2017年に芸能界を引退した人気タレントたち!

2017年9月27日、来年9月の引退を発表した安室奈美恵。今年の9月16日にデビュー25周年を迎え、故郷・沖縄での野外ライブを大成功させた直後の出来事だった。世間のインパクトも大きく、タレントのイモトアヤコをはじめ、“安室ロス”を嘆くファンが続出。世の関心も広く、12月19日に『NHK紅白歌合戦』への特別企画枠での出演が発表されるとトップニュースとして取り上げられた。こうした社会的な注目を浴びて惜しまれつつ去っていく芸能人がいる一方で、人知れず去っていく者、業界から追われる人など “芸能人の引退事情”は実に千差万別。そこで、2017年の代表的事例を元に“芸能人の引退模様”を振り返る。

■伝説の歌姫・山口百恵を彷彿とさせた堀北真希の引退劇

実は、芸能界において結婚を機に“寿引退”となるのは意外と稀だ。2017年2月末、「あたたかで、かけがえのない幸せを全力で守っていきたい」とのメッセージを残し、芸能界を電撃引退した女優・堀北真希はその稀なパターンといえる。前年には山本耕史と結婚、出産が報道。メッセージにハッキリ「引退」の文字はなかったものの、子供が成長してからの復帰も示唆されないままなので、現状は事実上の「引退」だ。ママタレへの転身、女優復帰の道があるにも関わらず、スッパリ芸能界を去ってしまうその姿から、メディア研究家の衣輪晋一氏は「伝説の歌姫“山口百恵”を彷彿させる」と話す。

1980年10月5日、日本武道館でのコンサートを最後に、21歳の若さで引退した山口百恵。まさに人気絶頂の中での出来事で、家庭環境が母子家庭だったため、“幸せな家庭を築きたい”という想いが元々強く、またそれほど芸能界に執着していなかったとのではと言われている。衣輪氏は「堀北真希さんも芸能界にそれほど執着していなかったタイプでした。現役当時、堀北さんは自身について“世話焼きタイプ”であると語っており、さらには“今の自分がすべきことに集中するのがモットー。いろいろやらなきゃと考えすぎて自分に余裕がなくなった過去を反省しているんです”とも話していたのが印象的でした」と語る。堀北は自分がやりたい事、やるべき事を完璧にこなしたい人物。子育てと女優の両立は完璧にこなせないと考えたのかもしれない。

■本人の意に反して、引退せざるを得なかった江角マキコ

一方で、2017年1月末、50歳になったのを機に芸能界引退を発表したのは女優の江角マキコだ。江角は2014年にそれまで所属していた芸能事務所を離れ、個人事務所・インクワイヤーを設立。同年8月、2012年12月頃に当時のマネジャーに命じて、タレントの長嶋一茂の自宅に「バカ息子」などと落書きをさせていたことが雑誌『週刊文春』(文藝春秋)によって報じられ、世間からバッシングを浴びた。さらには不倫疑惑、夫との別居など様々な情報が錯綜し好感度も激減。通常、こうしたゴシップは役者であれば芸の肥やしにし挽回も可能だったのだろうが、あまりに連鎖するマイナスの報道にさすがの江角も引退を決意。以前から育児や子どもとの時間を大切にしたいという想いを語っていたということもあり、「今一度立ち止まり、子供たちのために、今私にしかできないことを選択し専念する時期だったと考え、このような決断に至りました」とコメントを残して芸能界を去った。一時代を築いた女優だけに、一連の報道による引退は、本人の意に反したものだったろう。

■事務所とゴタゴタを起こして引退!? 清水富美加

また「引退」と言えば “ゴタゴタ”がついて回ることが多い。新興宗教「幸福の科学」に出家し、芸能感引退を電撃発表した女優・清水富美加は、その中でもかなりゴタついた例だろう。契約中の仕事がある中での突然の出来事だったため、発表以後の仕事すべてに悪影響が。業界内で批判の声が多く上がった一方で、逆にネット民からは芸能界の労働環境についての批判の声が多く挙がったのも印象的だった。大混乱の様相を呈したが、「ただしこれには後日談があります」と衣輪氏。これがきっかけとなり、清水の過去の水着写真集や水着DVDがバカ売れしたのだという。清水富美加の芸名で最後に残したいろんな意味での“経済効果”。清水自身は水着グラビアなどの仕事を嫌がっていたという話もあるから、まったくもって皮肉な話だ。

同じ“ゴタゴタ“でも、2015年に独立騒動が世間を大きく賑わせた女優・のんは、2016年のアニメ映画『この世界の片隅に』での声の出演や、舞台、CMなどが一部で好評価。TVへの露出はあまり見られないものの、ネットを中心に人気は未だ根強い。また、毎年多くのタレントを排出するアイドル業界(とくに地下アイドル)もまた、引退が多いカテゴリーと言える。ブレイクする一握りのアイドルたちに隠れ、ひっそりと消えていくアイドルも少なくないため、乱立する“アイドル戦国時代”の中では、むしろ「引退」が話題になることのほうが難しい状況だ。

■トップシーンで活躍する芸能人の“引退”が減っている

まさに十人十色の引退模様。だが前出の衣輪氏は「昔より活動期間の長い芸能人が増え、芸能人の数が飽和状態にある」と別視点を示唆。「毎年、TVから姿を消す芸能人は沢山いますが、それは仕事がなくなって消えているだけであり、引退とは異なります。そうした視点でいうと、ビッグネームの“引退”は昔より少なくなっている」と衣輪氏は解説する。そうした中、まだまだトップシーンで活躍する余地を大いに残していた堀北、江角、清水の三者三様の引退模様は印象的な出来事だったと言える。2018年はどんな芸能人が活躍をし、話題を振りまいてくれるのか。今から楽しみだ。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171225-00000365-oric-ent

気になるネットの反応は

梅雨時期産まれ
読んで損した!
と思うくらい内容のない記事でした。
名無しさん
堀北真希さんと山口百恵さんはレベルが違いすぎると思う…たしかに堀北真希さんも人気あったけど、百恵さんほどではないですよね。
また百恵さんは、はっきり「引退する」と言いきって、その後もその通りだけど、堀北さんはここにも書いてある通り「引退する」と明言してない。今はその気がなくても、離婚したりして環境が変化したり、年齢を重ねて仕事できることの有難さに気づいたら、また復帰するんじゃないかなと思ってる。
あおきしゅん
江角マキコとかそもそもいらない
匿名
嗣永桃子ことももち(逆か?)の引退は最後まで涙を見せず、前向きな姿勢を見せながらという事で評価されていいと思う
中には海外から駆け付ける人もいて、その模様がテレ東「YOUは何しに日本へ」でも取り上げられたほど
また、加藤浩次をはじめ多くの芸能人が高く評価していた彼女がタレントとしてまだまだ十分やっていけるのに新しい道に進んだことは「アイドルのセカンドキャリア」について考えるいい機会になったのではないだろうか
名無しさん
ももちの去り方は爽やかで好かった。
名無しさん
問題起こして去ってった方達、すっかり忘れてました。
基本的に返答はしませんが、する時はします
百恵さんと堀北を比べるなよ。
百恵さんは誰もが認めるスターとしての絶頂で、芸能界をスッパリ辞めたんだ。未だに引退コンサートは伝説だし、結婚してから三浦友和さんの仕事が不調でカムバックをオファーされても、ずっと表に出てこない。それでも、今も百恵さんの記事は週刊紙にある。
全くレベルが違う。
名無しさん
芸能人の引退は、数年後にまた戻ってくる事もあるから、引退と言うよりも休業って言葉の方がしっくりくる
数年後、あの人は今みたいな番組で、当時はこんな扱いを受けてたとか、こんな人と付き合ってたとか、暴露系で出てくる人を見ると残念な気持ちになるから、あれはやめて欲しい
この中だと清水富美加は一番確率高いけど
ただこの人って実際には引退はしてないですよね。あっちの方で一応女優としてやってるから、引退ではないと思うけど
どちらにしても気持ち悪いから地上波には出てこないで欲しい
名無しさん
>2018年はどんな芸能人が活躍をし、話題を振りまいてくれるのか。今から楽しみだ。
不倫の話はもう結構です。なんにも面白くない。
momororo
江角マキコは何度もやらかしてるからね。
ある意味引退は妥当
名無しさん
千手観音真子って芸名変えて継続しているから引退はしてないと思うよ。清水なんちゃら。
ahonosakata
芸能感って、芸能を感じることができる能力なんですかね。引退するってことは芸能を感じられないようにテレビを見なくなったとかですか。それならテレビを見なくなって芸能感を感じられなくなったと書くべきではないでしょうか。
名無しさん
成宮くんも引退してなかったっけ(^_^;)
名無しさん
江角マキコより橋本奈々未とか嗣永桃子とかのほうが需要あったことね?少なくともファンの数は歴然の差だと思うが。江角マキコのファンなんて見たことないから。
0*0*0
>伝説の歌姫・山口百恵を彷彿とさせた堀北真希の引退劇
全然違うw
名無しさん
清水富美加はたぶん引退してないつもりだろうし、
のんなんか「引退」の話とは全く関係ない。
名無しさん
泰葉は?
こんぐ
百恵ちゃんがすごかったのは、芸能人としての名声とキッパリ決別したと証明されるくらいの長い期間、一切表に出て来なかったから。
結婚や出産は踏ん切りつけたくなる時期だけど、今後本当に堀北さんが引っ込んだままなのかはまだまだわからないし、同列に語るのは違うかと。
阪急沿線のおけいはん
また今年芸能界引退した代表のネタが江角マキコ。
名無しさん
そういえば江角の非常識事件もあったね。
名無しさん
いまだにテレビ出演が全て、という赤絨毯の
発想にズレを感じる。
名無しさん
今回取り上げている人は、そこそこ需要があったものの、芸能界での永久的な存在価値の無い人ばかり。
良い時に引退しておいた方が身のため。
teatree
今の引退は引退じゃないからな。ただの一時休養。
安室も事務所トラブルのほとぼりが冷めたらすぐ戻るでしょ。
堀北もしかり。
名無しさん
彷彿はさせてない。
名無しさん
引退者の一覧表の方が、役に立つのさ・・・
名無しさん
安室奈美恵は引退を発表しただけでまだ引退してないのにここに入れるのは如何なものか。
今から騒ぎ過ぎてると来年の本当の引退時に醒めてしまうのに・・・
名無しさん
>芸能感引退
これは修正しましょ
ブスをメディアに出さないでください
江角マキコの良さがわからない。あっ記事は全く読んでないです。
名無しさん
堀北真希は演技が残念だから、先は見えてたと思う。何年かして、たまたまテレビに出たら、変わってない!美人!って言われるのがお似合いだと思う。
名無しさん
江角マキコ
喜多嶋舞
上原多香子
は逃走。引退ではない
名無しさん
今年は木村拓也と浜崎あゆみが引退したほうが良いと思う。
あまりにも醜い。
名無しさん
せめて堀北真希さんには、山本耕史さんと寿引退する直前頃でも構わないので、彼女と同年代の人気女優の一人にしてライバル的存在でもあった、ガッキーこと新垣結衣さんとの夢の初共演を、映画か或いはドラマなどでも是非共実現させて欲しかったなぁ…。先程の堀北さんの寿引退の件にはショックだったけど、仮にもしガッキー迄もが堀北さんに続き寿引退でもされたら、堀北さんの時以上にショックかも…。
レインボーローズ(無限の可能性)
橋本奈々未さん
川の海坊主
どうでも良い記事だよ
名無しさん
山本裕典は?
ハングレ新聞
現在のバラエティータレントの半分は去ってほしい。
名無しさん
江角マキコが引退したのも今年だったんだ。もっと前かと思ってた。
名無しさん
堀北さんは、辞めた後さぞ苦労しているでしょう。
仮に今してなくても、これから嫌でもする事になるでしょう。
芸能以外は何も経験がないですからねえ。
確かバイト経験もないのでしたな。
同世代の普通の人がすることを全く経験してませんから。
さぞ、一般社会の事なんて何も知らない世間知らずが出来上がっているんでしょう。
これまでは、有名人だからあれは嫌これは嫌とか好き勝手に言えたけど、一般社会ではそんな考えは通用しませんから。
大金を稼いできたから金銭感覚が普通の人とはまるで違うだろうし、限られた金でやりくりなんてしたことがないだろうから、あっという間にこれまでに稼いだ金を使ってしまうんじゃないですか。
野球選手も野球以外は何も知らない上にプライドが高いから引退後は社会に適応できないで苦労し、これまでに稼いだ金をあっという間に使ってしまうという話をよく聞きますし、それと同じになっても全く驚かないねえ
名無しさん
落書き事件の時江角を必死に擁護してた江角ファンは完全敗北ですなw
あれはどう見ても江角がマネージャーに責任押し付けてたもんなw
性格も悪いから干されたのに、一茂の裏工作によって消されたとかありえないこと言ってんだよなw
名無しさん
堀北真希あたりは
復帰しようと思えば
ブランクあっても復帰できるでしょ。
子育て終えたりして暇になったり離婚したら
たぶん女優として復帰は可能だわな。
旦那さんの実力と人気次第だね。
旦那さんはまあまあ実力派の俳優だし息長いかもね。
主婦やってるほうがいいでしょ。
女優業もそれなりに大変だし。
事務所は引退は残念だったろうけどね。
名無しさん
江角のラクガキ騒動あったね~w
名無しさん
表舞台から消えていった人も多いと思う。
unkokusaik2
安室さん、堀北さん以外は、どうでもいい話。
内容が薄すぎるよ!この記事!これ書いたライターさんも引退した方いいかもね。
名無しさん
百恵さんに失礼だ(;´д`)
名無しさん
好感が持てます。
若手女優にはバラエティ番組に出演する機会ごとに、早くマキコ姐さんに復帰してほしい、と発言していただきたいです。
福岡民度向上委員会
堀北については、昨今の女性が結婚して家庭に入ることを否定する世の中にあってのこの選択。
フェミからしたら面白くないだろうな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする