【吉報】セカオワSaori、初小説『ふたご』が直木賞候補!

4人組バンド、SEKAI NO OWARIのメンバー、Saoriこと藤崎彩織(31)の初小説「ふたご」が、今年下半期の直木賞候補作に選ばれたことが20日付で発表された。音楽活動に軸を置くアーティストの作品が、候補作に入るのは極めて異例。藤崎は年明けの第1子出産前に届いた吉報に「喜びを、これからゆっくりと噛み締めたい」と感慨に浸っている。受賞作は来年1月16日に発表される。

若者から圧倒的人気を集めるセカオワの紅一点でピアノ担当のSaoriが、デビュー作で快挙だ。

「ふたご」はピアノだけが友達だった夏子が、同じ中学の先輩・月島に翻弄されながらもバンド活動という居場所を見つける青春物語。セカオワで作詞を手掛けることもある藤崎が5年ほど前、ボーカルのFukase(32)から文章を書くことがうまいからと勧められ、執筆を始めた。

多忙を極める音楽活動の傍ら、実体験も参考に自宅で一人で原稿に向き合い、328ページの長編を完成。10月28日に発売されると、すぐに重版が決定するほどの反響を呼び、累計10万部を発行している話題作だ。

最近はお笑いコンビ、ピースの又吉直樹(37)が「火花」で2015年に芥川賞を受賞し、翌16年にはモデル、押切もえ(37)の連作短編小説「永遠とは違う一日」が山本周五郎賞候補に。芸能人の文学作品が注目を集めるが、直木賞候補になることは少ない。そもそもデビュー作の候補入り自体が異例。同賞主催の日本文芸振興会は「候補作の1割くらいでは」と説明する。

同作の担当編集者は「(藤崎に)受賞候補と知らせたときは、キョトンという感じで、言葉を失っていた」と告白。藤崎は、「苦しみながら作品に向かい合ってきたので、伝統ある賞のノミネートという喜びを、これからゆっくりと噛み締めたい」とコメントを寄せた。

私生活では、1月に俳優、池田大(31)と結婚し年明けに第1子が誕生予定。セカオワは大みそかのNHK紅白歌合戦出場が決まっているが、藤崎は産休中のため、ほかのメンバーのみが出場する。同賞の選考会は来年1月16日に東京都内で。年明けは出産&受賞のW歓喜となるか。賞の行方に注目だ。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171220-00000504-sanspo-ent

気になるネットの反応は

名無しさん
直木賞候補って基準がそんなに低いの?って思ってしまう。
他にもっといい作品はあります。
Gohsfj
他にもっとふさわしい本があると思いますが、、、
comix
アーティスト気取りの作家気取り。
上っ面な感じの人にしか見えない。
名無しさん
直木賞は地に落ちたと思う。
話題性を狙って有名人の作品を候補に入れてるね。
名無しさん
直木賞も堕ちたな。
名無しさん
出版業界も話題作りに大変ですね。
名無しさん
権威がどんどん下がってます。
名無しさん
えー?ちょっとわたし書いてみようかな
ガタガタうるせぇんだよ
これはオカシイと思う方 クリック
名無しさん
話題先行型の芥川賞に比べ、直木賞はまだ実力主義だっただけに、今回の件は非常に残念。
10月出版、しかも書き下ろしの処女作が候補ってあり得ないと思ったら、なるほど文藝春秋の刊行ね…。
日本文学振興会は実質的に文藝春秋が仕切ってるので、同社から出た作品が圧倒的に有利です。ちなみに又吉の「火花」も文春からの刊行でした。
芸能人に受賞させると大量部数を売れるという甘い蜜の味を忘れられないんでしょうね。おそらくSaoriさんが受賞すると思います。
名無しさん
直木賞も芥川賞も元々は出版業界を盛り上げるための賞であり
特別注目されるような賞でもないマスメディアが作り上げられた虚像
いい例がなんちゃら賞で受賞した水嶋ヒロ
名無しさん
芸能人を候補に入れて話題にしようとしてるのかな?
sayu
もしかしたら本当に才能がある人なのかもしれないけど、数多の候補漏れした傑作小説が頭に浮かぶ人なら、どうしても『又吉の成功に味をしめて、二匹目のドジョウを狙っているだけでは?』と思ってしまう。
だって、この方に小説の才能があるとしても、デビュー作で直木賞候補に入るのはやっぱり変だもの。それは天才の可能性がある作家だよ。しかも専業じゃなくて音楽活動の傍らで小説を書いて、いきなり直木賞候補。大天才だよ。本当に公平な審査が行われたなら。
作品を未読で否定するのは変だと言われたら返す言葉はないよ。でも直木賞って実質的に新人賞である芥川賞とは違って、ベテランが鎬を削る場所。そこにデビュー作で正当に入った?天才か、とんでもないインチキか。どちらにせよ話題作だね。こう
言うと皮肉みたいだけど、この方が天才で「すげぇ!」って小説をたくさん書いてくれたほうが本好きは幸福。でも出版会が堕落したなら悲しい。
名無しさん
又吉の時と違って否定的な意見が多い気がする
名無しさん
芥川賞は将来有望な新人に、直木賞は着実に実績を重ねてきた中堅どころにってイメージですからものすごく違和感があります。
まぁ、もともと売上げUPのための賞だからその意味では賞に値するんでしょうね。
コメント
作品読んでいないがイメージ的にタレント本の位置かな?
名無しさん
直木賞も話題になってもらいたいんでしょうね。
名無しさん
直木賞は話題賞になってしまったのかな?
作家さんより芸能人の方が取ると若い層も買うし売上数が普通よりあがるのかな?
直木賞の貴重価値がさがるなぁ。
名無しさん
そーでもないのにいい女風気取ってる人苦手なんです。そのほっぺた何入ってんの?
名無しさん
amazonのレビューみると、見事に☆5と1に分かれてた。
読んでみたら☆5は大絶賛。いい本なのかな…と思ってたら
☆1のコメントに納得。曰く、「ファンなら好きだと思う」
セカオワのファンならそりゃ高評価だろうね。
もともとそういう世界観が好きで本も読んだんだろうし。
でもそれがただの一部受けなんだったら、直木賞はどうなんだろう?
名無しさん
直木賞がチャラい賞に成り下がってる感、、
名無しさん
本を読んでいないのであくまでも印象ですが
又吉もそうだけど芸能人枠が
あるんじゃないの?って正直思っちゃいます。
名無しさん
又吉といいこの人と言い、文壇は媚を売ってはいけないと思います
名無しさん
本が売れない時代だし話題作り?と思ってしまう。
名無しさん
小説作家に専念している人たちって才能がない人が多いのかな。こんなにしょっちゅう、にわか作家に賞を取られたら、賞の重みがなくなる気がする。芸能人枠を設けた方がいいかもね。
名無しさん
また。。。
権威ある文学賞が話題先行の大衆迎合に陥っている。
そのうち、AV女優が書いた壮絶な私の半生、みたいなのも受賞しそう。
そりゃ、文学も国語力も落ちていくわな。
純粋な作家はどう思っているんだろう。
片手間で出来るようなもんじゃないと思うけど。
sagaseifu
最近有名タレントの受賞がふえた。
審査員に評価する能力がなければ、素人は選ばれない?
展覧会や書道でも歌手やタレントが優勢になった。
最近、審査の権威主義や不正がアバカレたケースも多い。
市民が監視する開かれた審査に移行する必要がある。
進撃の虚人
最近は芸能人の受賞が多いけど、本の売上が落ちているそうだから、本屋業界のパフォーマンスだと邪心してしまいます
(´・ω・`)
西村賢太や綿矢りさのほうが直木賞にもっとも候補が上がる作品だと思う。
芥川賞と同時に直木賞候補は西村vs綿矢の作品でもある。
名無しさん
又吉の本も読んだけど、特別素晴らしいとは思わなかったし、直木賞ってなんかあるね。
名無しさん
なんで柚木裕子の盤上の向日葵と、池上永一のヒストリアはノミネートされなかったの?本命視されていたはずなのに。他社の強力な対抗馬は、文藝春秋さんにとっては厄介だったからかな。
名無しさん
ちょっと驚いた。
エコ
そもそも賞の存在意義がマーケティングなのでしょう。
年末行事のあの賞と同じく。
名無しさん
他に多くの素晴らしい作品が並んでいる中なので、明らかに話題づくり?としか思えません。
本気で候補に選んでいるのであれば、もはや価値のない賞と化しましたね。
パンダイヤーだけに、客引きパンダだと思われます。
名無しさん
直木賞は話題作り
一アーティストの処女作が選ばれたら、本職の作家は面白くないだろうな
名無しさん
日本の文学、美学はここまで地に堕ちたか、と思う。川端康成、三島由紀夫、吉行淳之介、遠藤周作、、、類を挙げればきりがないが、こういった偉大な文学家によってうまれた日本の誇りともいえる美しい作品に比して、あまりにひどすぎないだろうか。それが同列で文学という枠で語られる。
日本文学は有名人の名を利用した金儲けに売られたのだな。
芸術は金儲けや資本主義といった安っぽい下劣な次元とは無関係であったはずだ。それだけ日本の美学を理解できる人がいなくなったのだろう。
日本人は何を失っているのかも気づかずにすぐに消費される一過性の流行にしか目が向かないのだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする