも3人のメンバーが過呼吸のような症状程度で収まり、病院に行くこともなかった。が、大みそかの家族のだんらんにふさわしいとはいいがたい、ショッキングな映像がテレビから流れてしまった。

最後に、どちらの組が勝利するかには、さほど重きを置く人も多くないだろうことは承知の上で、17年についても言っておきたいのが「審査方法」だ。

なるほど16年のような大きな混乱はなかったものの、17年の審査方法が発表された時点から、インターネット上などで「ゲスト審査員はいらないのでは」という声があがっていた。

「223万7644対143万2371」と80万票を超える大差で白組が勝ったが、それほどの大差がついたのだろうか。

なにしろ、会場の観客とゲスト審査員が掲げた票の差は200票超だった。これに視聴者投票が加わったとたん、80万票もの差に変わってしまったのだ。

公共放送のNHKが、視聴者の声を重視する姿勢は理解できる。だがデータ放送を使っての投票は、対戦ごとにできるため、“視聴者審査員”は1人で最大22票を行使できてしまう。

これに対し、会場審査員とゲスト審査員は全ての対戦が終わった後に1票しか投じられない。

データ放送による投票は、出演歌手の人気投票の側面もある。会場審査員やゲスト審査員では覆せないような偏った差がつくこともありうる。

この方式を続けるなら、ゲスト審査員は、審査員ではなく単なるゲストとすべし。あくまで、これからも「紅白歌合戦に“合戦”としての面白さを求める」前提に立つなら、審査方法にはまだまだ再考の余地ありだ。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180101-00000527-san-ent

気になるネットの反応は

名無しさん
審査基準も無いのに、どうジャッジしたとかどうでもいい。
敢えて勝ち負けを決めるなら、今年は内村優勝で良いじゃないか。
名無しさん
うっちゃんの総合司会が一番良かった。
コメントも自然でどんな場面でも
使えない二人の司会をリードして、
流れをしっかり作っていた。
本人は緊張しすぎて…と言っていたが、
素晴らしい進行ぶりだと思った。
revere
もはや、紅白に分かれて勝敗を決める意味がなくなっていると思う。
名無しさん
審査員席をステージ上に置かないほうが良いと思う。司会者の後ろに映り込むのもちょっと邪魔だし、ずっと見られている審査員も可哀相。
名無しさん
ウッチャンお疲れ様でした。
今回が成功だったとするならば、それはほとんどと言ってもいいほど、ウッチャンのおかげだと思う。
名無しさん
安室さん綺麗だった。
内村さん面白かった。
名無しさん
髪の乱れたウッチャンが欅坂のセンターに「大丈夫?」って聞いた姿、
「恋人はスナイパー」の時みたいにワイルドでかっこよかった
今回の功労者はジャニーズでも安室でもなく間違いなく内村
ただ、もし今回の紅白の評判が良くてもNHKの評価にはならない
歌手の話題が欅坂の放送事故に集中してるのがそれを現してる
郷ひろみもなんか微妙だったし、安室も短かったし
内村を司会にしたのだけだな、NHKの手柄は
名無しさん
ウッチャンの安定感活躍ぶりはすごかった。
まさかウッチャンも安室ちゃんと話すことになろうとは思わなかったかも。
でもこの審査方法だとアイドルの出演組数が多い白組が断然優位になること間違いね。微妙だよね。
557kcal
白組勝利は単にジャニーズ票の現れ。
時代的に、「男女」ではなく、男女混合での組分けでいいのでは?
トータス松本氏×椎名林檎氏の歌唱後に、司会の内村氏が、「こういうの、もっとあっても全然いいと思う」との一言が印象的だった。
ベテラン芸人を中心に、若い二人の司会者との構図が、家族の構図を想像させ、安定感のある紅白歌合戦との印象を受けました。
毎年、歌手やアナウンサーの素人寸劇が、イマイチな印象だけを残したものに対し、寸劇(コント)のプロを入れ込んだことは、正解だったのではないでしょうか。
トーク力が強みのMCと、
企画を生かせることのできるMC。
結果、いい人選だったと思います。
名無しさん
司会の内村は良かったが、トリが40年前大トリが13年前の曲はどうかと思う。
名無しさん
司会3人が協力して作り上げている様子が随所にかいま見えて、バタバタし過ぎず、温かい紅白の時間だったと思う。欅坂の子は気の毒だったけどアクシデントだから仕方ない。大事に至らず良かったし、動じずに進行を進めたウッチャンはさすが。
ma
内村さんの安定感のある司会
今年もやって欲しいくらい
名無しさん
安室はやはり別格。
他の口パクお遊戯アーティスト達とは全然違った。
内村も別格。
使えないお荷物司会抱えてあんなにきれいに進行させるんだからやっぱりプロだと思った。
この二人をキャスティングしたってところだけはNHKの手腕として認めていい。
名無しさん
違和感を感じてしまったこと記載します!
①司会者の後ろに審査員を入って気が散った。司会者の会話と全く違うものでも有った。審査員は観客席の方が良い!
名無しさん
安室は別にファンでもないが神々しかったな
名無しさん
今年は去年よりはるかに良かったよ。
名無しさん
審査方法は確かに疑問が残る。22倍差はあんまりだ、でも確かに今回は悪くないなと思った。内村の臨機応変の仕切りはさすが。もう毎年総合司会でもいいのでは?
名無しさん
審査はぶっちゃけジャニーズ対AKBグループのファンによる代理戦争の結果みたいなもんだろ。
もう紅白で勝負する意味がないし、あくまでも歌合戦方式にこだわるなら、別に男女で紅白に分かれなくてもいいと思う。前日までにくじ引きで男女関係なく紅白に分かれるだけでいいのでは?
それに歌合戦というのに口パクがいたりして、すでに前提が崩れてるし(笑)
名無しさん
内村さんの総合司会は笑ったな。彼は頭の回転が早いんだな。
名無しさん
そんなことより、ケン玉を早々失敗してしまった人をフォローしてやって欲しい(笑)
みかん
欅坂の件は紅白のせいでもNHKのせいでもない。
名無しさん
とりあえずウッチャンと副音声のバナナマンの安定感がよかった。面白かった。ウッチャンの『大丈夫?』がカッコよかった。
た?
一昨年のような会場、視聴者審査がまるまる茶番よりは遥かに良いのではないでしょうか
名無しさん
ウッチャンは今までの芸能人司会の中で、いちばん好感もよく上手な司会だった。
ニノも上手で安心してみていられた。
ここ最近いちばんいい紅白だった。
名無しさん
こういう生放送だと、ウッチャンの安定感が見てて凄い安心する。
個人的には来年も再来年もウッチャンの司会を見たい。
今年は人生で初めて紅白を最初から最後まで見たな。
これもウッチャン効果かな。
名無しさん
近年の紅白よりは楽しめた。
今回のように歌ばかりでなくてもよい。
どちらが勝とうが最後のおまけと考えている。
y
審査員いるなら審査員重視でいいと思う。。。
あんな視聴者投票にするなら審査員はいらないでしょw
名無しさん
ウッチャンの朴訥としたしゃべりは安心しますね。かなりアドリブもあったと思うけれども、MC経験の場数の差かな?メディアに出ていない間も劇団率いていることもあり、LIVEであれ、客の前であれ、落ち着き払っていた。しばらくウッチャンでいいのではないか?
名無しさん
ウッチャン、安定感凄かったし
「NHKなんで(ドヤ顔)」というフレーズも面白かった。
誰一人嫌な思いせず、紅白司会者をうまく誘導して進行して行ったと思う。
歌唱力の有無がハッキリした紅白でしたね。
安室ちゃんもそうだが、エレカシの時も空気が変わった。
名無しさん
堅苦しいNHKという概念を少し打ち破りながらの進行具合が良かったです。
ありきたりの用意されたセリフじゃなくて
ウッチャンなりの言葉で進めて言ってる感じが
しました。
安室ちゃんの神々しさ!
安室ちゃん歌唱後のいもとさんにあてた
言葉。私情はさむあたり自然でよかった。
Superfly、引くくらい歌上手すぎて
呆然としました。
名無しさん
曲の演出かと思った。
そんなに衝撃は感じなかったな。
名無しさん
今年の紅白は楽しかった。ウッチャン流石だよね。
ただ、毎年思うが、メドレーはやめて1曲をなるべくフルコーラスで歌わせてあげてほしい。ジャニーズもAKBも、フルで聞かないと真価は分からない。あと石川さゆりやTOKIOなど、何度も同じ曲というのもどうかと思う。最近の曲にも、いいのがいっぱいあるのに。
名無しさん
欅坂さんについては
NHKがわるいというより
あの振り付けが悪いんじゃないの?
プロのダンサーでもないし。
毎日多忙だったろうし。
名無しさん
相葉くんが酷すぎたから心配してたけど二宮くんは無難にこなしてたね。有村架純もカンペきっちり読めてたし。
やっぱりウッチャンとかしっかりした喋れるベテランが一人入ると皆やりやすそうだし、まとまるね。
タモリとマツコとかゴジラとか謎の演出も少なかったし。
ひよっこ見てなかったから全く共感できなかったのは残念だったけど。
唯一、ひふみんのコメントを切る時はもう少し敬意を持ってして欲しかったかな。
g
安室ちゃんが出演して本当に良かった。
名無しさん
去年より進歩。
名無しさん
審査員席をいつものように客席に作った方がいいと思う、なんかいつも後ろに審査員のお顔が映って気になりました。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする