【還暦】ピンク・レディー、39年ぶりに『レコ大』出演! 

70年代に大ブームを巻き起こした女性ユニットのピンク・レディーが30日に放送されるTBS系年末恒例の音楽特番『第59回 輝く!日本レコード大賞』(後5:30)に出演することが明らかになった。没後10年、作詩家50年と今年改めて脚光を浴びた昭和歌謡の巨人・阿久悠さんの特別賞受賞を祝して、39年ぶりに同番組のステージに復活。ミイ(未唯mie・59)とケイ(増田恵子・60)が一夜限りのスペシャルメドレーを披露する。

ピンク・レディーといえば1976年新人賞、77年大衆賞、78年レコード大賞を受賞。彼女たちの活躍は、『スター誕生!』(日本テレビ)でその才能を見出し、盟友・都倉俊一氏とのタッグでミリオンヒットを連発した、不世出の作詩家・阿久さんの存在を抜きには語ることができない。活動期間は4年7ヶ月だが、それから35年以上を経てもその名曲たちが今も色褪せることなく歴史に刻まれている。

ミイはその偉大な功績に「まさにピンク・レディーの産みの親、恩師だと思っています。阿久先生がいなかったらピンク・レディーは生まれなかったと思います」と尊敬の念を込める。ケイにとってもそれは同じで「偉大な父のような方です。語弊があるかもしれないですが、『神がかった父』ですかね。後光がさしている。ちょっと近づきがたくて、遠くで月の光のようにやさしく照らしてくださるような存在でした」としみじみ。

当時を振り返り、ミイは「『ペッパー警部』は念願かなってのプロデビューだったので、本当にうれしかった曲です。『ウォンテッド』は、衣装も好きでした。リリアンのワンピースがうれしかったのと、笑わないで歌う内容に、こういう曲も歌えるんだって思った記憶があります。『UFO』はびっくりしましたね。“地球の男に飽きたところよ”って、自分の存在がなんなのだろう。何か使命を受けて地球にやってきて、こういう曲を歌わせてもらっているみたいな、そんな曲でしたね」と懐かしむ。

2人での歌唱は6年ぶりとなるが、ケイは「毎年命日にお墓に行って、毎年先生といろんなお話をして、この6年間でまた2人で歌えるときがくるといいなっていう話もしていて、あ、先生やっぱり宇宙人だと思って。先生がまた2人で歌う機会をくださったんだなって、先生ありがとうって気持ちで歌いたいなって思います」と感謝を込め、ミイも「2人60歳な感じなので、どこまでできるかわかりませんけども、今のベストを尽くして皆さんに喜んでいただけるように頑張ります。ぜひ楽しんでください!」と呼びかけている。

また今回のスペシャルメドレーのためにだけに特別衣装を制作することも決定。デザイナーはマイケル・ジャクソンやレディー・ガガ、マドンナ等のデザインを行っているザルディ・ゴコ(Zaldy Goco)が務める。華やかに彩られた衣装を身にまとい、当時を再現するかのような華やかなステージングにも注目だ。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171215-00000382-oric-ent

気になるネットの反応は

kokumin
この2人を見ていると、体もしっかり鍛えられていて、実年齢よりかなり若く感じる。芸を磨いていることは、良く分かる。
名無しさん
ピンクレディー出演シーンは視聴率上がるだろうね。
名無しさん
年代的に全く曲とかは知らないし個人の名前も知らなかったけど
ピンク・レディーってなんかすごいイメージがある
昔の映像でしか見たことないから必ずレコ大観ます
名無しさん
真の国民的アイドルとは彼女たちのような人を指す。
どこぞの握手券で商売しているグループとは天地の差。
名無しさん
大好きでした。変にアレンジせずに、当時のまま歌って欲しい。
電光石火(改)
昭和のスーパーアイドル
名無しさん
ミーちゃん&ケイちゃんが、もう還暦っていう衝撃。歌い躍り切れるのか少し心配でもありますが、楽しみですね。頑張って欲しいです。応援してます。
名無しさん
お二人共還暦近いのかなそれでも脚線美があるのは凄いと思うし
レコ大もエグザイルの例の1億円問題で本当影を落とした
そしてレコ大は大晦日に放送して欲しい
TBSから渋谷のNHK移動するシーンはいつもワクワクした
間に合うのか間に合わないのか、それも年末の風物詩だった。
名無しさん
レコード大賞発表シーンより視聴率高くなったりして・・・
名無しさん
目玉のない紅白より、目玉があるじゃん。
さんふらん
名無しさん
プロだね
名無しさん
ウォンテッドやカルメン77の衣装が好きだったので、特別衣装以外にも昔の衣装、または昔の衣装インスパイアの衣装などで歌って踊る姿が見たいです。きっと50代女性はテレビの前で踊る。
風車
安室より、還暦ピンクレディが見たい。
紅白さんよりレコ大さんの方が視聴者の心理つかんでるよ。
cytrus
5年前のツアーは昔より足が上がっていてうれしかった。
未唯の単独公演名で『ピンクレディ』の名称を使う事に
『ピンクレディ』の名称は2人揃った時だけ、と強い
不快感をけいはブログで言ってたけど、仲直りしてまた
ツアー始めてもらいたい。
名無しさん
ピンク・レディも60歳か・・・。
もうすぐ松田聖子や田原俊彦も60になるんだと思うと、自分も歳を取る筈だなっと、しみじみ感じる年の瀬。
はああ
現在のピンクレディーを見て驚くのは、昔よりも足が上がっていたり、全体的に今の方がクオリティーが上がっている事。
外見も、実年齢より若く見える。
努力がすごいと思います。
名無しさん
ピンクレディーって現代でも通じる美人ってのがすごいなと思う。
同時期のキャンディーズは良くも悪くも昭和のアイドル。
現代であの昔のキャンディーズを出しても売れないが、ピンクレディーは売れると思う。
名無しさん
歌いながら激しく踊る。今はメジャーな方式だが、当時は他に有り得ない斬新なものであった。
ただ時代的に早すぎてしまったのが、4年で解散した理由だと思うし、
もう少し後なら長くやれたかもしれない。
名無しさん
レコード大賞ってまだやってるんですね
いろいろ明るみになって意味の無くなった賞はもうやめて
普通に歌謡の祭典のような番組に変えていったほうがいいんじゃないでしょうか?
受賞なんて見ていてバカらしいだけ
名無しさん
それは楽しみです。放送日も昔と違って紅白歌合戦とかぶらないのでリアルタイムで観られます。
名無しさん
先日NHKのBSであくゆうさん追悼コンサートの放送があり、けいちゃん?がMAXと歌っていたけど、ばっちり踊ってましたよ。年齢見てびっくり。太ってもいないし。やはり鍛えたりしているんだろうなあ。
名無しさん
今のグループ歌手のような甘さがない、本格的なアイドルだった。もちろん、鍛練のたまものだが、還暦でもプロ魂舞台をまた観れて楽しみだ。
名無しさん
紅白よりレコ大でサプライズ。。(*^_^*)
トリプル3
今の団体アイドルと違って口パクなんて論外だし、歌唱力も素晴らしかった。
名無しさん
単なるアイドルじゃなかったんだね。当時はわからなかったけど。
松田聖子とかの前だからね?。。。
曲もサウスポーのイントロの変拍子とか、プログレみたいだし、
当時の歌謡曲はすごかったんだよね
ダンマリパンダ
リアルタイム・ファンの中心は、現在50歳代前半の女性でしょうか。1970年代後半は、毎日テレビで歌番組があり、毎日ピンク・レディを見ていた憶えがあります。
名無しさん
ピンクレディーの映画を観た際のミーと田中邦衛のキスシーンが与えたあの衝撃。子供ながらに初めて嫉妬心が芽生えたなぁ。
名無しさん
今年は紅白よりレコ大の方が見たいと思うね!
ピエール騎士
生まれて初めてファンになったのがピンク・レディーらしいんだけど記憶にない。
当時自分は3歳でかなり好きで真似してたらしいし、コンサート(未就学児入れたのか?)も行ったらしい。
自分のアルバム見ると確かにケッタイな衣装(自分作)でマイク持つ写真多い。
名無しさん
昔、熱海フジやホテル、ディナーショーに行き
生でみました。
あの頃を思い出しながら、テレビで見させていただきます…
名無しさん
紅白は桑田
usa
昭和の大スターに出場してもらわないと視聴率取れないんだね。
今はヒット曲も大スターもいない。音楽業界は廃れる一方だ。
名無しさん
最初の「スター誕生」では、当時のピンク・レディーが高校3年の秋か冬で就活のようにして出場だったので、事情と選曲(フォーク調)と歌う姿(サロペット)に、阿久先生から「アイドル目指すには老けてる」とされた。
心底良さを買って見いだしたのは、スカウトしたビクターの飯田さんと事務所T&Cの相馬さんだった。
阿久先生は、ピンク・レディーが新人賞レースには時間がない9月デビューということで、「あ、期待されてないんだ」と大胆かつ自由に取り組めたとのこと。第一印象をひっくり返し、よく名曲を次々に生み出された。
いろんな歌手を手掛けてきたけど、ピンク・レディーの曲づくりのワクワク感が阿久先生には楽しかったんだろうなと、このニュースに改めて思い出した。
憂者
阿久悠のような時代を反映あるいは先取りした素晴らしい語彙力のある詩を提供する作家がいない。作詞作曲歌唱三刀流の歌手はいるが作詞が悪いのがほとんど。いい作詞家がでれば作曲家も触発されいい歌ができる。作詞を大事にしない歌手は駄目だね。三位一体でいい歌ができる。
大ヒットがでる。ピンクレデイには、そこを示してもらいたい。
名無しさん
ピンクレディーが超売れっ子だった頃あまりにも忙殺され、何度も出演していたザ・ベストテンの司会者黒柳徹子と久米宏の事を全く覚えておらず、番組に出演した記憶も無かったときいて当時の人気の凄まじさを感じた。
ポニポニ
良いものは良いさ。
良い歌は良い歌。
楽しみです。
パコリーヌ山尾
昔は息子が大変お世話になりました。
ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする