映画

ピエール瀧被告 出演映画「宮本から君へ」今秋無条件公開へ!

投稿日:


テクノユニット・電気グルーヴのメンバーで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)被告(52)が、今秋公開の映画『宮本から君へ』に出演することが15日、わかった。同作の製作委員会は「事件発覚後、幾度となく協議を重ねてまいりました。その結果、ピエール瀧氏は、今後も法律に従って裁定が下されることになり、それ以上の措置について、本作品が関与するものではないという結論に至り、製作委員会の総意として、本作品の改編・追加撮影を行わないまま、劇場公開することと致しました」と説明している。

同映画は、昨年4月にはテレビ東京系の『ドラマ25』枠で連続ドラマ化もされ、『第56回ギャラクシー賞テレビ部門』で奨励賞を受賞するなど反響を呼んだ。原作は、熱血営業マン・宮本浩の七転八倒の記録。ドラマでは、営業マンとして奮闘する“サラリーマン篇”が描かれた。映画では、宮本とヒロイン・中野靖子を中心に“人間賛歌”が描写されるエンターテインメント作品になっている。

主演はドラマに続いて池松壮亮が務め、ヒロインは蒼井優が担う。追加キャストとして井浦新、一ノ瀬ワタル、佐藤二朗の出演が決定。瀧被告は、真淵拓馬(一ノ瀬)の父で宮本(池松)の得意先の部長・真淵敬三を演じている。

参照元URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190516-00000315-oric-ent

スポンサーリンク


気になるネットの反応は

名無しさん
制作側には何も責任ないもんね。
気分を害する人が居るかもしれないけど
一番損害が無い形ではある。
名無しさん
不特定多数に向けて放送するものじゃないし、観る選択権があるわけだから自粛する必要なんてないのにね。
名無しさん
作品に罪はないでしょ、これが正解かと思う。ただし本人も業界側も引き続き世論の処罰感情以上の猛省と自浄努力を見せ続ける努力が必要かと思う。「人気のある芸能人なら許される」という方向になってはならない。
名無しさん
作品に確かに罪はない。
それでも同様に薬物や犯罪を犯した役者が出演の作品の公開をやめたりしてきたのはそれだけ罪が重く、社会逸脱行為をした人間の作品を残してはいけないという強い考えがあったからではないでしょうか。 犯罪犯しても芸能人だから芸能界だからと社会復帰を容易にできてしまってはいけないと思います。
名無しさん
製作側には何の落ち度もない。不快ならみない選択を取れば良いと思う。作品には罪がない。これから先も映画を撮影し公開を迎えるまで逮捕者が出ないか製作側、出演者がビクビクしなければならないって事にならない為にも、このような公開決定は良い判断だと思います。もちろん、他人に迷惑をかける行為をしても良いわけではないけどね。
名無しさん
作品に罪はないんだから公開していい、ってコメあるけど、そういうことか?
それぞれの作品が、作品ごとに総合的に検討して「このまま公開する」「しない」って判断するんでしょ。
YEA
今回は自由裁量に任せていいと思う。
ただ「作品に罪はないからOK」は全面的に支持できない自分がいるんだよな。例えば罪の内容が殺人や強姦だったなら、俺は「作品には罪がないんだから無関係。何も問題ないでしょ。」と貫ける自信はない。
名無しさん
それで良いんじゃないでしょうか。
チケット購入前にピエールが出演してる事が分かるような注意書きがあれば、ピエールを不快に思う人は買わないだろうし、気にしない人なら変な編集とかがない映画を観る事ができる。
名無しさん
作品上映を自粛するのも、作品に罪はないから堂々と上映するのも、どちらもなんとなくモヤモヤが残るのが個人としての意見です。
やま
この前いだてんでピエールさんの代役の三宅さんの演技観て、悪くはないんだけどやっぱこれをピエールさんで観たかったと家族が満場一致した。
oohay
自主規制して被害額を損害賠償していくやり方が良いとは思えない。
自主規制はあくまでも自主規制であるから制作側が勝手にやる事。
名無しさん
最近犯罪者が映像に出てても寛容的な雰囲気が出てきてますよね…
制作者側はいい風潮位にかんがえているのかもですが本当にそれでいいのでしょうかね…
yahhooya
昔ならお蔵入りだったけど、今は1本つくるのもギリギリの製作費で、ひとつの仕事がなかったことになると本当に困る人が増えたということでしょうね。
y
私は反対だな。
やはり芸能人は影響力あるし、簡単に復帰や許されると見えてしまうなら、私は反対。
薬物は本当に怖いし、自分の憧れの芸能人がやっていたら、それだけで手を出す子供達も少なからずいるはず。
名無しさん
法律以上の措置について、本作品が関与するものではない。
あまりにも当たり前のことだね。
ダンマリパンダ
映画公開は構わないと思います。映画館に行くかどうかは、ファンの自由。
ラグタイム
観る方に選択権があるのだからこれで良い。NHKの受信料の方がよっぽど問題だ。
名無しさん
今までと違った展開ですが、何故か許せるかな!?って気持ちです。
本人には心を入れ替えて頑張ってもらいたいです
名無しさん
ドラマは見なかったけど私の一番好きな漫画だ。マムシを瀧がやるのかぁ。

スポンサーリンク

名無しさん
見る人が見るか見ないか決めたら良いと思う。撮影に参加した人はみんな真剣に取り組み良い作品をという思いで作り上げたと思うので。
名無しさん
ギャランティーが発生しない形がいいのでは。
名無しさん
損害が出るとか見たい人がお金を払って見るのだからって言う人が要ます。
確かに関係のない多くの人が関わって損害も出るでしょうが、私はケジメを付けないと麻薬に甘い芸能界を助長する結果にならないか心配です。
digdig
人を選んでできたこの流れに違和感しかない。
犯罪者でないベッキーや、矢口などは袋叩き。
同じ薬物中毒の酒井法子は未だに叩かれる。
名無しさん
ピエール瀧の出演作品を観て、素直に作品に入り込めるだろうか?余計な事を思いながら観ることになるでしょう。今は、ピエール瀧を外した方が作品の為になると思うけどね。本当に作品が勿体ない。
名無しさん
一般会社員だと確実にクビになって収入も無くなるけど芸能界はいいですね。
名無しさん
何でもそうだけど、何か問題があった~じゃあ世間からバッシング来ないように自粛するか。と言う流れはなくて良い。
名無しさん
薬をやってる人の作品相当数にのぼると思います。それだけ芸能界には蔓延してるってことなんだろうけど。業界にメスを入れないとこんな事はまだまだ続く。
名無しさん
これが逆に宣伝になってヒットに繋がったら、犯罪してくれた奴がいてくれてラッキーとかいう風潮にならなきゃ良いが。
名無しさん
昭和の時代は何度逮捕されても干されることが無かった。
平成の時代はいつの間にか一度逮捕されるとすぐに干されるようになった。
令和の時代に入り今後どうなる事やら・・・
名無しさん
なんだかんだ、理由つけてるけど、結局は費用がかかって回収できなくなるので撮り直したくないってだけでしょ。
名無しさん
作品に罪はないからこれはこれで正しい答えだと思う。気分悪くする人も中にはいるかもしれないけど!
局長
次からは薬物検査をして役者を起用しましょう。やってないなら快く応じるはずです。
名無しさん
当然の決定、作品や製作者には何の罪も無い。 
名無しさん
こちらが見る見ないという問題じゃなくて、本人にお金が落ちる状態がダメなんだって。
お金があればまたドラッグを買うし、そのお金は暴力団、ゆくゆくはテロの資金になる。
名無しさん
製作側や他の出演者には、何の罪も無いから、上映に反対はしないが、これが当たり前になるのも、ちょっとね…周りに迷惑を掛けるという意識で自制出来ることもあると思うな~芸能界は不思議な世界ですね。
余白飛行
それでいいと思う。
制作側にも、共演者にも、作品にも、罪は無いのだから。
名無しさん
個人が罪に服すれば良い、他に被害損害があってはならない。
世間が良い方向に進むことを望む

 

スポンサーリンク

-映画

Copyright© YOSI 7 の気になること , 2019 All Rights Reserved.