年越し番組「笑ってはいけない」の独特の存在感って何?

きょう12月31日に「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」(日本テレビ系)の年越し特番「絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!」が放送されます(よる6時30分~)。

大晦日の夜の番組編成は、民放各局にとって勝負どころです。視聴者の多くが家でテレビを見ているので狙い目ではあるのですが、裏には『NHK紅白歌合戦』という超高視聴率番組が控えているため、何をやってもなかなか数字が伸びません。

そんな中で、唯一無二の存在感を放っているのが日本テレビの「笑ってはいけない」シリーズです。2006年以降、毎年「紅白」の裏で真っ向勝負をして、同時間帯で民放ナンバーワンの視聴率を誇る人気番組として定着しました。年をまたぐ長時間の特番で、企画内容はただひたすら笑わせるだけのシンプルなもの。ためになる情報も泣かせる要素もいっさいありません。なぜこの番組はこれほど多くの人に愛され、長く続いているのでしょうか。

■松本人志さんの一言から生まれた

その理由は大きく分けて2つあると思います。1つ目は、何と言っても「笑ってはいけない」という企画のフォーマットがよくできている、ということです。この企画では、ダウンタウンの松本人志さんと浜田雅功さん、ココリコの遠藤章造さんと田中直樹さん、月亭方正さんのレギュラー陣5人が、1つの空間に閉じ込められます。そんな彼らのもとに次々と「笑いの刺客」が襲いかかってきて、あの手この手で彼らを笑わせようとします。笑ってしまったら、そのたびに罰ゲームとしてお尻を棒で叩かれることになります。

「笑ったら引っぱたかれるってどうですか?」

この企画が生まれたのは、松本人志さんのそんな一言からでした。このアイデアを聞いたとき、番組プロデューサーの菅賢治さんは「ああ、やっぱこの人は天才なんだな」と思ったそうです(参考:菅賢治著『笑う仕事術』ワニブックス刊)。

「笑ったら叩かれる」というのは、ルールがシンプルでわかりやすい。そして、ダウンタウンの2人がお尻を叩かれて悶絶しているところを想像すると、それだけで笑いがこみ上げてくる。菅さんは直感的にこの企画が面白くなることを確信していました。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171231-00202626-toyo-soci

気になるネットの反応は

名無しさん
それはガキ使以外の番組が面白くないから
近年は有名人の私生活を取り上げたり裏事情を語ったり、芸能人が群がったり、あからさまに企業を宣伝する番組が多すぎるから
名無しさん
一年の最後を笑って過ごし、新年を笑って迎える。素晴らしい企画だと思います。
名無しさん
笑ってはいけないだけではなく、
松ちゃんはいろんな角度からお笑いを
作り出そうとしている努力を感じる。
最近だと大喜利とか、ドキュメンタルなども。
過去の成功だけに甘えていないのがすごい、
それが打ち切りが迫る番組との違いかと。
名無しさん
マンネリ感は感じるけどね。
名無しさん
ゲスト出演が多くなり、笑わなきゃいけないになってるレギュラー陣が少し可哀想な気もする。
名無しさん
録画して年を越したらゆっくり見るのが我家の定番。
毎年見ていて、長すぎて途中でダレてくるからもっと
短くしても良いかもしれない。
名無しさん
正直、毎年似たようなことしてるなぁと思ってる。けどそれを求めてる人がたくさんいる。紅白みたいに間違った挑戦してない。
名無しさん
ある意味マンネリ化してる部分もあると思うけど、しょうもないことで笑って新しい年を迎えられるって幸せだしね。ガキ使見たらお正月ってイメージがもう出来上がってるからこれからもずっと続けてほしい。
名無しさん
24時間耐久鬼ごっこと廃旅館くらいシンプルな作品も観たいなあ。
年末に定着したのは嬉しいけれど、今度は時間が長すぎてダラダラみるには勇気がいる感じ。
名無しさん
番組長すぎ。 途中だらける。
名無しさん
最近のは、
「たいして面白くないけど、大物ゲストがいろいろやってくれるから、無理にでも笑ってあげないといけない24時」
に名前を変えた方がいい。
鬼ごっこや、芸人の深夜会議、出川軍VS上島軍の対決、深夜の建物脱出と、毎度先が読めるパターンもマンネリで飽きた。
枠も長いし録画して、要らないところは早送りで見ている。
名無しさん
他に観たい番組がないから惰性で観てるというのが本音
名無しさん
夏休み特番、とか、年末年始スペシャル、みたいな番組が大抵つまらないから、相対的に評価されて選ばれてるのかもしれない。
この時間帯にM1とかやったらかなり数字取れるんじゃないかな。
個人的には3ヶ月に一回の番組改編時期の特番は要らない気がするけど、テレビ局の事情で必要なんでしょうね。
名無しさん
とは言っても湯河原や高校の時と比べ笑いの質は落ちている
あの頃は吹き矢やムチ、竹刀など罰が本格的であり、それ故笑いの堪える感じが真剣そのものでさらに笑いが増幅されていた。
罰に使う棒が柔らかくなり簡単に笑うようになってから(特に大物芸能人がでてくると礼儀として笑っているようにすら感じる)、やや面白みは減った。
これは演者からの要望というより視聴者からの苦情に配慮したものだとか。
我々がもっと笑いに対して許容範囲を広く持ち、プロの能力を100%発揮できる環境を整えることが必要だと思う。
BPOなんかクソ食らえだ。
名無しさん
10年ぐらい前のラジオで、大晦日の紅白の裏には視聴率が悪かろうと毎年同じ番組を据え続けてまず定着させなければならないと言っていた。
その先見の明、かつそれに見合う普遍的に面白い企画を打ち出せるところが天才と呼ばれる所以だろう。
名無しさん
肯定的過ぎる書き方じゃないでしょうか?
企画自体が大御所の芸を笑ってあげる方向に進んでいっている時期からどんどん面白くなくなってマンネリ化していると思いますけどね
もともとこれは罰ゲームから始まったはず
ケツに吹き矢刺していたときは面白かった
ハイ隊長!
おもろいのはおもろいけど、年末大晦日じゃないとダメって番組でもないw
年末=格闘技 のTV局より全然いいけどw
Heretic鍵盤師
最近はマンネリ化してるけどね。
松本自身も、もう辞めようとか言うてた時期あったし。
でも、他に観るもんないんよね。だから俺はひたすらDVDで映画観たりゲームしたりしてる。リアルでこの番組観たらCM多すぎてイライラするし。
あと毎年云わせてもらってるが、最後の驚いたらいけないは、要らない。あそこで毎年萎える。何の罰ゲームもないし。笑ってはいけないを、最後まで貫いてほしい。昔は最後まで笑ってはいけなかったのに。
nao707070
ツボに入れば面白いかもしれないが
さすがにもう飽きた
名無しさん
最初の頃の体育館での鬼ごっこ辺りまでは面白かったけど
大物ゲストを起用してからのガキつかはマンネリ化してきてます。
視聴率の高い番組なのでゲストも高いギャラが欲しいと感じ出演してます。
大して痛くも無いと思うけど痛いふりをするとか
笑ってるのに叩かないとかが面白くなくなってます。
昔の病棟や灰旅館の頃のガキつかが真剣で良かったと思います。
罰ゲームが「吹き矢」とか本当に痛そうで観てる方も笑えますね
名無しさん
むしろ毎回同じ展開で視聴率がとれるなら他がよほど企画力がないとしか思わんがなあ
見たいと思うほどではないし紅白よりはただはるかにまし。
名無しさん
確かに面白いけど6時間も必要?
名無しさん
レギュラー放送の時に4、5回に分けて鬼ごっことか笑ってはいけないの24時間耐久をやっていた時は、本当に面白かったけど、大晦日のは笑いの押し売りで全然面白くない。
ただ、大晦日に録画のスポーツや格闘技、毎週やってるクイズを長時間見せられるなら、テレビジャンキーはガキ使、健常人は何も見ないことになるだろう。
hyuback
枠的に21時から24時30分くらいでいいと思う。
あと大物芸能人、俳優が出て来たら笑わないといけない感は
逆に冷めるからやめてほしい。内輪の芸人同士の下ネタもいらない。
年齢的に厳しいだろうけど、罰も吹き矢とか、本当に痛そうなものに
戻してほしいね。正直今はつまらないです。年末の風物詩ってだけ。
名無しさん
俺も数年前から紅白全く見なくなって笑ってはを見るようになった
正直「笑っては」も年々笑いが薄れてきた部分は否めないけど、それ以上に周りが酷いから結果こっち見るよね。
名無しさん
昔の方が笑えた。最近は規模がデカ過ぎてなぁ..
名無しさん
個人的にはダウンタウンどちらかは刺客側にいる方が面白いと思う
名無しさん
今の視聴率はそれ程当てにならないし、紅白も演者順をご丁寧に発表してくれているのでチャンネル回しながら、録画機能も活用しながと言うのが各家庭のスタンダードだろう。ただどうしても老若男女が集う場所で格闘技、スポーツにはチャンネルを合わせ辛い。自然と紅白かガキつかが流れている事になります。大門未知子や陸王、逃げ恥クラスのドラマの最終回三時間スペシャルなどをぶつけなければこの流れは止まらないと思う。
マジ
蝶野、山崎のビンタのくだりが一番好き
なんだけど今年はないのかなぁ?
007
この番組がなければ年末とは思えないぐらいのこと思ってたけど、最近全く見なくなってしまった。2,3年前まであった若手芸人のコーナーはまだあるのだろうか、あそこのマンネリ感はいただけない感じがする。
本当に初期の頃のままでもおもしろい気がするのだが、残す部分と変える部分を間違えているような気がする。
名無しさん
個人的には、コレを見始めたのって5~6年前位からなんですよ。
それまで、見た事すらなかったし、話題になってても気にもしなかった。
じゃあ、なぜ見始めたのかと言えば、他に見るものがなくなったから。
その後も、他を裏番組録画等していたけど、正直、ほぼダメ。
圧倒的とは思わない(笑えない厳しい時間帯もある)が、他が魅力ある番組を提供できていないから、必然的にコレになってしまう。
と書きながら、この時間帯に見ているものは録画してたもの。
コレも録画して、後で見てるんだけどね。
名無しさん
局違いですけどこの枠でIPPONグランプリ拡大版でやってほしい。個人的に好きなので。
でも笑ってはいけないはそれはそれで毎年ついつい見てしまう。マンネリ感はどうしても拭えないけど。
名無しさん
この番組がどうこう言うより、他の番組の失速がひどすぎるのが原因なのでしょうが、やっぱ年末最後は笑って終わりたい。
名無しさん
でたー。ラリー遠田!!!!!
笑ってはいけないは、ハイスクールとか、あの頃が一番面白かったよ。
深夜番組の頃は面白かったのに、視聴率が取れるからってゴールデンに移って、思ったほど・・・・みたいな。
金曜の深夜にやってた「特命係長只野」がゴールデンになって、なんかなぁ・・・・みたいな。
文句を言うけれど、見ますよ。でも温泉旅館の頃が懐かしいなぁーみたいな。
「笑ってはいけない」の視聴率が高い理由は、ただ単に各局とも大晦日の番組が固定化されちゃってるからでしょ。圧倒的とは思えない。
ラリー遠田って、本当に馬鹿ですね。
名無しさん
鶴瓶が関西ローカルでやってた「突然ガバチョ!」の
1コーナー、”テレビにらめっこ”。
鶴瓶が視聴者からのネタを読み、笑ったお客は
退場させられる・・・。
松本の頭にあっただろうな。
笑ってはいけないは”叩いてかぶってジャンケンポン”や
”熱湯風呂”と同じで、
松本でないと成立しないというものではない。
チーム対抗戦なんてどうだろう?
たとえば事務所でひとチーム作るとか、
とんねるず、ウンナン、爆笑問題が仲間と5人組になり、
ダウンタウンチームと同じ設定でやり、結果は視聴率でとか。
ジャニーズチームやAKBチーム・・・は叩くわけには
いかないか。残念。
この番組は最後までしがみつくだろう。
コントや映画(ほんとにもうやめておこうね)じゃなく、
ぐるぐるバットやドッキリのたぐいが最後の拠り所に
なると思うと、さびしいような哀れなような。
一回ぐらいはちゃんと見ておこうかな。
名無しさん
でも、さすがに飽きたわ。
見りゃー笑うけど、
昔みたいに楽しみではない。
格闘技も興味無いし、紅白も見んし、
YouTubeかなぁ。
名無しさん
毎年録画して観てます。
ワンパターンなのはどうかな?
バス、所長、机、大御所タレントのコント、お笑い芸人の汚れ芸とぶっちゃけ話、肝だめし、爆破、あと前は24時間してたけどな。
毎回爆笑しますが、旅館の時がもっと面白かったよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする