【告白】友利新 出生前検査を公表「とてつもなくひどい事した?」と!

皮膚科医でタレントとしても活動する友利新(39)がブログで、出生前検査を受けたことを公表した。有名人が公表することは珍しく、テレビでもおなじみの産婦人科医・宋美玄さんが19日のブログで「有名人の方は出生前検査を受けても公表されることはほとんどありません。批判を恐れてのことと思います」と友利の“告白”について触れ、「有名人が正直に発信していってくれるとそれを機に考えるきっかけを持つ人も増えるのでは」と記すなど、反響が広がっている。

友利は2013年11月に一般男性と結婚。14年7月に第1子男児を、16年8月8日に第2子女児を出産。今月15日のブログでは、第2子妊娠中にエコーと血液検査で診断する「FMFコンバインドプラスという出生前検査をしました」と明かした。

出生前検査がメインテーマとなった15日放送のTBS系ドラマ「コウノドリ」を見たという友利。出生前検査には、比較的どの病院でも受けられるものの精度が低い「クアトロ検査」、母体の血液だけで高い精度のスクリーニングができる「NIPT」などがあり、自身が通っていた産科では35歳以上の妊婦で、夫婦で遺伝カウンセリングを受ければNIPTを受ける事ができたことを説明。「2人目である娘を妊娠した時 私は出生前検査をしたいと考え、主人に相談しました」と伝えた。

疾患などが分かった際について、夫婦間でしっかり話し合ってはいたものの、「やはり迷いがなかったと言えば嘘になります」と吐露。以前、番組で検査を明かした際に「結局は選別する為の検査」と言われたことから、「もしかしたら私はとてつもなくひどい事をしてしまったのでは?」という気持ちになり、それ以来、検査を公表することが「怖くなっていました」とも打ち明けた。

しかし、ドラマの中にあった「検査をした人 しなかった人 産む決断をした人 産まない決断をした人 どの人の選択も間違えていない」との言葉に「少し心が軽くなったきがしました」と告白。「妊娠出産は奇跡 だけど綺麗事だけではなく そのあとに続く現実も、しっかり見ていかなくてはいけないですよね」と心に刻むようにつづっている。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171219-00000084-dal-ent

気になるネットの反応は

**
受けても良いと思うよ。
名無しさん
この問題って軽はずみな事言えるような話じゃないね
最終的には本人が決めることであって他人がとやかく言うべきでもない
おさるのジョージ
海外では妊婦検診の一環として、
普通に皆が受けている検査。
日本は、検査を受けることが出来る方の基準が厳しい&費用面から、受ける方が少ないが、
この検査が保険適用内で誰でも受けられる検査だったら?
この検査を非難する方は大勢いらっしゃるようですが、産まれてから育児放棄する親より、
これから産まれてくる我が子に、出産前から真摯に向き合う為に受ける検査だと、私は思います。
名無しさん
まぁプライベートな事だから個人の価値観の話に過ぎないけど
公開することによって炎上しかねない話題だわね
名無しさん
50歳代の父親と40歳代の母親が検査を受けるのは非難出来ないと思う。
Applebee88
日本人てほんと他人を批判するの好きだよね。私は在米で高齢出産ではないけど受けたよ。性別も普通に教えてくれる。ここも含めて他人が口出し意見することじゃない。
表示名を取得できませんでした
もし自分の親に、あなたを妊娠したとき検査受けたのよ、と言われたと想像しても、選別されたとは思わないなぁ。もし何もなければ、何もなくてよかったね、もし何か抱えて生まれたとしたら、それでも産んでくれたんだ、と思うくらい。もし中絶したとしたら自分はいないわけで。親が子どもを育てることも、その子自身が長い人生自分で生きていくことも、綺麗事では済まされないから、検査を受けるのはいいと思う。
名無しさん
受ける受けないは夫婦の自由。だけど、デリケートな問題だし公表すれば批判的な意見出るのは必至。難しい問題だからコウノドリのテーマにもなったわけだしね。正解はないと思う。
肉球
身内に障害をもって生まれた子がいる。
批判する人は、育てるのがどれだけ大変か本当にわかっているのかな。とても可愛くて大事な大事な家族だけど、それでも、とてもじゃないけど綺麗事なんて言えない。私は出生前検査を受けた。自分のこれからの人生に大きく関わることだからだ。仕事のこと、第二子のこと、住む場所、親のサポート、進学のこと、色々と覚悟して用意しないといけない。
名無しさん
批判するのは十中八九、出生前診断とは縁もゆかりもない人だと思う。
当事者の立場に立ったことがある人は、安易な批判はしないよ。
ただ、わざわざ公表することか?とは思う。
でも芸能人として公表することでこの問題を提起したいなら理解できる。
名無しさん
つい先日同じ検査を受けました。胎児の異常を指摘されたからです。
悩んだ末に出生前診断を受ける人もいます。
妊娠中に異常を指摘され、その後漠然とした不安を抱えて妊娠期を過ごす方が辛いですよ。
母体のストレスは胎盤を通じて胎児にも移行することをご存知でしょうか。
過度な不安は切迫早産や胎児の発育にも影響を及ぼします。
染色体異常があるお子さんを出産する、それもとてもその子の命を尊重した決断でもあると思いますが、出産とは1つの通過点なだけでもあります。
むしろその後にどれだけ変わらず愛情を注いで育児できるかが重要だと思います。
私も周産期医療に携わっておりますが、家族が悩んだ末に決断した選択を他人が否定する権利はないと思います。
羊水検査、胎児精密エコー検査をする時期には多少なりとも愛着は形成されていることも忘れないでほしいです。
名無しさん
35歳以上じゃないと受けられない上に費用はトータルで22万くらいかかった。
実施してる病院も大病院が多く、限られてる。
賛否は別にしてハードルは高いと思うわ。
名無しさん
非難する人はどうして非難するの?
産む産まないのは常に本人と夫婦の問題。
健康な子を産みたいのと願うのは世界共通の母親の願いです。
命の選択をするなとか他人が目くじら立てる問題じゃないとおもうよ。
だったらなに?非難する人は一生を通して精神的・金銭的にサポートしてあげる気があるの?言うのはタダだよね~
名無しさん
受けて良いと思います。
この先も、続く事だし、
それに、検査しても、絶対じゃあないと私は言われました。
悶々と妊婦生活するより、少しは気が晴れる気がすると思います。
気持ちに余裕出てくると思いますよ。
今高齢出産が多いけど、皆この壁にぶつかってると思いますよ。
にゃお
お金ない人は検査できないからね。
私も思うけどもし異常が見つかった時には
医者の立場としてどうするのか聞きたいです。
一般人より考えがあると思うし
建前ではなく本音を言うべきだと思います。
まぁ異常なしで公表してるのですから
異常あった場合公表しないでしょうね。
建前で薄っぺらいんだから
誰かも言ってたように
公表なんてしなければ良い
と思います。
名無しさん
なんでもかんでも公表しなくて良いと思うんだけどねぇ。
シュビドュバー
晩婚化で35歳以上の出産が増えました。高齢出産に該当する方は、いろいろなリスクもある。
おそらく病院側も説明をすると思う。
夫婦で検査を希望するなら問題ないと思うけど。。
名無しさん
自分は全員しなかったけど、それはしない選択をしただけ。
選択は個々に差があるのは当たり前。
それに出生前だけでなく、子育ては日々選択が問われます。
選択が正しいか間違いかではなく、自分で決めたことは正しい。正しいと信じてる。
そうじゃないと子育てなんてやってられない。
名無しさん
綺麗事ですまされないもんね、子育ては。
一人目、二人目のときは調べなかったけど、自分ももし35歳以降に子供ができたら、検査するかも。今いる上の子たちの将来も考えなくちゃいけないしね。
hib
我が家は裕福ではありませんが、高齢出産だったためしました。
やってよかったと思っています。
この検査ですべてわかるわけじゃありません。
生後分かる障害などもありますので、全ての障害を受け入れないということもありません。
ただ夫とは友人家族含め、2人だけの話にしようと約束はしています。誤解を生みかねないからです。
子供にも一生言わないつもりでいます。
名無しさん
検診のエコーでダウンの可能性を指摘され
クリフム胎児ドックを受診
エコーの結果、ダウンの可能性が高いから
その日に絨毛検査を受けるよう勧められましたが
切迫安静中だったのもあり、流産が怖くて検査を受けず
急いで試験実施中だった新型出生前検査をしてくれる病院を探し
地元や近隣県は妊娠週数や申込期日の関係で断られ
遠い県で、ギリギリの申し込みで受けてくれました。
結果は陰性。結果が出るまで
罪悪感と、不安と、どう選択すべきか悩み続け
泣き続けました。
中絶してくれる病院も、どう探せばよいのか
わかりませんでした。
結果が出てから、決断まで日数の猶予もなかったのです。
夫は、陽性の場合は中絶してほしいと言いました。
身内に重度知的しょう害者が複数いるのです。
親の死後の問題に直面しています。
私はおろしたくなかったが、育てる自信もなかった。
陽性だったらどうしたか、今でも結論は出せていません。
名無しさん
産むことを真剣に考えた上での決断だしいいと思う。
子どもをお腹で育てて産んでまた育ててって正直、生半可な気持ちで出来るものではないから。
全然いいと思いますよ。
名無しさん
自分の責任のとれる範囲を決めるのは決して悪いことじゃない。
結局産み育てるのは自分だから。
とにかく他人がとやかく言わないこと。
名無しさん
もっと安価に出来るようになって、もれなくオプションで付いてくる検査になったら論点が変わってくるだろうね。
検査自体はあった方がいいに決まっている。
障害があると分かって産むなら特に、育児に関する準備が出来るもの。
名無しさん
結果なにもなかったから公表できるんですよね。
cas
よく考えて受けるなら、いいと思う
名無しさん
検査も公表も自由だけれど
テレビ見て不安になるなら
しばらくテレビを見ない方が
母体の健康のために良いと思う。
名無しさん
自閉症などは発見できないし、生まれるときに障害を負うこともあるじゃん。
鬱病になる子もいるし、引きこもりになる子もいる。学習障害を持つ子もいる。
わたしは、この検査、全く必要を感じないんだよね。
そもそも、子供を選ぶことは、子供が親を選べないのと同じように、不可能でしょう。
苦労が怖いなら産まなきゃいい。
そうですね
検査してもわかる障害はほんのごく一部ですけどね。この話題についての情報を見るとき、いつも思うのは、もし検査でダウン症じゃなかったからと産んで、万が一他の障害があるとわかったとき、その子の親はどうするんだろう?どんな気持ちで育てるんだろう?と。
名無しさん
高齢出産で三人目を妊娠しました、とても不安があり北里大学病院で検査をしていただき、検査結果が出るまでとても不安でしたが、異常がなくお腹の我が子が検査前よりいとおしく産まれるのが楽しみでした。プライベートな事なので他人に話す事ではないですね。
名無しさん
受ける受けないは個人の自由。
ただ、公にする事自体が、その他多数の不妊治療で悩んでいる人たちにとってはツライかも…。
なんだかんだ言って、所詮悩んでても出来たんでしょ?という境遇と、まだ出来ない、の人との間には、相当な溝があるから…。
公表する事って意味ある?
名無しさん
検査をすることには反対しないけど、公表はする必要はないと思う。
名無しさん
受けていいとおもう。
実際障害があった子で将来就職、結婚できたのは一握り。
テレビでも障害者の取材やってるが何で子供だけなのかと思う。実際社会にでてる成人は少ないってこと。
母性だけで出産、子育てを決めたらよくない。
名無しさん
コウノドリに影響されてんのか言わなくてもいいこと言う人増えたよね。
公表することで勇気づけられる人がいるならいいんだけど。
名無しさん
赤の他人が悩み抜いて行った行動に対してどうこう意見する人もどうかと思うが、そんな重いテーマについてわざわざ公表するこの方も、理解不能。それぞれの夫婦の考え方があるのだから、議論したところで正解などない。
名無しさん
出生前検査を受けることは責められるべきではないし、その結果どうしようと両親の決断が正しいと思う。それでも公表はやめるべきだったと思う。将来娘が「自分は選別された人間」って思うかもしれない。
娘に直接言うのと、成長して他人から聞かされるのとは意味が違うと思う。
名無しさん
>比較的どの病院でも受けられるものの制度が低い「クアトロ検査」
精度が低い記者

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする