エンタメ

玉木宏、新妻 木南晴夏の夜遊び黙認!大丈夫?大きなお世話?

更新日:

“平成最後の大物独身”といわれた玉木宏(39)の電撃入籍から間もなく1年を迎える。

相手は2017年4月に放送された「女の勲章」(フジテレビ系)で共演した木南晴夏(33)。それまで2人の交際を裏付ける情報がなかったことから、「何かのカムフラージュか?」という声も上がった。実際、入籍発表直後に筆者は玉木を追跡してみたが、木南とのツーショットは押さえることはできなかった。

さらに、玉木の所属事務所の対応も違和感に拍車を掛けた。入籍後、公の場に姿を現した玉木に、報道陣が結婚生活について聞こうとすると、必ずと言っていいほど“NG”が出たのだ。

「事務所は玉木に所帯じみた印象が付くことを警戒したのでしょう。吹石一恵と結婚した福山雅治に“ファン離れ”が起きたことを教訓にしたのだと思います」(芸能プロ関係者)

■今年1月にニュージーランドで挙式

結婚生活の実態が見えてこない玉木の周辺に変化が見え始めたのは昨年秋口のこと。電撃入籍から3カ月後、「FRIDAY」が玉木がスエット姿で木南とともに総工費2億円ともいわれる自宅に帰宅するところを撮った。写真の玉木の表情からは、驚きとともに“しょうがないなぁ”といった余裕もうかがえた。そして今年1月にニュージーランドで親族と親しい友人だけで挙式していたことも最近になって明らかになった。

これで玉木の結婚生活も“安定軌道”に乗ったかにみえた。ところが、玉木の周辺の芸能関係者からは「まだ予断を許しませんよ」という声が漏れてくる。

理由のひとつは木南が女優を続けていること。そのために夫婦にすれ違いが生じているという。

「玉木は大変忙しい役者です。ところが、入籍後も木南は女優活動を続けている。しかも、入籍した後も普通に女優仲間やスタッフらとの飲み会を楽しんでいる。周囲は“夫婦の会話とかあるのかな?”と心配しています」(別の芸能関係者)

最近発売の「FRIDAY」(4月12日号)には、深夜0時近くに恵比寿界隈で高畑充希らとともに女子会で盛り上がる木南の姿が掲載された。「この付近で木南が目撃されたのは、これが初めてではない」と業界関係者は証言する。

玉木夫妻にまだ子供はいない。木南はまだ若いし、女子会自体は珍しくもないが、芸能関係者が「予断を許さない」と言うのは玉木の複雑な家庭事情もあるようだ。

玉木が2億円豪邸で実母と妹の生活の面倒を見ていることは芸能界で広く知られた話だ。独身時代に多くの女性と話題になった玉木だが、家族の問題が立ちはだかって婚期が遅れたといわれている。これから高齢の母の介護も必要になってくるだろう。

入籍後、玉木の母親と木南の“良好な関係”が何度か報じられた。しかし、仕事をセーブせず、定期的に高畑らとの“夜遊び姿”を見聞きするたびに「玉木夫妻は大丈夫なのか?」と心配してしまう。それは筆者だけではないはずだ。

(芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)

参照元URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190407-00000004-nkgendai-ent

スポンサーリンク


気になるネットの反応は

 

hi_ha
余計なお世話な気がする
名無しさん
余計なお世話だ
思ってもないことを記事にして
良心が痛まないのかね
名無しさん
余計なお世話。
玉木さんが不満に感じていというならまだしも
夫婦のあり方はその夫婦に任せれば良い。
玉木さんは木南さんの生き方を尊重していると思うのですが。
名無しさん
この記事を書いた人の、
女性は結婚したら、仕事や飲み会はセーブして夫の帰りを待つべし、それが良い妻だ!
みたいな偏った意見が透けて見える記事ですね。
名無しさん
夫婦はそれぞれの家庭で形は違います。女は結婚したら仕事をセーブするのが当たり前?飲み会もしたらいけないのか?人の家庭のことはほっとけばいい。
名無しさん
結婚して仕事続け、夜に友達と飲みに出たら「夫婦の危機」になるのか?
夫の母親に妹まで同居出来る彼女は立派だと思うけど。
女は結婚したら家庭に入らないとダメとは古い考えすぎるでしょう。
芸能人のプライベート気になるけど、こう言う下世話な記事は要らないな。記事にするなら仲良く出掛けている姿とか見ていいな~、羨ましいな~と思いたい。
名無しさん
結婚しても仕事を続けている人は、世の中沢山いるし、たまには気心知れた仲間と夜遊ぶ事だってあると思う。
懸念材料って何処がって思うけど。
名無しさん
まさに余計なお世話ですな
名無しさん
木南さんが女優さんとしてお仕事を続けていれば食事会であったりお付き合いはある程度、許容の範囲だと思います。家族のお世話の問題を嫁が必ずしも見るのが当然だと決めつけるのも違和感を覚えます。家族で話し合って上手く落としどころを模索すれば単純に良いと思います。すべきと他人がもっともらしく記事にするのは違和感以外ありません。
名無しさん
逆に好きにできていいと思うけど。
うまくいってるんでないの
*****
名無しさん
まだお子さんもいらっしゃらないのに、妻は結婚したら友人関係や仕事をセーブして当然のような、妻を家に縛り付けようとするような記事の書き方にとても違和感があります。
しかも、玉木さんが何か言ったわけでもないのに…。
名無しさん
結婚したら女性は家庭に入り、旦那様を支えなければ、悪い妻、不仲な夫婦…女性が好きな仕事を続けて、友人との付き合いも大切にする。そんな奥さんが好きって夫婦もいる。どうしても不仲にしたいんだね…
名無しさん
玉木さんのファンですが
これで木南さんが仕事を入れず家に篭りきりだったら
それはそれで母と妹の世話は嫁任せ
玉木は仕事と遊びで家に寄り付かず
とか書くでしょ
子どもが居ないのだから、夫婦自由でこれでいいんです
名無しさん
子供もいないなら余計に家にこもる必要もないし、結婚なんて他人同士一緒に暮らし始めるのだから、上手くいったりいかなかったりはある話。上手く擦り合わせが出来れば続くし、無理なら別れるだけの話だから、第三者が女優を続けてるからとか飲み会に行ってるから危ないとかは余計なお世話だと思う。
nasu
玉木さんが介護要員確保のために結婚したみたいに言ってひどいね。お母さんと妹さんも同居だったらお仕事してたほうが適度な距離感が保てて良いと思うんだけど。夜遊びって言うけど芸能人はお付き合いが大事。役者は人柄を知ってもらわないと仕事のオファーが来ない。玉木さんだってスタッフと食事に行って話が盛り上がって遅くなるのは普通にあるでしょ。俳優で評価されてても女性は結婚したら仕事セーブして家に尽くさなきゃいけないの?だいたい介護は男女問わず実子の仕事ですよ。そっちのほうが介護される側の気持ちにも適ってる。
名無しさん
こんな記事を書けると言うことは、筆者自身が介護も育児も家事も全て専業妻に丸投げだからであろう。自分の親の介護を嫁に強要したり、家事育児を丸投げせず、自分のやるべきことをやって家庭に貢献している普通の人には、妻が働いたくらいで夫婦の危機は訪れない。
共働きで介護と育児をこなしている人は世の中に存在している。不肖私も父が亡くなる迄その1人だった。夫婦が協力すれば、どちらかがキャリアを諦めるなどということは起きない。そもそも、まだ育児も介護も発生してない新婚夫婦に、先々おたくの育児介護のために奥さんは仕事セーブして夜は飲みあるかないで!など、余計なお世話であるし、もし仮に現在、お母様に介護が発生してて大変だったとして、仕事をセーブすべきは実の息子である。
このような時代遅れの価値観を見聞きするたびに「芋澤貞雄は大丈夫なのか?」と心配してしまう。それは私だけではないはずだ。
jwh
子どももいないんだし、仕事もセーブする必要ないし、夜遊びしても何も問題ない。
名無しさん
お互い若くはない年齢で結婚してるんだし、よく考えて結婚に踏み切ったと思うし、他人に心配されなくても大丈夫だと思います。
木南さんは合コンしてるならともかく、女子会なんだから、好きに行っていいよ、と自分が夫だったら言います。
お金があるのに施設に入れず母を自宅でみるというのは、まだ余裕がある証拠。
妹は何故自立しないのかは謎ですが、特に何も問題ないでしょう。
こたつ
うまく行こうが、離婚になろうが、それは2人の問題だからそれを今、取り上げることでは無いと思う。一般家庭であってもすれ違い生活はあるだろうし、でも何かあるからそんな生活していても離婚しないんだろうし。
こういうのやめましょうよ。
mmm*****
名無しさん
勝手な憶測はやめてほしい。
それに、玉木さんは福山さんとちがって家庭の匂いがしても嫌じゃない、木南さんが女ウケいいからだと思う。時々幸せそうな2人の話題が入ると、逆に好感度あがると思う。仲良くすごしてほしいし、木南さんもいい女優だからやめてほしくない。
SMですか?いいえSLです。
子供を産むのに33歳は子宮年齢からすると決して若くはない。
でもそもそも夫婦に子供を授かりたいと思う意思があるかどうかも分からない。
互いの忙しさですれ違いが生じて離婚に至るケースはある。
でも互いが好きな仕事、好きな事をすることで良い距離が保てるから離婚の理由にはならないという夫婦もいる。
結局、他人が夫婦の事を勝手に心配するのは余計なお世話。
名無しさん
本人たちが言ったわけではないけれど、なぜ木南さんが仕事セーブしないことが夫婦関係の予断を許さないことになるのか。
お互い納得してそういう約束で結婚したのに守らないとかなら別だけれども。
夫婦両方ガッツリ仕事が仮にダメなら、玉木さんがセーブして友達との付き合いを減らすという選択肢も同等にあるじゃないか。それは子どもいるいないに関係なく。
しかも同居してるのは玉木さんの家族だし。
名無しさん
何故仕事をセーブしなければならないのか?
何故夫の母の面倒をみるのが妻であるべき?的なのか?
何故女子会にでるだけで夜遊びが続くと言われるのか?
夫がして問題にならない事なら妻がしても何の問題もない
余計なお世話だ
名無しさん
夫婦のあり方はその夫婦で決めれば良いコト
ゲンダイ辺りの下世話なマスコミが決めるコトでは無いね
名無しさん
旦那さんが忙しい人だったら、嫁は仕事を辞めないといけないの?
それって女性の社会進出があーだこーだと矛盾してるよね。
相手によって女が家に入るか仕事続けるかを見定められるのはおかしいし、男の人に夢や目標があるように女の人にも夢や目標がある。
たとえばプロスポーツ選手の嫁は絶対に家事を優先させないといけないの?
プロなら、自分の栄養管理とかそういうのも自分で把握しておくのもプロとしての在り方じゃないの?
人気者の嫁は家に入って出てくるな、女性ファンを逆撫でるなってこと?
その嫁を選んだのは人気者さん。
名無しさん
本当に余計なお世話。
新妻は?なんて考え方も少し古い。
お互いの生活を尊重しているのでは。
親の世話も夫婦協力してすべき。
名無しさん
お互いを信用してればいいんでないかな?私も結婚して数年は同性の友達と休みの夜によく会ってました。もちろん家のことはこなしてたので、たまに遅くなっても何も言われなかったなあ。同じ家に義理母と妹もいるのか…離れてるとは思うけど大変ですね。
名無しさん
木南さんも人気実力ともにある女優さんだから仕事をセーブするなんてあまり考えないと思うな。
ふたりがふたりらしい結婚生活をして何の問題もないと思います。
******
(^◇^)
ええがな、別に
本人同士が納得してるなら。
あまりドラマとか映画を見ないから
木南さん自体あまり知らないけど
実力派の人気ある女優さんなんでしょ?
子供がいるならまだしも、ええやん、別に。
五代守
番組の打ち上げ・女子会・お花見が集中するのは11月・12月・2月・3:月。
木南さんも仕事が今年いっぱいあり忙しいはずですよ。
お互い人気役者なんだから仕方ないでしょう。それに電撃入籍したのだから普通に考えて仕事の調整が出来なかったのでは?
定期的に女子会って事は毎晩ではないんでしょ?義母は義妹さんと交代でみてると思いますけどね。義母となれない義理家族との同居生活だけではストレスがたまり離婚となるケースめ考えられるから、飲み会は行っていい事にしたのでは?
自分も推測で考えましたが、この記事を書いた記者さんは悪意しか考えつかない。
名無しさん
ん?余計なお世話の様な
結婚したら女性は色々とセーブしないといけない決まりでもありましたっけ?
結婚しても今までと何も変わらずの女性も世の中いっぱいいますけど?
この記事を書いた人は世間を知らないのかな?!
名無しさん
筆者は男尊女卑なんですか?
仮に妻が将来のために今バリバリ働いてるとしても仕事セーブしなきゃダメなんですか?
同じ仕事だと、互いの活躍が刺激になってモチベーション上がったりする夫婦だっています。
円満ならそれでいいじゃないですか。
あえて見せていないだけで、なんだかんだでお互いを大事にしてると思いますよお二人は。
名無しさん
木南さんが家庭を疎かにしないといけないほど仕事を入れまくっているとも思わないし、別に男性と二人で会ってるわけでもないのに超よけいなお世話ですね。むしろ、結婚の時に聞いた玉木さん側の条件が酷すぎたので、木南さんが活躍しているのを目にしてほっとしていますが。
酸辣湯麺
ホント余計なお世話!
子どもが出来るとか、介護とかデリケートな問題をとやかく言える立場の方ですか?
玉木さんと木南さんの収入なら安心して任せられるプロに依頼できるし、同居して責任は果たせてると思うけど。
夫婦仲のことなんて外野はわからないんだから、幸せに水を差すようなことを記事にしたと恥ずべきです。
ちゃんと年末には2人揃って仲良く島根のご親戚を尋ねられていたので、邪推して無粋な憶測記事はご遠慮いただきたい。
名無しさん
結婚したからといって行動を我慢したり仕事をセーブしたりさせない玉木さんが素晴らしいし木南さんも素敵です。信頼関係が成立している。お互いを尊重している素晴らしい関係です。
amjxphd57
結婚したら、仕事を辞めて、夫がまだ帰らない家に夜遊び辞めて帰らないといけないのか?子どもができない時期に、したいことしたらいいと思いますけどね!
mas
子どもがいてもいなくても、お金があろうがなかろうが、夜に出ていくのを良し悪し決めるのはパートナー。
玉木さんが文句言ってなければ、きっとそれが二人の夫婦の形だと思う。

 

スポンサーリンク

-エンタメ

Copyright© YOSI 7 の気になること , 2020 All Rights Reserved.